【タイで歯医者に行ってきた】徹底検証!タイと日本の歯医者の違いとは?写真付き!

タイの歯医者事情についてお調べですか?

・・・この記事では実際にアジアマガジン編集部が、タイのバンコクで歯医者に行ってきてわかったレポートが書いてあります!

海外に住むことを決めて、ふとその国の医療ってどうなんだろう、と漠然に不安に思ったことはありませんか?言葉が通じないかもしれない、医療技術はどのようなレベルなのか?任せていって本当に問題ないものなのか?

今回は、タイの医療のなかでも歯科治療について取り上げていきたいと思います。



タイの歯科治療システムとは?

dentist-equipment-replacement-lamp-light-lighting

実際の「歯医者に行ったみた」レポートの前に、タイの歯医者事情について4点だけ説明させてください!

①治療費は各歯科医院によって異なる

日本では健康保険が適用できる治療範囲であればどこに行っても基本的に料金は同じことが多いですが、タイでは各歯科医院に治療費が異なります。
完全な自由経済な仕組みになっているんですね。

つまり格安でやってくれる歯医者さんもあれば料金が高めな歯医者まであるので、歯科医院のチョイスに幅があります。

②タイの歯医者は専門分野で分かれている

日本の歯医者さんは抜歯をしたり、詰め物をしたり、入れ歯をつくったりと、一人の先生が複数の治療をしてくれます。

一方タイの歯医者さんは専門分野ごとに分業化されており、抜歯は外科担当の先生がやってくれるし、神経の先生は神経の治療だけを行う、という形になっています。歯医者さんに行くと、いくつかの部屋に移動してそれぞれ専門の先生に治療してもらう形になります。

良い面としてはそれぞれのスペシャリストが治療してくれるので、複数の治療方法の中から予算に応じて選べることです。

逆にネガティブな面としては、虫歯の治療一つとっても複数の専門医のスケジュールをあわせないといけないので、初回はヒアリングや治療方針だけで終わってしまうこともある点が上げられます。

③日本では保険適用外の審美歯科が格安

ホワイトニングや歯列矯正といった審美歯科治療は日本では保険適用外となっていますが、タイでは日本の数分の一の料金で治療してもらうことができます。歯列矯正装置はヨーロッパやアメリカ製のものなので技術は高いといえるでしょう。ただ歯列矯正は時間がかかるので、複数の医院を周って料金の案内など詳細を自身で確認されてから治療を始めることをおすすめします。

また、インプラントも日本より格安で受けることができます。筆者の知人は、日本で一本40万円の治療費がかかると聞き諦めていたところ、タイ旅行の最中にタイでのインプラントが安いと聞きつけ、交渉の結果7万バーツ(約22万円)で治療することに成功しました。

④タイには日本語が通じる歯医者さんもアリ

基本的に歯医者さんは英語が通じることが多いです。ただローカルな歯科医院の受付担当者はタイ語オンリーであることがほとんどです。日常英会話は問題なくても、歯の話となるとなんといっていいか言葉が出ない瞬間ってありますよね?

日系の歯医者さんや、日本で歯科医療に携わってたタイ人歯医者さんもあるので、日本語で治療を受けることも可能です。心強いですね。

日本語の通じる歯医者さんは日系フリーペーパーなどでバンバン広告をだしているので、すぐ見つかるでしょう。ローカルな歯科医院よりは値段が高めにはなってしまうのは仕方ないですね。

日系の歯医者さんの一部をご紹介します

敬愛歯科クリニック
トンロー(Sukhumvit 55)

音成デンタルクリニック
プロンポン(Sukhumvit 26)

サミティベート スクンビット病院歯科クリニック
トンロー近く( Sukhumvit  49)

デンタルホスピタル
BTSプラカノンとオンヌットの間。Habito Mall内

※タイで働きたい方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください!
>>【本気で書きました】タイ・バンコクで働くための転職エージェント6選!

実際にタイのバンコクで歯医者に行ってみた

虫歯の治療をしに歯医者さんへ行ってみました。場所はBTSトンロー駅とBTSプロンポン駅の間、スクンビット49にある歯科医院、デンタルホスピタルです。

(今現在は移転して“BTSプラカノンとオンヌットの間。Habito Mall内”にあります)
→公式HP:http://www.dentalhospitalbangkok.com/index.php

ソイの入り口(パクソイ)にいるバイクタクシーで5分ほどで着きます。

10090205532952

デンタルホスピタル

入ってみると欧米人が多かったです。
受付スタッフも流暢な英語で対応してくれました。

B7yXt2hCQAAX6Vn

中には池があって、カフェコーナーもありました。歯医者さんなのに飲食していいのー?と思ったりもしますが欧米では一般的だそうです。清潔感のあふれる院内は、安心感だけでなくちょっといい病院に来たな!という気持ちにもさせてくれます。

私は既にこの歯医者さんに何度もお世話になっていたのでカウンセリングもなし、X線も以前撮ったものをそのまま使うことができました。虫歯の治療で軽く削る程度で済んだので、全体所要時間は1時間半程度。

今回の料金は1700バーツ(5千円)ほどでした。

こちらの歯医者さんには、日本人の歯科衛生士さんもいるので日本語しか無理~というあなたでも問題なく対応してもらえます。

+++++

海外に長期滞在すると医療の問題は切っても切り離すことができません。日本語も通じる歯科医院があれば、もしものときもとっても安心ですね!

日本ではやってくれない治療もタイでは可能なこともありますから、適切な治療の方針を決めるためにも不安な点や疑問点は積極的にお医者さんに確認して納得行く治療を受けましょう!

地球からはみ出るペンギン

外資系就職の転職エージェントおすすめ3選!利用するべき理由も解説

2017年11月11日
海外転職におすすめのエージェントを6つ紹介しているペンギン

【失敗しない海外転職】おすすめのエージェント5選!選び方と活用方法をプロが解説

2017年10月20日




最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。