【ライター紹介:アヤ】管理栄養士として健康意識を広めたい@カンボジア

こんにちは!
アジアマガジンでライターをやっているアヤです。カンボジアで管理栄養士をやっています!今回は簡単にこの場をお借りして、自己紹介をしていきますね。

気づけば移住して1年半…

今では快適に満喫しているカンボジア!!どうやってここまでの道のりを歩んできたのか、また今後の目標なども書きたいと思います。

管理栄養士になってから・・

2010年 北海道の大学を卒業し、資格を取得後は北海道苫小牧市の特別養護老人ホームで栄養士として4年間働きました。業務としては、60歳以上の介護が必要な高齢者を対象に食事の管理をしていました。(後に、カンボジアに移住するとは予想もついていませんでした…)

その後、地方で働いた経験を活かし地元である札幌に戻り再就職をしようと考えていましたが「まあ、少しゆっくりしよう!」と、半年ほど旅行やスポーツを楽しんでいました。

旅行は沖縄、大阪、東京、ドイツ、ハワイ、グアムなどを旅行しました。(そのときの経験が今、カンボジアに行っても良いかな!と思える旅になりましたね。)スポーツでは乗馬が好きで楽しんでいました。北海道らしいイメージです。

この時感じたのは、人生を忙しく生きるのは楽しくない!自分の感覚で生きようと思いました。

キッカケは運命?楽観的に考えるのが吉!

前職を退職して半年が過ぎ、「さあ、再就職しようかな!」と考えていた矢先の2015年9月、後に夫となる彼から「久々にプノンペンから札幌に帰省するからちょっと会おうよ」と声を掛けられ会うことになりました。

そこで、話がトントン拍子に進み「一度、プノンペンに来ない?もし良かったら僕と結婚を前提に付き合おうよ!」と言われました。私も、呑気な考えで「とりあえず遊びに行くよ~」と答え、旅行に行きました。経由はタイ経由でプノンペン着でした。初めての一人海外旅行の道中は不安でドキドキが止まらなかったですが、この旅行でプノンペンに住もうと決めました!勢いと深く考えないことは大事です。(笑)

シェムリアップでの結婚式!

色々と段階を進めながらも交際4ヶ月でのスピード婚を済ませ、移住し半年が過ぎたころ、私の家族にカンボジアの雰囲気を知ってほしい!と考えた末、「そうだ、結婚式をして家族を呼ぼう!」と二人で決意することにしました。

そこからは二人で手分けをして準備を進めました。日付は姪っ子達が可能な夏休みの時期にやろと決めました。

ただ、シェムリアップ婚をやると決めた後…

カンボジアにはウェデイングプランナーがいないと知りました…(笑)

そうなんです!色々と調べてみると、プランナーもいない、チャペルもない、神父も日本らしい形式では出来ない・・など問題が多発していました。そこで考えたのは自分たちでシナリオを作ろう!と言う事でした。完全にオリジナルです。記念写真はアンコールワットの前で撮り、会場はソフィテルホテルで人前式を挙げました! そして、式は無事に終了し記念に残るイベントとなりました。

ちなみに今回の結婚式の費用は50万円でした。

このような感じでした。また、シェムリアップで結婚式をしたいという方、写真だけでも撮りたいという方がいましたら、ご連絡をお待ちしております。お力になれると思います。

✉:ayakon818@gmail.com

今後の目標

今後の目標としては、カンボジアではまだまだ認知度の低い管理栄養士という職業ですが、カンボジアの人たちの健康意識を高められるような食事のあり方を普及させたいと思っています。また、年齢も30歳台に突入したのでそろそろ子供を授かりたいなと考え中です・・。(笑)

もし良かったら、ブログとインスタグラムも更新していますのでよろしくお願いします。

アヤの記事

初めてのカンボジア移住。首都プノンペンの生活で感じた国民性と魅力とは?

2017.12.14

【カンボジア就職では英語が必要?】現地生活で使用する言語について 

2018.01.17

カンボジアのプノンペンってどんな街?現地の日本人が特徴を紹介!

2018.02.02

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。