海外の豪邸に年収400万で住めるって本当?|バリ島の格安賃貸物件も!8月16日放送『世界の年収400マン』

海外の豪邸に年収400万で住めるって本当?

こんにちは!

海外就職ノウハウの発信から実際に海外転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

今回は20188月16日(木)に放送される『世界の年収400マン 年収400万円で手に入る!世界の豪邸SP』の内容について書いていきます!

番組公式HP
https://www.ctv.co.jp/nensyu400man-2018/

結論から言うと、海外の国で年収400万円あれば豪邸に住むことは可能です!

ただ、実際に日本人が海外移住するとなると現実的に難しいケースもあります。そのため、『もし日本人が海外移住したら豪邸に住めるのか』という点も一緒にお伝えしていきます。

まずは放送内容からお伝えしていきますね。

世界の年収400マンの放送内容を紹介!バリ島/フィンランド/モロッコ/ジョージア/キューバ/タヒチ島

今回の「世界の年収400マン 年収400万円で手に入る!世界の豪邸SP」の放送内容を公式HPから確認してみるとこんな感じになります。

①物価激安ビーチリゾート「インドネシア・バリ島」

アジアの人気観光地1位であるインドネシア・バリ島を訪れるのは、モデルの滝沢カレン。
バリ人の夫をもつ和田さんのご自宅を訪問。 運転手さん・お手伝いさん・プール・夜空を見ながらフラワーバスができる露天風呂付き1,000㎡4LLDKの豪邸とは一体!?訪問したお宅で滝沢カレンが振る舞う得意料理にも乞うご期待!
バリ島の激安賃貸物件情報も紹介します。
タカ「見ていて飽きない、めちゃくちゃ住みたい」、トシ「天国のようだ」、ギャル曽根「庭で鬼ごっこができる!お米が安くて助かる!」、渡辺直美「今すぐ住みたい!朝一プールに入りたい!」とそれぞれが大絶賛のバリ生活とは?

②世界一幸せで自然豊かな国「フィンランド」

フィンランドを訪れるのは、3児の父でありお金にうるさい杉村太蔵。
国連発表の世界幸福度ランキング1位(日本は54位)、労働時間は1日平均7時間程度で家族と過ごす時間を大切にしている国。
フィンランドではデザイン会社を経営する中井さんのご自宅へ。 サウナ付きバスルーム、ガーデニングが楽しめるバルコニーもある豪邸とは一体?番組では日本と全く異なる子育て支援や教育方法などにも迫ります。
これを聞けば、フィンランドが幸せな国であることに誰もが納得!

③地中海に面する美の国「モロッコ」

アフリカ大陸北西部に位置し、世界最大の砂漠・サハラ砂漠がある一方で、地中海に面し、美の国としても人気。
モロッコで大成功している日本料理店シェフ・古川さんに密着。日本に住んでいたころは年収300万円以下だったが、モロッコで生活は一変。 お城のような豪邸とは一体? リビング&ダイニングは200㎡と広すぎてローラースケートで滑って遊ぶこともできる!
ギャル曽根は「家でローラースケートで滑りたい!」とモロッコの豪邸を気に入った様子。博多大吉は「玄関50畳は設計ミス」だと言い出すほど家の広さには驚きです。

④大関・栃ノ心の実家を訪問!「ジョージア」

ジョージアのスーパーで焼きそばやカレーライスを売る丸山さんに密着。
転機はジョージア出身、角界のニコラス・ケイジとして有名な大関・栃ノ心の優勝パーティーだったという。急遽、大関・栃ノ心のご実家を訪問することに。
ぶどう園やワイナリーのある敷地面積1,500㎡の栃ノ心関のご実家とは一体?栃ノ心関のお部屋はどんな感じ?建設中の栃ノ心関の新しいお家やお値段も公開します!

⑤平均年収4万円!?カリブ海に浮かぶ島国・社会主義国「キューバ」

ナゾの多い社会主義国の取材に成功。キューバ人の大半が国家公務員で国からもらえる給料は職業別に決められているという。
キューバ人を夫にもつ吉田さんは日本食レストランや宿を経営。 世界遺産が一望できる豪邸とは一体?出産を機に日本への帰国も考えた吉田さんがキューバにとどまった理由とは?
最近、キューバの若者の間で日本の番組が大人気だというが、番組MC・タカアンドトシの知名度は!?

⑥フランスの最新医療で住んでも安心!フランス領のリゾート地「タヒチ島」

フランス人を夫にもつ林さんは子供2人と4人家族。
息子と毎日、海でシュノーケリングをして癒され、365日リゾート気分でスローライフを満喫中。
オーシャンビューが望める1,100㎡の広大なお庭がある豪邸とは一体?

番組では豪邸のみならず、各国の物価事情から税金、教育、外国人のビジネス展開など経済ジャーナリスト・荻原博子さんの解説も交えて分かりやすくお国事情をお伝えします。

引用:https://www.ctv.co.jp/nensyu400man-2018/

実際に日本人が海外移住して豪邸に住むことは可能なのか?

結論から言うと…

豪邸に住むことは可能ですがハードルが高いと理解しておきましょう!

豪邸に住むことが難しい理由は2つあります。

難しい理由

  1. 長期滞在するためにはビザが必要だから
  2. 移住できたとしても現地で400万円を稼げる人は多くないから

それでは一つずつ説明していきますね。

豪邸が難しい理由1|長期滞在するためにはビザが必要だから

基本的に海外ではビザ(その国に滞在しても良いという許可証)が必要になります。

そのビザの種類は厳密に言うと、国ごとにも変わってきますが、基本的には下記に該当する人がビザを取得することができます。

ビザが取得できる条件

  1. 海外就職/転職をする
  2. 海外起業する
  3. 投資家になる
  4. 現地の人と結婚する
  5. 留学
  6. ワーキングホリデー制度

ただ、ビザが取得できる条件は変動しやすいため、海外移住を考える際は最新の情報を収集するようにしましょう!

豪邸が難しい理由2|現地で年収400万円を稼げる人は多くないから

海外の豪邸に住むのが難しい2つ目の理由は、バリ島を含む東南アジアやリゾート地では、年収400万円を稼ぐことは難しいからです。

実際にバリ島で日本人が働いた場合の給与で考えてみると…

月給8〜10万円がもらえれば高い給与となります。

バリ島の給与水準に驚かれる方もいると思いますが、バリ島の物価水準から考えると普通です!

ちなみに、5つ星ホテルのマネージャーだと15万〜30万円もらえるかなーという感じです。

補足情報

バリ島求人の特徴としては主に観光産業がメインとなります。

具体的に言うと旅行代理店、ブライダル系(写真やプランナー)、ホテルのゲストリレーションやマネージャー、ダイビングインストラクターなどです。

ちなみに同じリゾート地として人気のセブ島も給与は基本的に低いです。

そのため、海外で400万万円を稼ぐのは基本的にハードルが高いことを頭に入れておきましょう。

’(欧米などの外資系企業に就職している方や、商社の駐在員として海外で暮らされている場合は別ですが…)


そのためこれらの2点から…

  1. 長期滞在するためにはビザが必要だから
  2. 現地で400万円を稼げる人は多くないから

日本人が海外の豪邸に住むことは基本的に難しいです!

ただ、豪邸まではいかなくても、海外移住では良い暮らしはできるのは本当です!

日本人が海外で年収400万円を稼ぎ、豪邸で暮らすことは難しいとお伝えさせていただきました。

ただ、豪邸まではいかなくても、東南アジアでしたら比較的に良い暮らしができるのは本当です!

理由としては、日本人が現地で就職してもらえる給与水準でも、十分良い生活ができるからです。

実際に先日放送されたTV番組ボンビーガール(マレーシア就職特集)の内容を振り返ってみると、下記の通り良い暮らしができると放送されていました。

放送内容

1人目のボンビーガール
・マレーシアの第二の都市ジョホールバルに移住
・移住資金ゼロ(→移住した時に財布に3万)
・ラーメン屋さんのエリアマネージャーとして勤務
・月収30万円/車支給
・家賃46000円で高級マンション(家具家電付き)
・貯金は月20万円以上できる

2人目のボンビーガール
・鉄板焼き屋のホールでの仕事
・プール月高級マンション
・家賃・光熱費・交通費(タクシー代)は会社負担
・給料:月14万円
・月10万円貯金できる
・週休2日

詳しく知りたい人は下のページから見てみてくださいね。

ボンビーガール|マレーシア・ジョホールバルの豪華生活は本当?プロがマレーシア就職や移住を成功させる方法も解説!

2018.08.06

もし…今すぐ『私って海外就職できる…?』という疑問を解決したい人は!

少しでも海外就職に興味があれば、海外就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

補足情報

もしボンビーガールで特集されたマレーシアに特化した転職エージェントを知りたい方は、下記の記事を見てみてくださいね。

>>マレーシア・クアラルンプールの転職エージェント7選をオススメ!海外転職エージェント活用5つのポイント解説!

おわりに|海外移住は良いコトばかりではないが、国によっては良い暮らしはできる!

よく「テレビで良い生活ができるので、海外就職をしたいと思い…」とアジアマガジンにご連絡をくださる人も最近は多いです。

ただ、結論から言うと海外移住や海外就職は良いことだけではありません!もちろん、国が違うので日本とは全く文化も違います。

そのため、しっかりその国が自分に合っているのかということを知るためにも、まずは現地に行ってみることをおすすめします。

もし国内にいながら海外就職の可能性を知りたいという人は、海外就職に強い転職エージェントに、まずは無料で相談してみることもアリです。

アジアマガジンはあなたの海外就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。