【ベトナム就職の就労ビザ申請】ワークパミットとの違いと取得方法

この数年の間で日本とベトナムの距離が一気に縮まりました。IT企業を中心に日本で働くベトナム人が増え、日系企業のベトナム進出も急増しました。

ベトナムは食事も美味しく物価も安いことから、観光地としても魅力がありますよね。旅行をきっかけにベトナムに住んでみたい方も増えています。

ただ、いざベトナムで働こうと思った時に必ず直面するのがビザの問題。

ベトナムで働くには就労ビザとワークパーミットの両方が必要です。

今回はベトナムの就労ビザとワークパーミットの違いや取得方法について解説していきます!

就労ビザとワークパーミットの違いは?どちらも取得しなければ労働が許可されない

就労ビザは普段馴染みがないので難しいイメージがありますよね。加えてワークパーミットってなると違いに悩む方もいるのではないでしょうか?

そもそもワークパーミットとは

ワークパーミットと就労ビザを混同してしまいがちですが実は全然違います。

就労ビザは、ベトナムに滞在するために必要なもので、ワークパーミットは労働省が発行する労働許可証のことをいいます。

ワークパーミットを取得しないとどうなる?

ベトナムで働くには就労ビザもワークパーミットも必ず取得しなければいけません。

この2つを取得しないと不法滞在となってしまいます。

その場合日本へ強制送還されるだけでなく、場合によってはその後一定期間ベトナムへの入国を禁止されてしまう可能性があります。

ベトナムで就労ビザを取得するために必要な申請/書類は

ベトナムで働くためには必ず必要になる就労ビザ。

どのように取得すればよいのでしょうか?

日本で申請するかベトナム現地で取得する

ベトナムの就労ビザは日本のベトナム大使館で取得する方法と現地で取得する方法があります。日本国内だと東京・大阪・福岡の大使館で申請ができます。

日本で申請できるベトナムのビザは最長3ヶ月までとなっています。現地で取得する場合はイミグレーション手前でアライバルビザという形で取得します。

ただしこのビザを取得するには事前にベトナムで就職する企業からの招聘状が必要です。

ビザ申請に必要なもの

ビザの取得にはいくつか必要な書類があります。

  • パスポート(原本)
  • 証明写真(4×3程度) 1枚
  • ビザ申請書
  • ベトナム出入国管理局発行の許可番号

これらの書類を用意して大使館でビザを発行してもらいます。

ただ、最後のベトナム出入国管理曲発行の許可番号は自分で取得はできません。これはベトナム側で発行してもらう番号になるので就職先の企業に発行してもらう必要があります。

無難なのは観光ビザで入国し後日就労ビザを取得

お伝えした通り日本で就労ビザを取得するには受け入れ企業の協力が必須です。

自身の渡航日に合わせて企業が絶対に行ってくれるかは不透明なので一般的には日本の大使館で観光ビザを取得して入国し、ワークパーミット取得後に就労ビザを取得することが多いようです。

日本で就労ビザを取得するのは年々厳しくなっています。

ビザに関しては就職先の企業としっかり相談しておくべきでしょう。

ベトナムのワークパーミットの取得方法!入国・滞在後の申請でも大丈夫?

外国人がベトナムで3ヶ月以上働く場合はワークパーミットの取得が義務づけられています。

長期でベトナムで働く場合必ず取得しなければいけませんがどのように取得すればよいのでしょうか?

ベトナムのワークパーミットの取得方法

ワークパーミットは必要な書類を揃え、MOLISA(ベトナム労働・傷病兵・社会省)という機関に提出をします。

申請から承認、発行までは1ヶ月ほどかかることもあります。

申請に必要な書類

ワークパーミットの申請に必要な書類は意外と多いです。

  • パスポート
  • 証明写真2枚(4cm×6cm、背景白)
  • 健康診断書
  • 無犯罪証明書

この4つの書類が必要です。

健康診断書は日本で健康診断を受けられれば日本のものでも構いません。

現地で取得する場合は就職先企業と相談し現地の病院を紹介してもらいましょう。

無犯罪証明書は初めて聞く書類かもしれませんがベトナムでは犯罪歴のある人の滞在を許可しておらず、必ず必要な書類です。

この書類は日本の住民票がある地域の警察署で取得できます。海外在住の場合は直近の滞在国で取得します。

ベトナムのワークパーミットの特徴

ベトナムのワークパーミットは基本的に2年間の期限で2年ごとに更新の必要があります。

また、注意しなければいけないのが1社に対して1つの許可証となっているので転職をしたら新たにワークパーミットを取得しなければいけません。

ワークパーミットを取得していないと不法労働者となってしまうので忘れず取得するようにしましょう!

ベトナム就職にビザとワークパーミットは必須!企業の求人情報も確認しよう

ベトナムの就労ビザやワークパーミットの取得は簡単ではありません。ただ手続きを踏んでいけば問題なく取得が可能です!

必要な書類も日本にいる間に取得するものも多いので、ベトナム就職前に必ず調べ用意しておきたいですね。

また、就職先の企業と就労ビザについてしっかり話し合っておくことが大事です。求人情報にビザのことが書かれているかどうかも確認してみてくださいね!

ベトナム就職にさらに興味がわいた方はこちらの記事も参考にしてみてください!

【後悔しないベトナム就職】未経験や日本語のみでOK?就職事情と移住方法をプロが徹底解説!

2017.10.29

ベトナム就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

ベトナムで働くための相談に無料でのっています。

実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。

SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

アジアマガジン、LINE@

まずは無料で海外求人を

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントは業界No.1のリクルートエージェントです。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円のお仕事なら!
“ハイクラスの海外求人が多い”JACリクルートメントがおすすめ
JACはハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

30〜50代の方にとっては、質の高い転職サポートを受けられるエージェントです!