【ラオスの平均年収/賃金】日本人が現地に転職したら収入/給料は?

近年首都ビエンチャンや世界遺産の街ルアンパバーンを中心に観光地として注目されているラオス。

NPOやボランティアの進出は活発ですがまだまだ日系企業の進出は少ないです。

現在は中国系の企業を中心に進出が進み今後も経済が発展していくことが見込まれています。

この記事をご覧頂いている方の中ではボランティアや旅行をきっかけにラオスで働いてみたいと感じている方もいるのではないでしょうか?

現地採用として働くというイメージがまだまだ湧きづらいラオス。

実際に現地採用として働くと給料はいくらくらいになるのでしょうか?

今回はラオスの経済状況から現地採用の給料で生活していけるのかどうか解説していきます!

今すぐ『私ってラオス就職できる…?』という疑問を解決したい人へ..

少しでもラオス就職に興味があれば、

ラオス就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!

(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

ラオスの経済情報 | 首都ビエンチャンを中心にGDPが上昇している

旅行客が急増すると共に中国系企業の進出が増え経済成長を続けるラオス。

ラオスの経済にはどのような特徴があるでしょうか?

物価は意外と高い

ラオスは東南アジア諸国の中でも意外と物価が高いのが特徴です。

ラオスは内陸国なのでほとんどの食材が輸入品ということもあり、全体的に物価が高くなっていることが理由にあります。

とはいえ日本に比べるとかなり安く、水などのローカルの食料品などは日本の3分の1ほどの値段で購入できます。

首都ビエンチャンを中心に発展が続いている

ラオスは現在首都ビエンチャンを中心に発展し続けています。

経済成長率は2年連続で7%となりました。

現在ビエンチャンでは企業の進出と共にコンドミニアムの設立ラッシュとなっています。

今後、ベトナムやタイに続き多くの企業が進出し外国人移住者も増えることが見込まれています。

ラオス人の平均賃金はどれくらい?企業も増え所得は増加傾向に

経済的派点を続けるラオス。現在ラオスで暮らす人々たちは、いくらくらいの給料で生活しているのでしょうか?

ラオス人の平均年収

ラオス人の平均年収は日本円で約80,000〜90,000円/年と言われています。月給にすると7,000〜8,000円ほどですね。

この金額は他の東南アジア諸国の平均年収に比べてかなり低いです。

多くのラオス人が月1万円以下で生活しているということになります。

日本人現地採用の平均給与は? | 隣国タイと比べて解説

ラオス人の平均年収は周辺国に比べても低いです。同じように日本人現地採用の給料も低いのでしょうか?

日本人現地採用の給料は?

ラオスでの日本人現地採用の給料はだいたい10万円〜15万円ほどと言われています。

実際に求人票には$700〜$1,200で募集されてることが多いです。

隣国のタイの現地採用の給料相場は15万円ほどなのでタイと比較すると相場は安いです。

ラオスはまだまだ企業が少ない

ラオスはまだまだ進出企業が少ないため、日本人の需要もさほど高くはありません。

求人もラオスに在住している日本人どうしで紹介して採用したりすることも多く、給料が上がらないという一面もあります。

今後企業の進出は増えていくことが予想されていますが現段階だとまだまだ日本語教師などの求人の方が多いです。

ラオス現地採用の給料はタイに比べると安い!

実際に生活していくことは可能なのでしょうか?

実際にラオスで日本人現地採用の給料で生活は可能か?

実際に日本人現地採用の給料でラオスで生活していくことは可能なのでしょうか?

結論をお伝えすると生活することは可能ですが工夫は必要です。

意外と高い生活費

ラオスの現地採用の給料はタイに比べ低いですが、ラオスの物価はタイとあまり変わらないです。

ラオスは多くの日用品などをタイから輸入しているので、その分価格が高いです。

ただ、家賃などは$100〜住める場所もあるので現地の暮らしに馴染むことができれば生活費はかなり抑えることができます。

すぐに転職した場合の年収を知りたい人は…?

◎無料で年収診断ができる『ミイダス』がおすすめ

【公式サイト】https://miidas.jp/

miidas(ミイダス)という無料転職サービスに簡単な情報を入力すると、転職市場でのあなたの価値を診断してくれます。(スマホから5分の簡単登録!)

ラオスの現地採用を目指すなら物価と企業情報をよく調べて行動しよう

ラオスの現地採用はまだまだ求人も少ないため周辺国に比べ難しいことが多いです。

給料の相場も物価の割に低いことが多いので、生活していくなら現地に馴染める柔軟性が必要です。

また、企業の中には社員寮を用意している会社もあるので企業の福利厚生は事前に知っておくことが大切です。

ラオス就職を目指すのであれば、なぜラオスで働きたいのか?をしっかり掘り下げた上で就職活動をするようにしましょう!

ラオス就職にさらに興味がわいたかたはこちらの記事も参考にしてみてください!

ラオス就職する方法は?求人情報と働ける条件を海外転職のプロが解説

2016.10.17

少しでもラオス就職に興味があれば…

就職するしないに関わらず、まずは海外就職のプロに相談をして、まずは自分自身のラオス就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料でラオス就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

ラオス就職を考え始めたら、すぐにラオス現地の就職支援会社ではなく…

日本拠点があり、海外求人を扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

ラオス就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.海外就職全般の傾向や給与の相場感を掴むため

2.選択肢を広げるため(実際に最初の希望とは違う国に就職した人も多いです)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、現地に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、海外就職の成功のカギです。

ラオスへの転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェントは国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

ラオス就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広くラオス求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『doda』
    特徴:国内外の転職実績や成功ノウハウが強み
    公式HP:https://doda.jp/

アジアマガジンはラオス就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。