社宅付きタイ求人ってある?海外転職のプロが求人事情を徹底解説!

こんにちは!海外就職ノウハウの発信から実際に転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

いざ、タイに就職したい、と思っても…

タイに就職するのに、社宅付き求人ってあるのかな・・・?

こういった疑問に答えます。

年間1000人ペースで海外就職の問い合わせを頂いているアジアマガジンが、

タイには社宅付き求人があるのかをお伝えします!

要するに、この記事を読んだ後は「あなたがタイ就職を決断するか、辞退するか」のみです。

この記事の内容

  • 社宅付きタイ求人があるのか
  • タイの日本人むけ求人の種類とは
  • 社宅付きタイ求人を探す方法
  • いますぐタイ就職をする方法

それでは、まずは社宅付きのタイ求人があるかどうかという点も含めて、タイ移住・転職について解説していきますね。

結論:社宅付き・家賃補助・住宅手当があるタイ求人は『ほぼ無い』です。

タイ求人

結論を先に言ってしまうと、

社宅付きのタイ求人はほぼありません。

社宅付きタイ求人は完全に無いわけではありません。

タイで社宅付き求人は、かなりの高待遇です。

というのも、ボンビーガールで特集されていましたが、

タイの物価は日本の1/3

と言われています。

そう考えると、タイの物件は家賃が3〜7万円でくらいで、食費も含めると15万円もあれば充分な暮らしができます。

わざわざ企業が社宅を用意することもないです。

それは、お金に困らないからです。

タイにある日系企業に勤めても、日本と同様に20万円以上の給料をもらえます。

社宅を用意することもなく、裕福な生活ができるため、社宅付き求人がほぼないのです。

タイは家賃も生活費も安いので、必ずしも社宅付き・家賃補助・住宅手当である必要がありません!普通に給料をもらって、安い家賃でも十分な暮らしを送ることができます!

それでは、タイにはどんな日本人向け求人があるの?

日本人向け求人はある!

実際にタイには、幅広い業種・職種の求人があります!

理由としては数多くの日系企業がタイに進出しているからです。

「タイ日系企業進出動向調査2017年」調査結果をみると、5,444社が活動しています。

また、タイに進出している企業の最新情報を『バンコク日本人商工会議所』で知ることもできるので、ここでタイの日系企業を探すのもアリですね。

タイ市場で注目の日系企業の調査もあるくらい進出している企業が増えているのがわかりますね。

もちろん、その中には東証一部上場企業の製造/メーカー/商社が進出しているため、そういった会社で日本人が募集されているケースが多いので、キャリアや英語に自信のある方にはおすすめです。

一方で、コールセンターや日本人サポートのお仕事でしたら…

キャリアや英語に自信がない、また、高卒の方でも働ける場合もあります。

補足情報

営業経験のある方なら日系企業の営業職、秘書経験のある方なら日系企業の秘書、エンジニアならエンジニア職。タイには日系企業も多いので、あらゆる経験を活かせる環境があります。

語学を学びながら働ける求人がある!

日本人向けに、語学(タイ語もしくは英語)を学びながら働くことが可能な求人があります。

語学を学びながらとなると、忙しそうなイメージがあると思います。

ぶっちゃけ、忙しすぎます、、、

というのも、ほぼプライベートがありません。

1週間のスケジュール

〈週2日(終日通学)→ 週5日(午前通学・午後通勤)〉

上記のようなスケジュールで生活していきます。

となると、プライベートの時間はほぼないですよね、、、

ただ語学を学ぶ目的でいくなら、オススメな求人です!

それでも社宅付き・家賃補助・住宅手当のあるタイ求人を探す方法

社宅付き求人の探し方
社宅付きじゃないと就職したくないのですが、どうしたらレアな社宅付きタイ求人を見つけられるんですか??

そうすると、社宅付き求人を探す方法は3つしかありません!

社宅付きタイ求人を探す方法

  1. 人脈を使って就職
  2. 駐在員としてタイにいく
  3. 現地採用で働く

方法1:自分の人脈を使ってタイ就職する

人脈を使って社宅付き求人を見つけるのって難しくないですか?

まあ難しいですね、、、

でも社宅付きの企業を知っている人がいれば、ラッキーですよね!

1番手っ取り早くタイの社宅付き求人を探す方法は、タイにいる知人経由で会社を紹介してもらうことです。

タイに知人がいない人でも、本気で社宅付きの企業に就職をしたいなら・・・

積極的にタイの日本人経営者に連絡を取って、「御社で働きたいです!」と直談判するのもアリです。

今は、FacebookのMessengerやTwitterのDMなど、会ったことない人に連絡ができる手段がたくさんあります。

実際に、過去に海外就職の相談にのった人の中には、日本人経営者に片っ端から連絡をとって、海外就職された人もいます!

方法2:駐在員としてタイに行く

“駐在員”は聞いたことあります!

日本企業のタイ支店に駐在して勤務することですよね!

おっしゃるとおりです!

タイの現地法人に直接採用されるだけなく、

駐在員としてタイ拠点で働くことも、タイで働く選択肢の1つです。

ただ、駐在員のデメリットは、

タイ拠点に駐在員として働ける人の枠が限られているため、タイ勤務が何年先になるかわからない。

タイ就職できたとしても、会社都合ですぐ転勤になってしまうことも・・・

転勤があってもOK!という人は、

タイに拠点に駐在させてくれる日本の企業に転職することもアリです。

少しでも気になる方は、下の記事を見てみてくださいね。

駐在でタイに行かれる場合は、企業が住宅補助してくれることが多いです!

方法3:現地採用としてタイで就職する

タイで現地採用となると気になるのはお給料ですよね・・・

率直にお答えすると、

日本人の現地採用の平均給料は50,000バーツ(約135,000円)以上です。

事務系・技術系職種の経験が5年もある大卒者でも50,000バーツくらいしかもらえないのです、、、

この数字を見ると、外国人の方が現地の人よりもお給料をもらっていることがわかります。

とはいえ、日本の平均月給と比べると現地採用の最低給料は安く感じると思います。

ですが、タイは物価が安いため、不自由なく普通の暮らしを送ることができる給料です。

最近では、スキルや経験があれば19〜22万円ほどのお給料をもらうことができます!
 

そもそも駐在員と現地採用の違いって?

駐在員と現地採用の2つの言葉は海外就職をする際によく目にすると思います。

意外と駐在員と現地採用の違いを知らない人もいるので、お伝えしますね!
スクリーンショット 2017-04-28 22.46.54

一般的に駐在員は日本と同じ水準の給与がもらえるので年収は高めで、現地採用は現地相場に合わせて給与が決まるため、年収は日本と比べると低めです。

駐在員はいきなり海外勤務になることが約束されないため、まずは日本側で勤務することになります。

反対に、現地採用は海外で働くことが確約されています。

また現地採用は給与が安いといっても、月給で日本円で13〜15万円ほどはもらえるため、普通の生活を過ごすなら問題のない会社が多いです。

『海外転職した場合』と『国内転職した場合』の年収を比較したい方は、次にご紹介するエージェントと無料で自分の年収診断ができる『ミイダス』の併用がおすすめです。

より詳しく駐在員と現地採用の違いを知りたい方は…

こんなにも違う!現地採用と駐在員の違いとメリットについて解説!
→働き方、メリット・デメリット、待遇などを知ることができます。

駐在員や現地採用として就職するコツ!

タイ就職を成功させたい人、駐在員や現地採用として就職するコツは、

転職をサポートしている会社(転職エージェント)の利用をすることです!

転職エージェントをオススメする理由(メリット)を挙げると、

転職エージェントのメリット

  1. 日本で働きながら、タイへの就職活動ができる

  2. 「あなたに合った」タイの求人を紹介してくれる

  3. 履歴書の添削や面接対策を実施してくれる

  4. 転職サポートは完全無料で一切費用がかからない
なんで無料でサポートしてくれるの?

『完全無料』って聞くと、なんか怪しく感じちゃいますよね…

転職エージェントは採用が決まった時に、採用先の企業から手数料をもらっているため、

完全無料で海外就職のサポートをしてくれるんです!

実際に『タイ転職エージェント』とネットで検索すると、

たくさんの転職サポート企業が出てくることからも、

転職エージェントを利用する人が多いことがわかります。

初めて海外就職する人は、まず転職エージェントに相談してみると良いでしょう!

オススメ転職エージェント

◎全ての人におすすめ!
リクルートエージェント日本人利用者No.1エージェントで海外求人も豊富

—そもそも日本にいながら海外就職って可能なの?

あの…日本にいながら就職活動って可能なんですか?

面接とかやっぱり現地に行かないといけないんじゃ…

実は1次面接はSkypeやLINEを使ったオンライン面接を実施している企業も多いんです!

なるほど!転職エージェントや求人サイトを使えば、日本にいながらタイ就職活動ができるってことですね!

おっしゃる通りです!

タイに就職する方法をお伝えしたので、続いてはタイ就職をする際に知っておくべき7つのポイントをお伝えしますね!

エージェント経由以外にも社宅付きタイ求人を見つける方法はある!

タイ就職、社宅付き求人を見つける方法は転職エージェントを利用する以外にもう一つだけ方法はあります。

それは、タイの求人掲示板を使う方法です。

タイの求人を一括で見ることができる掲示板です。

ただし、いろんな求人が更新されていくので見づらい点もあります、、、

ですが、様々な求人をすぐに見ることができるメリットもあるので、活用してみるのもいいかもしれません!

タイ求人掲示板活用法

特にオススメの活用法は、

  1. 転職エージェントに登録する
  2. タイ求人掲示板で気になる求人をメモする
  3. 「○○の求人見たんですけど、ありませんか?」
    とエージェントに相談
  4. エージェントがその求人を紹介してくれることも!

タイ求人掲示板は【コチラ】

ただし、タイに就職するのに、自己応募する方は時間がある人に限ります。

タイ就職に自己応募と転職エージェントの利用でどちらがいいの?

「日本で働きながらタイ就職を実現したい!」という方には、

転職エージェントの利用がオススメです。

理由は、時間に余裕があるか、ないかです。

具体的には下記の『面接までのステップ(自己応募編)』を見ていただければわかります。

求人サイトからの応募ステップ

下記は『面接までのステップ(転職エージェント編)』です。

転職エージェントのステップ

上記の2つの『面接までの流れ』を見ると、

求人サイトから自分で応募した場合は、約1ヶ月以上はどうしてもかかってしまいます、、、

ですが、転職エージェント経由で応募すると1ヶ月以内に内定を頂くことも可能になります。

タイで就職する方法は転職エージェントの活用がオススメです。

年齢を気にされている方は…

あなたが『50代』もしくは『60代』であれば、

「この年齢でも海外就職できるんだろうか…」

と年齢で不安な方が多いと思います。

実は、アジアマガジンでお問い合わせを受ける中で20代の次に多いのが『50代』なんです!

「定年が過ぎたら海外移住をしたい」
「テレビを見ていて海外移住をしたくなった」
「物価が安いから」

こういった考えで、海外就職を目指す方が年々増加しています。

「この年齢でも海外移住できるのかな…」

といった疑問に答えている記事がありますので、参考にしてください!

そもそもタイ転職できる人の条件は?

タイで就職するのにビザって必要?

タイで就労するのに、就労ビザが必要になります。

しかし、就労先が就労ビザを発行してくれるので大丈夫です。

就職すればの話ですが、、、

それでも、観光ビザで3ヶ月いることが可能です。

タイに就職が決まって、移住する方であればビザを準備しなくても問題ありません。

タイ就職が実現可能な人の特徴

まず、転職できる可能性が高い条件としては、下の4つになります。

転職できる可能性が高い条件

  1. 学歴は大卒以上
  2. 職歴が3〜5年以上
  3. 日常会話レベルの英語力
  4. タイでの長期滞在経験

これはタイ政府が規定している就労ビザの発行条件が関わってくるため、学歴や職歴が重視される傾向が強いです。

それでは、高卒や専門卒、未経験では、タイ転職は無理ということですよね…

いえ、実はそんなこともないんですよ。

高卒や未経験では選択肢が狭くなってしまうことは事実ですが、タイ転職が不可能ではないです!

理由としては、日本人を募集している企業によって、就労ビザの発行のしやすさが変わってくるからです。

よく就労ビザの要件の問題上で、学歴や職歴はある程度チェックされる傾向が強いですが….

学歴や職歴の条件は、あくまでも傾向なので絶対ではありません。

高卒や未経験でも転職しやすい業界や仕事は?

高卒や未経験でも転職しやすい業界や仕事としては…

日本人の留学サポート、コールセンター(BPO)、レストランや居酒屋などの飲食店、日本人向けクリニックなどです。

これらの仕事は日本人を相手にする業界のため、比較的にビザの条件が緩い傾向にあるため、高卒や未経験でもチャレンジができる仕事になっています。

そのため、高卒や未経験でもまずは諦めずにタイ転職の情報収集をしていきましょう!

今すぐ『私ってタイ就職できる…?』という疑問を解決したい人は…

タイ就職は実現可能

あの…タイ転職の条件はわかったのですが…

手っ取り早く、「私の状況でもタイ転職ができるかどうか」が知りたいんですよね…

なるほど…

それでしたら無料で相談にのってくれる転職エージェントに問い合わせてみるの効率的ですよ。

「すぐ、自分の状況でもタイ転職ができるかどうか知りたい!」という人は…

タイ転職をサポートしている会社(転職エージェント)への相談が効率的です。

転職エージェントが良いんですね!

でも無料とはいえ…登録するのが少し億劫で…

「いざ転職エージェントに登録しようと思っても…」という方は確かに多いですよ!

無理にはお勧めしないですが、少しでもタイ転職の可能性を知りたい人は…

あなたの状況や希望を聞いたうえでタイ転職の可能性を教えてくれるエージェントは使うべきです!

ここでタイ転職におすすめの転職エージェントを紹介しておきますね。

オススメ転職エージェント

◎全ての人におすすめ!
リクルートエージェント日本人利用者No.1エージェントで海外求人も豊富

タイ転職を考え始めたら、すぐにタイ現地の転職エージェントではなく…

日本拠点があり、海外求人を扱っている大手転職エージェントに登録するべきです。

タイ転職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

実はそうなんです!しっかり選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.海外転職全般の傾向や給与の相場感を掴むため

2.選択肢を広げるため(実際に最初の希望とは違う国に転職した人も多いです)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、現地に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、海外転職の成功のカギです。

この2つのエージェントは、実績が豊富で求人数が圧倒的に多いので、海外転職を考える方におすすめの転職エージェントです。

『リクルートエージェント』がオススメなんですね!

はい!これらは業界大手ならではの転職ノウハウもあるので、海外転職を考え始めたら、どちらかは絶対に登録しておくべきエージェントです!

学歴や職歴に自信が無い人は『リクルートエージェント』と合わせて、サポートが手厚い『doda』への無料相談がおすすめです。

続いては、エージェントに登録してタイ転職を成功させた人の共通点についてお伝えしていきますね。

『ボンビーガールに学ぶ』タイ転職を成功させる人の条件

タイ就職は実現可能

ボンビーガールを見て、「私もタイで働けるかも」「私もタイで働きたい」と思われた方はとても多いと思います。

ただ、実際にタイ転職する人はほんの一握りです。

理由としては…

「やっぱり日本で経験を積んだほうが…」

「親や知人に反対されて…」

…と、様々な言い訳をして結局行かない人が多いからです。

そして、アジアマガジンが今までサポートした人や過去のボンビーガールの放送、海外就職を成功させている人の共通点があるのではないかと考えています。

実際には下記の3点を満たしている人が多い印象です。

共通点!

  1. 『失うものがない人』
  2. 『自分の感情を大事にする人』
  3. 『すぐに行動する人』

引用:『ボンビーガールから学ぶ』海外就職が成功する人の3つ共通点

おわりに|ボンビーガールで海外移住に興味を持ったら、タイ求人を見ることから始めよう!

情報収集が大切だよ!

今回はボンビーガールの放送内容に合わせて、タイ就職についてお伝えさせていただきました。

記事のまとめ

  1. 社宅付きのタイ求人はほぼ無い!
  2. 日本人向け求人はたくさんある!
  3. タイの移住・就職情報を見てみよう!
  4. タイで働きたいか考えてみよう!

やはりテレビ番組では、タイ就職の良い部分しか放送されません…

ただ、それでもタイ就職に良い点があるのは事実です!

その分、しっかり自分自身で情報収集をしていくことが重要です!

結論としては、社宅付きのタイ求人はほぼ無い!という見解を出させて頂きます。ただ、英語力が不問のタイのカスタマーサポート求人や、タイでのホテル求人など良い求人もたくさんあります。学歴や職歴に自信のない方もぜひお問い合わせください。

少しでもタイ移住に興味があれば…

就職するしないに関わらず、まずは海外就職のプロに相談をして、まずは自分自身のタイ就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料でタイ就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

タイ就職を考え始めたら、すぐにタイ現地の就職支援会社ではなく…

日本拠点があり、海外求人を扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

タイ就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

そのため、タイへの転職を考えている全員におすすめできるのが日本人利用数No.1の『リクルートエージェント』です!

リクルートエージェントは国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

2位で紹介したJACと比較するとハイクラス向けではないですが、海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

タイ就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広くタイ求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =

アジアマガジンはタイ就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。