海外で保育士として働くことはできる?海外の幼稚園と求人情報

こんにちは、アジアマガジンです!

海外で保育士として働くことはできるのだろうか?と求人を検索している方も多くいると思います。

日本で保育士として長年働いてきて、海外就職に興味があるけど海外でも保育士として働きたい。でも求人ってあるの?

とお悩みの方もいるかもしれません。

実は、海外の保育士の求人は意外と多いです。

今回は海外の保育士の求人事情についてご紹介していきます!

海外で保育士をめざす。日本語のできる人を募集している園も多い

海外では日本人向けの保育士の求人が定期的に出されていることが多いです。

海外、特に在住日本人が多い国などでは日系保育園の数も多いです。駐在員家族の保育ニーズはとても高く、預けるなら日本人保育士のいる幼稚園と決めている方も多いです。

現在は日本のグローバル化を国全体で目指しているので、海外進出を積極的に目指す企業も多いので日経の保育園が増えてきています。

また、保育士は専門職であり、日本人でなければ務まらない仕事に部類されるためビザの取得もしやすいので安心して求人を出せるのです。

海外就職では、就労ビザの取得が難しい職種や業種も多いのですが保育士はどの国でも就労ビザが降りやすいのです!

海外の幼稚園に就職するには就労ビザ以外に資格が必要

 

海外の幼稚園に就職するには就労ビザ以外に保育士の資格が必要です。

現在日本の幼稚園で勤務されている方はみなさん保育士の資格を持っていると思いますが、海外の幼稚園に就職する場合には現地の保育士資格が必要な場合もあります。

ただ、日系で日本人の幼児のみを請け負う幼稚園の場合は日本で取得した保育士の資格のみで勤務することも可能です。

求人の情報をしっかりとみて、現地で資格を取得する必要があるかどうか?を見極めるようにしましょう。

募集の多い国はどこ?アメリカより中国の方が募集が多い

海外では幼稚園の求人は先進国での募集が圧倒的に多いです。

駐在員が多く派遣されている国では家族で移住している方も多く、その方達が利用する幼稚園も数多くあります。特にアメリカは在住する日本人も一番多いため、日系の幼稚園も多いので求人もよくみかけると思います。

ただ、最近では中国に進出する日本企業も増えていて中国での保育士の求人が急増しています。

中国だけでなくタイやベトナムでも日系幼稚園が増え始めていて、今後はアジアを中心に求人が増えていくでしょう。

語学や経験はどれくらい必要?日系なら資格があれば不問の場合もある

海外で就職するとなると一番気になるのは語学力ですよね。

保育士で必要な学力はピンからキリまであるのですが、日系の幼稚園の場合は語学力が不問の場合もあるのです。

日系の幼稚園は駐在員家族を対象としているので、日本人の親や日本人の子供と接することも多いので英語を使うことがありません。

なので日系の幼稚園の就職を目指すのであれば現時点では高い英語力は必要ありません。

ただ、海外就職をするのであれば語学力はあるにこしたことはありません。渡航先の語学を話せることで現地のインターナショナル幼稚園への転職を目指せますし生活の幅も広がります。

せっかく海外で保育士として働くのであれば、英語やその国の言語は働きながらでも勉強するという気持ちで取り組むようにしましょう。

海外転職で保育士になる人は意外と多い。新たな経験を積むチャンス

海外で保育士を目指すとなるとイメージがあまりわかないかもしれませんが、日系の幼稚園であれば日本で転職活動をするのとあまり変わりありません。

日系といえど、生活や仕事をしていく上で起こることは日本では経験することのないようなことばかりで、毎日が刺激的です。

新たな経験を積んで保育士としてさらなるキャリアを歩めるチャンスなので、ぜひ一歩を踏み出していただければと思います。

海外での求人はなかなか自力で探すのは難しいのでエージェントに相談して求人を探していくことがおすすめです。

こちらの記事では海外就職に強いおすすめんエージェントをご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください!

【現地採用向け】海外転職エージェントおすすめ4選!日本に住みながらアジア求人を探す方法とは?

2017.10.20

まずは無料で海外求人を

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントは業界No.1のリクルートエージェントです。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円のお仕事なら!
“ハイクラスの海外求人が多い”JACリクルートメントがおすすめ
JACはハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

30〜50代の方にとっては、質の高い転職サポートを受けられるエージェントです!