海外に関わる仕事って?英語力がある日本人が働きやすい職種や業種

こんにちは、アジアマガジン(@asia_maga)です!

グローバル化が進み、日本に訪れる外国人も増え、海外が身近な存在に感じるようになりました。旅行などをきっかけに興味を持ち、海外に関わる仕事がしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

海外に関わる仕事に興味のある方にとって気になるのは英語力。そして経験が必須ではないかと思う方もいると思います。ただ、海外に関わる仕事は幅広い種類があり、英語が必須というわけではありません

今回は海外で関わる仕事についてご紹介していきます。もし、海外で働ける職種の一覧を見たい人は下の記事を見てみてくださいね。

海外で働きたいなら職種から逆算するべき!海外就職に有利な全21職種おすすめを徹底解説

2018年6月19日

海外と関わって働く。日本で働くor海外就職?

海外と関わって働く方法はたくさんあります。現在ではグローバル化が進んでいるため、海外に就職できるチャンスもありますし、日本国内でも海外に関わって働ける仕事は数多く存在します。

具体的にどのような仕事があるか見ていきましょう。

日本国内で働くなら外資系企業や観光業がおすすめ

日本国内にいたまま海外に関わって働きたいのであればやはり外資系企業や、旅行、観光業がおすすめです。

外資系企業の場合、本社が外国にあるので海外支社とやりとりすることや出張で海外へ行くことも多いので海外に関わる仕事がしたい方にとっては魅力的に感じるでしょう。

また、日系企業で海外と関わって仕事をしたいのであればおすすめは観光業です。

観光業は英語を使う頻度や海外に赴く頻度も多いので、接客などが得意であれば観光業を目指すのもいいかもしれません。

確実に海外と関われるのは海外就職

日本国内でも海外に関わる仕事ができる可能性はあるのですが、会社の方針やスキルによってはなかなか海外に関われるポジションにつけない可能性もあります。

確実に海外と関わって仕事をしたいのであれば、海外就職を選択肢のひとつにしてもいいかもしれません。海外就職であれば住む環境も外国、一緒に働く人も外国人なので確実に海外に関わって働くことができます。

生まれ育った日本を離れて海外で働くことは簡単なことではありませんが、海外に関わりたいという思いを持っているのであれば大きなやりがいを感じられますよ。

海外に関わって働く方法はたくさんあります!
その中でも自分にあった仕事を見つけることが大切です。
日本国内で海外と関われる仕事をもう少し掘り下げていきましょう!

日本国内で海外と関われる仕事。外資系企業は経験が必須?

日本国内で海外と関われる仕事は意外とたくさんあります。それぞれどんな特徴があるでしょうか?

日系でも海外で関われる仕事は空港やホテルなどの観光業が多い

先ほども軽くご紹介しましたが、日系企業の中で海外と関われる可能性が大きい仕事は空港やホテルなどの観光業でしょう。

ホテルは外国人の宿泊者も多いので英語を使って海外の人と関われる可能性は大きいですし、海外に展開しているホテルに就職すれば海外就職のチャンスもあります。

また、日本と海外の玄関口である空港での仕事も海外と関わる機会は多いです。

特にCAの場合はフライトでさまざまな国へ行くことができるので、海外に関わりたい人はとても魅力的に感じるでしょう。CAの記事に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

もはや外資系CAと日系CAは違う職種?外資系航空について解説!

2017年12月19日

語学を活かした通訳や教師職員などもある

語学力に自信のある方であれば通訳を目指すのも良いです。通訳として英語を話せればさまざまな国の方と関わりをもてたり、日本と海外を繋ぐ役目を担えるのでやりがいも大きでしょう。

また、教師も意外と海外と関われる機会が多いです。英語が得意な方は通訳や教師の職種を目指しても、海外と関わって仕事ができますよ。

外資系企業に就職する場合の注意点

日本にいながら海外と強く関わって働けるのはやはり外資系企業です。

外資系企業ではポジションによっては本社とのやりとりが多かったり海外出張が多いこともあるので、大きなやりがいを感じるかもしれません。

ただ、注意していただきたいのは外資系企業は日系企業とは違う特色があること。

外資系企業は成果主義な面が強く、給料が安定しない、リストラになる可能性が高いといったデメリットもあるのでその点を踏まえて仕事を選ぶ必要があります。

外資系企業の注意点に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

外資系就職

外資系企業に就職してはいけない人の3つの特徴!グローバル転職のプロが解説!

2018年5月24日

海外就職の求人は未経験だと応募ができない?

日本にいながら海外と関わる仕事についてご紹介してきました。

ただ、会社の方向性などによっては海外と関わりのない部署に配属される可能性もゼロではありません。確実に海外と関わって働ける海外就職にはどのような特徴があるでしょうか?

欧米で働きたい場合には基本的に経験が必須

まずお伝えしたいのは、アメリカやヨーロッパなどの欧米で仕事をしたい場合は基本的に経験と語学力が必須です。

飲食店などの職種によっては未経験、語学力でも可能な仕事もありますが即戦力が求められることが多いので転職の門が狭いのが現状です。

そのため先進国で関わって仕事をしたいのであれば、日本で数年間専門的なスキルを身につける必要があります。

アジアなどは未経験でも募集している企業がある

海外就職の中でも、未経験での募集が多いのがアジアです。現在アジアでは進出する日本企業も多く、求人数が多いため未経験でも応募可能なものも多いです。

そのため、新しく海外で関わる仕事に挑戦したいという方はアジアで海外就職をすることをおすすめします。

未経験で海外就職を目指すのであればアジアが圧倒的におすすめです!

成長著しい国々に関わりながら仕事をすることができますよ!

海外就職に関してさらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてくださいね!

新卒で海外就職は可能?就活のプロが具体的な方法を徹底解説!

2018年4月10日

海外に関わる仕事がしたいならどのように関わりたいのかを掘り下げて就職活動をしよう

海外に関わる仕事の種類や特徴についてご紹介してきましたが、一番大切なのは自分が海外とどのように関わって仕事をしたいかです。

日本にいながら海外と関わりたいのか、生活を含め、すべてを海外と関わっていきたいかで選択肢が大きく変わります。今後のキャリアも含めて自分の考えをしっかりと掘り下げた上で、就職活動をしてくださいね!

失敗しない海外就職の方法をプロが徹底解説!未経験もOK?おすすめのステップを紹介

2017年4月29日

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。