海外で保育士として働くことはできる?海外の幼稚園と求人情報!

こんにちは、アジアマガジンです!今回は海外勤務の保育士求人の可能性と実際の応募方法まで、お伝えしていきます!

  • 海外で保育士として働くことはできるの?
  • 日本で保育士として働いてきたけど海外就職はできる?
  • 海外でも保育士として働きたいけど、保育士の海外求人ってあるの?

という疑問にお答えします。まずは結論からお伝えします!

海外の保育士求人は意外と多いです。

はい、実は海外で保育士の日本人ニーズはあります。さっそく海外の保育士の求人事情について詳しく解説していきます!

海外で保育士をめざす。日本語のできる人を募集している園も多い

海外では日本人向けの保育士の求人が定期的に出されています。

海外の特に在住日本人が多い国では、日系保育園の数も多いです。駐在員のご家族の保育ニーズはとても高く、預けるなら日本人保育士のいる幼稚園と決めている方も多いです。

現在は海外進出を積極的に行っている大手企業も多いので、日本人向けの保育園が増えてきています。

また保育士は専門職で、日本人でなければ務まらない仕事です。そのため海外の就労ビザの取得もしやすく、ビザのハードルは取得しやすい仕事です。

海外就職では、就労ビザの取得が難しい職種や業種も多いのですが保育士はどの国でも就労ビザが降りやすいんですね!

海外の幼稚園に就職するには就労ビザ以外に資格が必要

海外の幼稚園に就職するには就労ビザ以外に「保育士」の資格が必要です。

日本の幼稚園で勤務されている方は保育士の資格を持っていると思いますが、海外の幼稚園に就職する場合はその国の保育士資格が必要な場合もあります。

ただ、日系幼稚園・保育園で日本人のお子様のための幼稚園の場合は、日本で取得した保育士の資格のみで勤務することが可能です。

求人情報をしっかりとみて、その国の保育士資格を取得する必要があるかどうか?を見極めるようにしましょう。

募集の多い国はどこ?アメリカより中国の方が募集が多い

海外の幼稚園の求人は、先進国での募集が圧倒的に多いです。

駐在員が多い国では家族で移住している方も多く、日本人が利用する幼稚園も数多くあります。特にアメリカは在住する日本人が多いため、日系の幼稚園の求人もよくみかけます。

ただ、最近では中国に進出する日本企業も増えていて、中国での保育士の求人が急増しています。

中国だけでなくタイやベトナムでも日系幼稚園が増え始めていて、今後はアジアを中心に保育士求人が増えていくでしょう。

語学や経験はどれくらい必要?日系なら英語力不問の場合も

海外で就職する際に、一番気になるのは語学力ですよね。

保育士で必要な学力はピンからキリまであるのですが、日系の幼稚園の場合は語学力が不問の場合もあります。

日系の幼稚園は駐在員のご家族を対象としているので、日本人の親や日本人の子供と接することも多いので英語を使うことがありません。

日系の幼稚園の就職を目指すのであれば、高い英語力は必要ありません。

ただ、海外で働くことになるので、語学力はあった方が当然便利です。渡航先の語学を話せることで現地のインターナショナル幼稚園への転職も選択肢に入ってきます。もちろん海外生活の幅も広がります。

せっかく海外で保育士として働くのであれば、英語やその国の言語は働きながらでも勉強するという気持ちで取り組むようにしましょう。

英語を安く勉強するなら、オンライン英会話が便利です。

特にオススメなのがDMM英会話です。こちらは毎日25分間の英会話のレッスンが可能で、1回あたり150円ほどという価格の安さが魅力のサービスです。

いまは2回の英会話レッスンを無料で試すことができるキャンペーン中です。月額を払って続けられるか不安な方でも、まずは無料で英会話レッスンを受けられます!DMM英会話の公式HPも見てみてくださいね!

海外の保育士求人を探すには?

海外の保育士求人を探すには、保育情報どっとこむという求人サイトへの登録は必須です。例えば中国エリアで月給30万円以上の日本人保育士の求人が出ています。

求人検索をする際に、下記の「海外」というボタンを押してもらえれば最新の海外求人を見ることができます。

登録した後に担当のコンサルタントの方とお電話でお話し、海外求人の可能性について聞くこともできます。ぜひご希望の条件や不安なことを伝えてくださいね!きっと力になってくれると思います。

海外求人についてエージェントに相談する方法も!

海外での求人はなかなか自力で探すのは難しいため、エージェントに相談して求人を探していく方法もあります。

下記の記事では海外就職に強いおすすめのエージェントをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

【失敗しない海外転職】おすすめのエージェント6選!選び方と活用方法をプロが解説

2017.10.20

まとめ:海外転職をする保育士は意外と多い。新たな経験を積むチャンス

海外で保育士を目指す際も、日系の幼稚園であれば日本で転職活動をするのとあまり変わりありません。

新たな経験を積んで保育士としてさらなるキャリアを歩めるチャンスなので、ぜひ一歩を踏み出していただければと思います。応援しております!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。