未経験で外資系へ転職する際の影響と対応策を大特集!

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。

この記事でお伝えできること

  1. 未経験でも外資系企業に転職できるか
  2. 未経験でも転職しやすい業界
  3. 女性で未経験でも転職できるか
  4. あなたが外資系企業で転職できるか

外資系企業にどんなイメージをお持ちでしょうか?

「未経験でも外資系企業に就職できるの?」

「未経験で就職しやすい業界はあるの?」

と疑問を感じてしまいますよね。

実際に就職相談にのっていても、外資系を考える人が増えてきています!

そこで、今回は外資系企業、未経験で外資系に転職することにフォーカスして解説していきますね!

この記事を読めば、未経験のあなたでも1ヶ月後には外資系に入社できますよ!

すぐにでも、未経験で外資系に転職したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

未経験でも外資系企業に転職はできるの?

結論から言いますと、未経験でも外資系に転職は可能です!

外資系企業に転職するにあたって求められるスキルが様々あります。

しかし、大切なのは応募する企業の求めるスキル・技術・経歴にマッチした人材であれば問題ありません。

未経験でも特に転職しやすい業界

未経験から新しい業界や日系企業から外資系企業への転職は、比較的難易度が高い事もあります。

しかし、実は未経験の方が転職しやすい業界も存在するので安心してくだい!

未経験で転職しやすい業界

  1. 製薬業界
  2. 生命保険業界
  3. コンサル業界

 

1.製薬業界・MR

MRは他の業種と比べると、未経験者が採用されやすい職種です。

製薬業界は市場規模が年々拡大しており、業界の中で競争がとても激しいです。

常に優秀な人材を即戦力として探している業界でもあるので、1年中求人も多い傾向があります。

2.生命保険業界・セールス

保険の知識を多く持っている方や生命保険業界での職務経験が長い方よりも、人とコミュニケーションを取るのが好きという人や人から相談されることがあったり、好かれやすい人がノビノビ活躍できる環境でもあります。

平均年齢が30代以降と高くなっているため、生命保険業界は外資系企業では珍しい業界です。

平均年齢が高い傾向により、30代以降であっても中途入社で会社に馴染みやすい環境になります。

3.コンサル業界・コンサル、アナリスト・リサーチャー

コンサル業界は、対人のコミュニケーション能力や業界の深い知識、プレッシャーに負けない忍耐力、スピーディーで効率的な作業を行うことが求められます。

そのため、新卒採用よりも社会経験のある方の中途採用で即戦力になれる人材が欲しいという業界です。

ただ外資系のコンサルは、とても競争がある業界です。

完全成果主義の外資系企業では結果が出なければ期間関係なくクビにされてしまうケースもある非常にシビアな業界でもあります。

未経験から外資系に転職できる理由は、未経験の人でも活躍できる職種があるので転職しやすくなっています!

外資系企業に転職するためには専門性のスキルが必要

外資系企業でどの求人でも求められるのは、ほとんどが即戦力です。

多くの部署での経験がある方や幅広い仕事をこなしている方より、一つの職種を全うしてきた専門性の知識のある人であれば、外資系企業は向いています。

女性かつ未経験でも外資系企業に転職はできるの?

女性が外資系企業に就職するのは可能です。

ご存知かと思いますが、日系企業では全く女性の社会進出ができておらず、管理職のクラスも男性の方が多いという問題があります。

一方、外資系企業には男女平等に機会が与えられ、どの企業でも女性で管理職クラスを務めている方も多くいます。

女性の方で管理職を目指したい目標のある方は日系企業よりもオススメです!

外資系企業に女性が働くことについての記事も載せておきますね。

外資系企業に女性が就職するのはアリ?キャリアアドバイザーが解説!

2017年11月25日

未経験でも外資系金融業界に転職できるの?

外資系金融業界はとても人気が高く未経験であっても、経験があっても転職は難しい業界です。

しかし、外資系金融業界での業務経験がなくても転職は可能な業界ではあります。

転職が難しい業界の理由は、外資系金融業界は高い英語力が求められてしまうからです。

英語の話し方にニュアンスの違いが売上に響いてしまうことがあるためです。

英語力に自信がある方でしたら未経験であっても挑戦できる業界です。

この業界は人気が非常に高いため、しっかりと事前に対策をしてから応募することも大切になります!

英語が話せなくても外資系に転職できる?

外資系に転職したいんだけれど、英語ができない.…自信がない…
英語ができなくても大丈夫です! 

外資系に転職したいけれど、英語ができないという理由であきらめている方をよく耳にします。

外資系企業では英語を使うというイメージがありますが、全ての従業員が英語を必ずしも使うということはありません!

部署やポジションによって、全く英語を使わないこともありますし、外資系企業ではあっても、日本人が大半で英語を使うことがない企業もあります。

しかし、外資系企業に入社することで、英語を使う機会がでてくる可能性があります。

英語を話さないポジションだからといって英語の求められないという考えではなく、英語でコミュニケーションをとる機会もあることを視野に入れて自ら学ぶ意識が重要です!

海外・外資系企業で働いたことないけど大丈夫?

インドでの駐在員生活って?日本人が注意すべき事やリアルな現地情報まとめ
海外で働いた経験ないけど入社できるのかな…?
入社意欲があって、企業とのマッチングができれば問題ないです!

外資系企業に入社するのに海外や外資系企業での就業経験がないと入社できないのではないかと思ってしまうことが多いです。

企業側からすれば海外や外資系企業での就業経験は、外資系企業特有の文化の理解がされやい環境にあります。

そのため、日系企業で働いたことしかない人よりも評価されることは当然あ流のです。

しかし、海外・外資系企業での就業経験を全く重要と考えていない企業も多く、海外や外資系企業で働いたことがないからという理由だけで外資系企業に転職できないということはないので、諦めないでください!

会社によって求められるものが違いますので、事前に企業調べを入念にするか、転職エージェントに相談し、情報を集めることが必要になってきます。

海外・外資系企業での就業経験がなければ、仕事に対する意欲や入社意欲、新しい環境に対応できるかという柔軟性を持っていることをアピールするといいでしょう!
すぐにでも、外資系秘書を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

未経験で外資系企業に転職するときに対策しておくと良いもの

マレーシア 税率

未経験で外資系企業に転職するとき、日系企業への転職とは違う部分があるので事前に対策しておきましょう!

事前に対策しておくもの

  1. 英語の履歴書(レジュメ)
  2. 英語の職務経歴書
  3. 英語面接

対策1|英語の履歴書と職務経歴書

外資系企業に応募する際に、必要となるのが英語の履歴書と職務経歴書です。

日本の一般的な履歴書とは違って、形式が決まってないのが英語の履歴書です。

日本の場合でもそうですが、誤字脱字があると書類選考を通過する確立が下がってしまいますので、事前に自分でチェックをするか転職エージェントを使ってチェックしてもらう事も可能です。

自分でチェックするよりは、外資系の転職エージェントを使い、履歴書の表現などを一緒にチェックしてもらうといいかもしれませんね!

また外資系企業への応募の際に、日本語の履歴書も必要になる場合もあります。

英語を使った面接対策

最近では日系企業でも英語面接を行うこともありますが、外資系企業の場合は最初から英語面接となる企業も少なくありません。

面接でよく質問される志望動機や職歴の説明などを英語で返せるように準備しておきましょう。

どんな人が外資系企業に向いている人で共通している特徴は?

マレーシア 税金制度

外資系には日系企業にはない独特の文化があります。

向いている人の特性を思考性、性格、スキル(経験)の観点で見ていきます。

向いている人の特徴を5つ紹介しますので、今のあなたが当てはまっているかチェックするといいかもしれません!

外資系で活躍できる人に共通している特徴

  • 成果を出すことを意識できる人
  • 負けず嫌い
  • 英語が話せる人
  • 臨機応変に対応できる人
  • 柔軟な考え、行動ができる人

外資系に向いている思考性

特徴1|成果主義の環境があっている人

外資系は日系企業とは違い、成果を最も大切にします。成果を出す為に常に試行錯誤して行動できる人材を求めています。

普段から成果を出すことを意識して行動できる方は外資系でもその力を十分に発揮できます。

外資系に向いている性格

特徴2|負けず嫌い

外資系では年功序列という制度がないので、年下でも成果を出せば役職につくことができます。

年下の上司がいるという可能性も少なくありません。成果が出せないと追い抜かれてしまう環境にあります。

そのような時に、悔しさをモチベーションに変え努力することのできる負けず嫌いな方は外資系に向いています。

外資系に向いているスキル・経験

特徴3|英語が話せる人

こちらは言うまでもありませんね。外資系には様々な国の方達が働いています。多くの方とコミュニケーションを取るために、英語が話せるにこしたことはありません。

特徴4|臨機応変に対応できる人

前述しましたが、外資系は成果主義です。

現在進捗中のプロジェクトでも結果が出ないと予想されたら即座に別の方法へ切り替えるといったことも日常的にあります。

そういった急な動きに対応できるスキルが重要になってきます。

特徴5|柔軟な考え、行動ができる方

外資系は日系企業と違い、多くの国々の方達が働いています。文化の違いから、日本人の感覚とは違うことも少なくありません。

そんな時に、文化の違いを素直に受け入れ、誰と仕事をしても柔軟に対応できる方は外資系に向いています。

外資系企業は向上心がある人には特に向いてそうですね!

未経験で外資系に転職したい方にアドバイス

マレーシア 親子留学

外資系企業へ転職することは、自分自身の実力を試すことと同じです。

成果を出せた分だけの報酬を得ることができ、できなければ給料は減ってしまいます。

自分自身が仕事に何を求めているのかをしっかりと見つめ直した上で、転職活動への一歩を踏み出してください。

外資系が合うか合わないかは人それぞれ! 自分にとって何が一番大切なのかをよく考えたうえで外資系企業への転職活動をスタートしてくださいね!

未経験で外資系企業へ転職に挑戦する方は

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれる可能性もあります)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。