車で国教を越えられる!?マレーシアとシンガポール!

こんにちは!ライターのアイユです。

「マレーシア」というと「ライオンの?」と高確率で間違われるシンガポールですが、マレーシアからはなんと、バスやタクシー、電車、自家用車、そしてバイクでも行き来をすることが出来ます!

週末にはシンガポールで働くマレーシア人が帰省したり、シンガポール人も生活用品などを安く買うためにマレーシアへ向かいます。また、買い物やプチ旅行でシンガポールへ遊びに行くマレーシア人もいて、非常に多くの人が行き交います。

今回は、私が実際に利用してみた、マレーシアのジョホールバルとシンガポール間の「バスでの移動」について、お伝えしていきます!

STEP1:マレーシア⇔シンガポールのチケットを購入

19965016_1219114668216516_1962189879_n

写真はシンガポールのバス停です。観光客も多くにぎわっていました。本数もたくさんあるので、待ち時間もそれほど負担にならず、便利です。

値段ですが、マレーシアからシンガポールへ行くときは3マレーシアリンギットで約100円、シンガポールからマレーシアへ行くときは3シンガポールドルで約300円となっています。

同じ数字ですが、単位が違うのです(笑)物価の差の表れとも言えますね。

購入したチケットはイミグレーション通過後、バスに再乗車する歳に必要となるので失くさないように注意しましょう!

STEP2:イミグレーションの通過

19904581_1219114638216519_1405090758_n

イミグレーションは写真のように綺麗でとても広いつくりになっています。バスには必ずといっていいほどの確率で、乗り馴れているローカルがいるので、着いていきましょう。

マレーシア人のゲートはとてもスムーズなのですが、やはり私たち外国人の列は非常に混雑しています。実際、私と他の観光客だけ時間がかかってしまい、バスに乗り遅れるという、とてもひやっとする経験がありました…

ですがバスの本数がたくさんあるので、仮に乗り遅れてしまった時でも同じ行き先のバスであれば、別のバスに乗る事も出来るのでご安心を!

イミグレーションでの検査を通過するため荷物も全て手元にあるので、同じバスの乗客が先に行ってしまっても気長に次のバスを待ちましょう。

STEP3:いよいよ到着!

19964739_1219114634883186_1727896674_n

バスから見る景色は、普段とはまた少し違うので、たのしみのひとつとも言えます。出発から出入国手続きも含めて、早くて1時間もあれば到着します。

イミグレーションの混雑や道路の渋滞状況によっては2時間、3時間になることも…現に私がバスを利用したのは土曜日だったので、2時間ほどかかってしまいました。

マレーシアから移動する選択肢はたくさんあります!

今回はマレーシアの発展都市ジョホールバルとシンガポール間の移動についてお話しました。クアラルンプールでの移動であれば飛行機はもちろん便利ですが、長距離バスや鉄道を利用すると5、6時間もあれば到着です。

お値段も安く、特に長距離バスはゆとりある作りになっています。リクライニングはもちろん、マッサージチェアになるバスやお弁当が出ることもあるので、案外バス旅も楽しめそうですね!

過去の記事『こんなに便利だった!マレーシアがアジア旅行のハブ!?』では、マレーシアの抜群のアクセスの良さについてお伝えしているので、ぜひご一読ください!

今後もマレーシアの様々な魅力をお伝えしていきますのでお楽しみに!
海外就職の手引、マレーシア、海外


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。