マレーシアで絶対に食べたいオススメのローカルフード5選!

マレーシアで絶対に食べたいおすすめローカルフード5選!

こんにちは!アジアマガジン編集部です!アジアマガジンではマレーシアに就職する人・働いている人を応援しています。

今回はどうしたら皆さんに腹の底からマレーシアを堪能していただけるかを考えた結果、お腹が満足すれば間違いないという結論に至りました!!そこで今回は「これだけは食べておきたい!!マレーシアのグルメ5選!!」をご紹介します。マレーシアで就職活動をされる方も、絶品のグルメを食べて、より頑張っていきましょう!!

ナシレマ

「ナシレマ」の画像検索結果
(写真:http://izumanix.com/20140925.shtml)
マレーシアでは一番親しまれている料理です。ココナッツミルクで炊いたご飯に、サンバルというマレー系の甘辛ソースを添えます。このサンバルソースはお店それぞれの個性がでているため、いろいろなお店で食べてみるのもいいかもしれません。

ゆでたまごや小魚のフライなども添えてあるのが一般的です。また、バナナの葉に包んで、テイクアウトできる手軽さも、人気の要因なのではないでしょうか。

サテ

「サテ」の画像検索結果
(写真:http://malaysiajp.com/language/daging.html)
マレーシアの焼き鳥と考えていただければ、わかりやすいと思います。下味をつけた鶏肉を焼いて、ピーナッツソースをつけて食べます。皮や脂身がついていないため、ヘルシーな食べ物として女性にも人気です。

鶏肉以外の串焼き系もマレーシアにはありますが、マレー系はイスラム教で豚が食べれず、インド系民族はヒンズー教で牛肉が食べれないため、ほとんどが鶏肉です。

フィッシュヘッドカレー

「フィッシュヘッドカレー マレーシア」の画像検索結果
(写真:http://asiwauasia.asia/)
写真から既にインパクトがあるのではないでしょうか。大丈夫です!!味も確かです!!

フィッシュヘッドカレーはシンガポールやタイでも食べらている料理でもあります。名前の通り、魚の頭をココナッツとカレーで煮込んだ料理で、少しスパイシーなのがたまりません。

スチームボート

「スチームボート マレーシア」の画像検索結果
(写真:http://www.tour.ne.jp/blog/malaysiacity/74293/)
マレーシアの鍋料理です。「暑いマレーシアで鍋料理か」と思われる方も多いかもしれませんが、ちゃんと伝統的な料理として親しまれています!!

あっさりしたスープが特徴的で、お好みでチリソースや醤油ダレなどをつけて食べます。

海南チキンライス

「海南チキンライス」の画像検索結果
(写真:http://www.mu-hung.net/concept_story/)
日本のチキンライスとは違い、鶏肉のダシで炊いた白米に、ソースをかけた蒸し鶏と一緒に食べます。ごはんはあっさりしているはずなのですが、ダシが効いていてとても味わい深く、さらに鶏肉と一緒に食べるのが格別です!!

シンガポールの記事でもチキンライスはご紹介しましたが、マレーシアのグルメとしても、もう一度ご紹介したいくらい、美味しいです!!

終わりに

どれも美味しそうなものばかりではなかったのではないでしょうか。マレーシアで就職活動をされている方も、美味しいグルメを食べて、より元気になっていただければなと思います。マレーシアには他にも、今回の記事で紹介しきれなかったグルメがたくさんあります。

引き続きアジアマガジンでは、マレーシアの魅力をお伝えすると共に、マレーシアでの就職・アジアでの就職を考えている人のお役に立てるような情報を発信していきます。

海外就職の手引、マレーシア、海外

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。