カンボジア人の日常生活ってどんな感じなの?大きく4つに分類してみました!

こんにちは、カンボジア在住管理栄養士のアヤです。今回はカンボジア人の日常についてご紹介したいと思います!

よく言われている事といえば、女性はよく働き賢い方が多いと言われています。真面目で働き者なんですね!そして男性と言えば…のんびりな方が多く、仕事もつい女性に任せてしまうなんてこともあります。もちろん全ての男性ではないですよ!!そのような文化の違いや特徴を知った上で私達外国人は接したほうが良いのかなと日々感じています。

それでは、これからカンボジア人の日常を探って見ましたのでレポートします。写真からカンボジア人の様子やのんびりした雰囲気が感じられると思います!・・(私が個人的に感じた感想です。)

一般企業でお仕事をされているカンボジア人

カンボジアの勤務時間は暑いこの地域ならではの環境に大きく左右されます。基本的にはAM8:00~PM5:00の勤務時間が多いですが、例えばAM6:00~PM4:00の勤務時間のところもあります。

これは日中の暑い時間帯の勤務を避け、休憩を取ったり、退勤時間を早めたりしているそうです。そのため、PM4:00~7:00までは帰宅ラッシュで道も混んでいます。

日系の企業だとAM8:00~PM5:00が多い傾向です。日本と勤務時間はさほど変わらないです。また、カンボジアの休日は土曜日、日曜日となっています。

ローカル-マーケットでお仕事をされているカンボジア人

ローカルマーケットの開いている時間帯はAM6:00~PM5:00ぐらいですが中には開店と閉店の時間が1時間ほど前後するお店もあります。

また、日中のAM11:00~PM3:00ぐらいまではマーケット内は暑いので、店員さんは涼んでいたり、お昼寝をしたりしています。(笑!)お客さんも少ないかと思います。

そのため、空いているので暑さに強い方は日中に買い物をするのはオススメですね!因みに私が初めてマーケットに買い物に行った時は30分ほどでダウンしてしまいました。やはり暑いですね!!熱中症にはお気をつけください。

トゥクトゥク、モトドップ、タクシーなどでお仕事をされているカンボジア人

基本的には自由な勤務時間になっているいるようです。決まりがなく、自営業のイメージです。だいたいAM6:00~PM9:00ぐらいまでは探さなくてもすぐに声をかけて乗れるかと思います。

その時間帯の前後は見つかりにくい傾向ですが全く乗れない訳ではないのでご安心ください。事前に「明日、AM5:00に空港に送ってよ!」とよく乗るトゥクトゥクの運転手に伝えておくと働いてくれるので大丈夫かと思います。ただ、ドタキャンもよくあることなのでご注意してくださいね!

仕事をしていないカンボジア人

カンボジアでは仕事をしていない方も多くいます。では日中何をしているの?!と思いますよね。実は、男性の方に多いのですが、ぶらぶら散歩をしていたり、お昼寝、仲間達とトランプやスポーツをして1日を過ごしています。

ではどうやって生計を立てているかというと、他家族と一緒に住んでいることが多く、他家族の収入で生活をしています。祖父母、父母、兄弟、父母の従兄弟などです。そうすると、働かずのんびりしていても生活ができるみたいですね!(羨ましい!)
カンボジアの発展を願うとそのような人が1人でも少なくなり働き手の多い活気あふれる街になってほしいなと感じます!

カンボジア人の性格や風習、生活リズムを知ることはさほど難しくはありません。気難しい人よりおおらかな人が多いなという印象です。以上、私が感じたカンボジア人の日常でした。

カンボジア就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

カンボジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。

アジアマガジン、LINE@

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。