穏やかな人や優しい人が多いカンボジアは赤ちゃんをに対して特に温かい国だった!

スォスダイ!(こんにちは)カンボジア・プノンペン在住管理栄養士のアヤです!寛容なカンボジア人に感謝!!

最近、里帰り出産を経てプノンペンに戻って来ましたのが、子供と一緒に動くことが多いので外出した時のエピソードをいくつかレポートします!

まずは移動からだよね!!

私は妊娠中にバイクに乗って移動することが多かったです。

もちろんトゥクトゥクや自家用車、タクシーなどで移動する人もいますが、もっぱら自由の利きやすいバイクが楽でした。

しかし、産後は小さい子を連れてバイクに乗るわけにもいかなので、トゥクトゥクでの移動が多いですね。

そして、最近のトゥクトゥクはアプリ上で呼ぶこともでき、支払いもクレジットカードで引き落とすことが出来るので大変便利になりました。料金も5年ほど前と比べると半額以下の相場になったと思います。

我が子はこの日、初めてトゥクトゥクに乗りました!

周りをキョロキョロ。はじめは慣れない様子で乗っていましたよ。ですが今では、乗り心地が良くてすぐに寝てしまいます。

ちなみにカンボジア人はこんな感じで子連れ&ヘルメット無しで乗っています。日本では考えられないですね。

向かった先はピザ店へ!

時刻は18:30 晩御飯を食べに外出しました。

ここは、生後5ヶ月の子供でも飲食店ではウェルカムな国、カンボジアなんです。

この日はピザが食べられるレストラン「ピッコラ・イタリア」:https://www.facebook.com/pages/Piccola-Italia-Da-Luigi-Pizzeria/554400404572884?ref=br_rs

に入店。一応、気を遣い端っこの席に座りましたが、他のお客さんは子供が気になる様子でした。

気になると言っても、迷惑とか嫌そうな顔をしているというわけではなく、ニコニコこちらを見て笑いかけてくれたり、声を掛けてくれたりします。「何ヶ月~?女の子~?」ってな具合です。

終始、喃語で「あ~う~」と大きな声を出していましたが、周りの方たちは気にもせずモクモクとピザを食べていました。本当に赤ちゃんや子供に優しい国だなと感じつつ、私達もゆっくりと食事が出来ましたよ。

赤ちゃん連れでも大丈夫!初カフェ!

穏やかな人や優しい人が多いカンボジア。子供にもとっても優しいんです。

カフェに行くと様々な人がいますよね。学生さんが勉強していたり、デスクワークや打ち合わせをしているサラリーマン、当たり前の雰囲気ですが、子連れで行ってもウェルカムです。

カンボジア人は優しく見ていてくれて、うるさくて嫌だな!!という顔をされたことはありません。

とにかく、どこへ連れて行っても、気持ちよく迎い入れてくれるので気が楽ですね!本当に!!おまけに授乳やオムツ替えも目立たずササッと出来ればトイレでなくても問題なし。

カンボジア人って赤ちゃんが大好き?!

年中暑いカンボジア、日中のお散歩は暑ずぎてなかなか出来ないのが現状です。

なので、朝の散歩が日課になりそうです。

時刻はAM6:00 (28)涼しいとは言いにくい気温ですが、この時間帯が一番涼しいです。

プラプラ歩いていると通りすがりのおじさんに笑顔でアイコンタクトをされます。

知らない人でも抱かせてと言われたり、手を振られたり楽しいお散歩が出来ます。

そして、我が家の受付の人にも毎日抱っこされます。(こちらが急いでいても。笑)嬉しいですね。

最後に、本音を言うとカンボジアの埃っぽい環境や騒音、交通の不便さを感じて気になる時もありますが、それも徐々に緩和されていますし、人の温かさ、優しさがそれら以上にありがたく子供といるとより感じられています。

だから、カンボジアって良い国!!と改めて実感しています。それでは、また~☆


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。