新卒で海外就職は可能?就活のプロが具体的な方法を徹底解説!

こんにちは!

海外就職ノウハウの発信から実際に転職のサポートまで行っているアジアマガジンです。

新卒から海外就職をしたいと思っても…

「実際にどうしたらいいのか?」

と悩みますよね。

自分で調べてもよくわからなくて…

特にネットだけの情報だとわからないですよね…

そんなお悩みを解決するために、

年間1000人ペースで海外就職の問い合わせを頂いているアジアマガジンが、

新卒の海外就職について解説していきます。

新卒からでも海外転職できますかね…

希望する全員が、新卒から海外就職が実現できるとは言えませんが、これからその点も含めて紹介していきますね。

そもそも新卒で海外就職が可能かどうか?

結論から言うと可能です。ただ、就労ビザの発行条件の関係で新卒で働くことは不可能ではないが相当難しくなっています。

新卒の海外就職が難しい理由

1.社会人経験がない新卒では就労ビザが発行されづらいから

→海外で働くためには、その国で働く許可証を発行してもらわなければいけません。それがよく言われる就労ビザです。その就労ビザの発行条件は、社会人経験が最低3年と設けられている国もあったりします。

2.新卒は即戦力として採用することが難しいから

→海外にある企業は、日本のように丁寧に研修などはありません。そのため、入社後すぐに即戦力として活躍してくれる人材を求めています。

※ただ、完全に新卒が働けないということではないです。それは企業よって就労ビザの発行のしやすさが変わってくるためです。(就労ビザは、雇用する側の企業がその国の政府に申請するものなので、その企業と政府の関係性によって変わってきたり、業界によっても発行条件が変わってきたりするからです)実際に、新卒から海外就職を果たしている人は何人もいます。

そこで、新卒で海外就職をしたい学生の方に、アジアマガジンがオススメしたい方法は

日本の企業から内定をもらったうえで、そのうえで、海外就職にチャレンジする

ということです。

新卒が海外就職をする2つの手段

海外で働くことを考えるときに、海外に進出している現地法人に就職する(現地採用)と、日本法人の本社採用として入社し駐在員として海外拠点で働く(駐在員採用)の2つの方法があります。

現地採用について

まず、就職活動のスケジュールが違うことを1番最初に認識しておいてください。日本の新卒の就職活動の場合は、卒業後の4月から働くために、1年前か選考が始まりますが、現地採用の場合は違ってきます。

具体的には下記スケジュール感で就職活動を始める(応募書類を提出)するのがベストです。

  • 2019年新卒の方は2019年1月から
  • 2020年新卒の方は2020年1月から
  • 2021年新卒の方は2021年1月から

働き始めたい時期の3ヶ月前から書類選考を始めるのが、現地採用の就職活動の一般的なスケジュール感です。そのため、大学を卒業する年の月から実際の企業に応募し始めるのがちょうど良いです

何故かと言うと、海外の現地法人は、すぐに働ける人や即戦力となる人が優先的に採用されるからです。

駐在員採用について

新卒の一般的な就職活動で最初から海外に駐在員として派遣してくれる企業を探す方法です。これは一般的に最初から海外に新卒から行ける企業は、相当少ないです。また、海外赴任ができると謳っている企業でも、実際に働いてみると、“優秀な結果を出しているほんの一握りのメンバーしか海外赴任の権利がもらえない”ということもザラにあります。

そのため、リクナビやマイナビの新卒用の求人サイトで、自分で新卒から海外で働ける会社を見つけるのは相当難しくなります。

もし、駐在員採用として海外就職を考えるなら就職を無料でサポートしてくれる会社を利用するべきです。

おすすめ無料サポート

 

◎就活サポートで人気No.1サービス
MeetsCompany

 

◎就活のプロがESの添削から面接対策まで
キャリアチケット

 

一度、日本で内定をもらってから現地採用で働くことにチャレンジしよう!

就労ビザは年齢が若い方が取りやすい
  • そもそも新卒から海外就職は難しい
  • 海外に駐在させてくれる企業に就職する選択肢もあり!
  • ただ、日本の企業で新卒から駐在員として派遣してくれる企業は少ない
  • 現地採用として海外の就職活動のスケジュールの3ヶ月前から動けばOK

だからこそ、最初に日本で就職活動をやって、英語が使える企業や、駐在員として海外に行ける企業から内定をもらい、それでも海外に行きたい気持が強ければ、現地採用として海外で働くことにチャンレジすることをおすすめします。

わかりました!

もし卒業前の3ヶ月前になって(勤務開始したい時期の3ヶ月前)になって、現地採用としてチャレンジしたい場合はどうればいいですか?

その際は、もちろんアジアマガジンの問い合わせフォームから、ご相談ください!アジアマガジンがご協力させていただきます!

本気で海外を考えている方へ

この記事を読まているということは、少なからず新卒から海外就職を考えている方だと思います。そこで、本気で海外を考えられている方に、脳に汗をかくほど考えていただきたいことがあります。

・将来どうなりたいのか?
・そのために、新卒でどういう環境で働くべきなのか?
・それは日本でもいいことなのではないか?
・海外でないといけない理由があるのか?

これらをスラッと言える方が新卒でも海外就職を成功させていますし、就職後も活躍されています。そのため、アジアマガジンへ問い合わせをする前に、ぜひ一度考えていただけると嬉しいです!みなさんをご活躍を応援しております!

おわりに|新卒におすすめ無料サービス!就活に利用できるものは全部利用しよう!

最後に少しだけおすすめの無料サービスを紹介しますね。

MeetsCompany|就活サポートで人気No.1サービス

MeetsCompanyは新卒の就職サポートでは実績No.1のサービスになります。

具体的には優良企業との座談会形式の合同説明会を開催していて、1回のイベントに参加すれば、最大8社の社長や人事と近い距離で話すことが可能です!

そのため、

合同説明会は参加しただけで終わってしまっていたな…

自分では考えていなかった業界を見たい!

という方にはぜひおすすめです。また、MeetsCompanyは合同説明会を開催するだけでなく、プロの就職アドバイザーがしっかり相談にのってくれます。

キャリアチケット|就活のプロがESの添削から面接対策まで

キャリアチケットは、渋谷に本社を置くレバレジーズ株式会社が運営している、新卒に特化した就職活動支援サービスです。

特徴としては、心強いサポート体制です。マンツーマンで就活のプロが、ESの添削や面接の対策までフォローしてくれます。実際に6万人以上の学生が使ってきた実績があるので、安心して相談できるのではないでしょうか?

就活のサポートを受けたい!と思う人は、ぜひキャリアチケットを利用してみてくださいね。

なるほど!

海外就職するためにも、まずは無料で利用できるものは、利用しつつ就職活動を進めていけばいいんですね!

そうですね!

登録に5分もかからないので、まずはしっかり自分から積極的に情報を収集していくことが重要です!

おすすめ無料サポート

 

◎就活サポートで人気No.1サービス
MeetsCompany

 

◎就活のプロがESの添削から面接対策まで
キャリアチケット

 

おもしろいと思ったら、SNSでもシェア!

まずは無料で海外求人を

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントは業界No.1のリクルートエージェントです。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円のお仕事なら!
“ハイクラスの海外求人が多い”JACリクルートメントがおすすめ
JACはハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

30〜50代の方にとっては、質の高い転職サポートを受けられるエージェントです!