ミャンマー就職方法|プロが教える日本人が移住する時の仕事/求人探し

こんにちは!

海外就職ノウハウの発信から実際に転職のサポートまで行っているアジアマガジンです。

ミャンマーに就職/転職したいと思っても…

「そもそもミャンマー就職って何から始めたらいいの?」

と悩みますよね。

海外就職ってネットで検索してもか情報がたくさんあって・・・

何が本当に必要な情報なのかってわかないですよね…

そんなお悩みを解決するために、

年間1000人ペースで海外就職の問い合わせを頂いているアジアマガジンが、

ミャンマー就職に必要な知識や情報を全部お伝えします!

私でも、ミャンマーに就職できますかね・・・

それぞれのご状況にあった就職/転職方法があるので安心してくださいね。

はじめに、ミャンマー就職を考えた時に登録しておきたい転職エージェントを紹介

「今すぐ、ミャンマー就職に向けて動き出したい!」という人もいると思うので、

ミャンマー就職を考え始めたら、まず登録しておきたい大手転職エージェントを紹介します!

ミャンマー就職を考え始めたら、すぐにミャンマー現地の転職エージェントではなく、あえて、日本にも拠点がある、且つ、世界各国の求人を扱っている大手転職エージェントに登録をするべきです。

ミャンマー就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

実はそうなんです!しっかり選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手にまず登録するべき理由

1.海外就職全般の傾向や給与の相場感を掴むため

2.転職のプロから見て他の国の方が活躍ができる場合もあるため

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、現地に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、海外就職の成功のカギです。

おすすめ大手転職エージェント

 

▼大卒以上、キャリアに自信のある方は….
JACリクルートメントハイクラスの海外求人に強みを持つ

 

▼学歴、キャリアに自信がない方は…
リクルートエージェント求人数に強みを持つ

 

この2つのエージェントは、実績が豊富で求人数が圧倒的に多いので、ミャンマー問わず就職を考える方におすすめの転職エージェントです。

ミャンマー就職でJACとリクルートがオススメなんですね!

はい!まずは2社のうちいずれかは登録しておくべきです!

それではこれから順を追ってご説明していきますね。

今、ミャンマー就職が難しい理由

まず最初になぜミャンマー就職が難しいのかという点からお伝えさせていただきますね。

ミャンマーに進出している日系企業が圧倒的に少ないからです

2017年の外務省のデータによると、ミャンマーにある日系企業の数は企業数:351社になります。そして、ミャンマーに滞在している日本人の数は2,315人となっております。(参照:https://www.jetro.go.jp/world/asia/mm/basic_01.html

これは、タイの日系企業数1,748社、タイに滞在している日本人70,337人と比べると、ミャンマーへ進出している日系企業の数や滞在している日本人が少ないことがわかります。(参照:https://www.jetro.go.jp/world/asia/th/basic_01.html

【ミャンマーの駐在情報】現地で生活する日本人が少ないのは本当?

2018.03.04
アジアマガジンめも!

基本的に、日本人が海外で働く場合、「海外に進出している日系企業」になります。そのため、進出している日系企業が少ない=就職先が少ないとなり、ミャンマーで日本人が働くのは難しくなっています。

ミャンマー就職/移住を実現させる3つの方法

ここでは、実際にミャンマー就職をした人がたちが、どのような方法・経路でミャンマーでの転職活動を成功させたのかとう点で考えていきますね。ミャンマー就職を果たした人の方法や経緯をまとめると、だいたい下記の3つに分けられます。

ミャンマー就職の3つ方法

1.自分の人脈を使ってミャンマー就職する

(もしくは現地で日本人経営者に連絡をしてみるなど…)

2.現職の駐在員としてミャンマーに行く

3.ミャンマーに特化した転職エージェント・求人サイトを使う

1と2は難しそうですね、、、、

そうですね、少しハードルは高いかもしれませんが、本気で考えていらっしゃるようでしたら、1の現地の日本人経営者に片っ端から会いまくるのもありかと思いますよ!

ただ、1を選択される場合でも、まずはミャンマーにどんな求人があるかは事前に見ておくべきです。

そういった意味でも、まずは、3のミャンマーに特化した転職エージェント・求人サイトに登録するのがおすすめです。

すぐにでもミャンマーに特化した転職エージェント・求人サイトを考えたい方は、下の記事を見てみてくださいね。

ミャンマーの転職エージェント7選をオススメ!海外転職エージェント活用5つのポイント解説!

2017.05.28

ミャンマー就職/移住をする際に考えたい3つのステップ

ミャンマー就職するための具体的な方法は把握できたので、次は基本的なミャンマー就職情報が知りたいです!

そうですね!それでは3つのステップに分けてご紹介していきますね。

実際、ネットで検索してみると多くの情報が出てきます。本当に知りたい情報にたどり着けない方が多いです。そのため、シンプルに知っておくべき情報を3つのステップに分けると、1番わかりやすいんです!

ミャンマー就職の3つのステップ

【ステップ1】ミャンマー現地の情報を徹底的に知る

【ステップ2】海外就職した人の事例を知る

【ステップ3】ミャンマー就職・求人の動向を掴む

なるほど!シンプルに上記の3つを順番に調べていくべきなんですね!

はい!この3つが明確になれば、あとは行動あるのみ!です!

ここからは、ミャンマー就職する際に必要な情報を全てまとめました。これを読めば、ミャンマーがどんな国で、どんな暮らしができて、どんな人が働いていて、どんな仕事があって、、、、など全てわかります。

【ステップ1】ミャンマーの現地情報を徹底的に知る

まず、はじめにミャンマー現地の情報を知ることから始めるんですね。

はい!というのも、大前提に自分がミャンマーで本当に暮らしていけるのか?暮らしていきたいのか?を判断する必要があるからです!

それでは、見ていきましょう!

ミャンマーの基本情報について

「そもそもミャンマーがアジアのどこに位置しているのか」正確に知らない方もいるのではないでしょうか?

まずは国としてミャンマーの概況を掴んでおきましょう。まあ、最低限、どんな国かくらいは知っておかないと。基本情報だけまとめます!まず場所はココです!

%e3%83%9f%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%80%80%e5%a0%b4%e6%89%80

ミャンマーの基本情報!

国名 ミャンマー連邦共和国
面積 67万6,578平方キロメートル(日本の1.8倍)
人口 5,148万人(2015年5月29日発表、出所:ミャンマー入国管理・人口省暫定発表)
首都 ネーピードー
言語 ミャンマー語、シャン語、カレン語、英語
宗教 仏教(89.4%)、キリスト教(4.9%)、イスラム教(3.9%)、ヒンドゥー教(0.5%)など

ミャンマーの首都は?

皆さんはミャンマーの首都はわかりますか??
「ヤンゴン」でしょ!!と思う方が多くいると思いますが、実は2006年にヤンゴンからネーピードーという都市に遷都しました。理由は諸説ありますが、「占いの結果」でしたり、軍事的な理由が背景にあると言われています。
ネーピードーが首都ですが、まだ政府機関や役人が泊まる施設などが中心だそうで、都市としての機能はヤンゴンが持っているようです。

burma-1680917_1920

また、ミャンマーといえばなんといっても、バガン遺跡ではないでしょうか。
カンボジアのアンコール遺跡、インドネシアのボロブドゥール遺跡と並ぶ、世界第三仏教遺跡の一つです。
ミャンマーは金色の寺院が沢山あり、天気のいい日はそれがまぶしいほど、輝いています。

bagan-1577961_1920

ミャンマーの生活費の相場、平均給与は?

まずは、家賃ですがヤンゴンの中心街などは5万円するそうで、結構割高です。。
食事面に関しましては、ローカルフードでしたら、100円~200円を出せば、美味しいヌードルが食べることができ、安く抑えることができます。ただ、野菜や日本食を食べようとすると高くついてしまいます。

ミャンマーで安いもので有名なのが、携帯代と美容室代です。
携帯電話は月々1000円からで、美容室も200円から300円程です。また、値段は日本と変わらなくなってしまいますが、美容室は日本人向けのものもあり、駐在妻には人気なようです。

【ミャンマーの平均年収/賃金】日本人現地採用の給与額を解説!

2018.02.14

ミャンマーの治安は?

ミャンマーの治安は比較的に安全です。やはり日本と比べてしまうと、アジア諸国は治安がとても良いですとは言いきることはできませんが、実際に暮らしている日本人が多くいるという点は、安心できる材料になるのではないでしょうか。

ミャンマー現地で暮らす日本人のリアルを知ろう

正直なところ、ミャンマー現地の情報は、自分自身でミャンマーに行くことが1番良いです!

ただ、やはり現実的に難しい面もあるので、ここでミャンマー現地で暮らしている人のブログをチェックすのもおすすめです。下記の記事から、実際にミャンマーで生活している人のリアルな情報を収集してみてはいかがでしょうか?

【ミャンマー在住の日本人ブログ5選】ミャンマーの暮らしを知る!

2017.02.16

【ステップ2】海外就職/移住した人の事例を知る

ミャンマーの現地情報が把握できたら、次は実際の事例を見ていくんですね。

そうですね!実際の事例から自分自身が本当に海外就職したいかを考えるべきです!

海外就職を考え始めたきっかけ

アジアマガジンに相談をしてくださった方の海外就職活動を始めたきっかけを少しだけまとめみました!

学生時代に留学などをして、勉強した英語をどんどん忘れていくのが悔しくて・・・

(店舗販売員/大卒・23歳女性)

仕事で海外に関わることが多く、一通り仕事はやりきったので海外にチャレンジしたい

(貿易会社勤務/大卒・34歳女性)

新卒で入ったばかりだけど、やっぱり海外に行きたいので、未経験OKなところから働きたい

(外資系メーカー勤務/大卒・22歳男性)

いろいろな理由があってがいいんですね!

みなさん、様々な海外就職への思いがありますよ!

もっと詳しく事例を知りたい方は下のインタビュー記事も見てはいかがでしょうか?

『アジアに就職するリアル』100人以上のアジアで働く人にインタビュー

2017.06.24

海外勤務後のキャリアは?

現地採用で就職された方の選択肢としては下記の4つがあるかと思います。

海外就職のその後の選択

1.就職した会社で働きづづける(本社が日本にある場合は、本社採用に切り替え)

2.その国の中で転職する

3.他の国に転職する

4.日本に戻ってきて転職する

ちなみに、将来的に「絶対ミャンマーで働き続ける」や「絶対3年後に日本に戻る」と決めている人もいますし、「まずは3年間働いてみる」といった人まで幅広くいます。

3年後のキャリアのために、海外勤務中に意識するべきこと

上の4つからどの道を選ぶにしろ、直近の海外就職をするうえで大事にしたいポイントをまとめてみました。

海外勤務中に意識するべきこと

1.語学力を磨くこと

2.ミャンマーのスペシャリストになること

3.マネジメント経験を積むこと

この3点を意識していれば、海外勤務後に日本に戻った時、他の国で働く時も、評価されるという視点でまとめみました。

1.語学力を磨くこと

あたりまえのことですが、企業によっては業務が全て日本語で行われる企業もあったりするので、自分自身でしっかり語学力を伸ばすという意識は重要です。

2.ミャンマーのスペシャリストになること

意識次第でできるのではないでしょうか?これは、ミャンマーのスペシャリストになれる=順応力があるとも評価されるはずです。

3.マネジメント経験を積むこと

職種によっては難しい場合があります。ただ、海外の場合(特にアジアは)、日本よりマネジメント経験を積める機会が多いことは確かなので、マネジメント経験を積むこともしっかり意識していきましょう。

【ステップ3】ミャンマー就職/求人の動向を掴む

次は最後のステップですね!

はい!ここからは具体的に就職情報について見ていきましょう!

どんな人がミャンマー就職ができるのか?

下記の4つが揃っていると、比較的にミャンマー就職の可能性の幅が広がります。

ミャンマーで働ける可能性が高い人の条件

1.学歴は大卒以上

2.職歴が3年以上

3.日常会話レベルの英語力

4.ミャンマーでの長期滞在経験

ただ、上記の条件が絶対ではないです。理由としては、日本人を募集している企業によって、まったく条件が違うからです。よく就労ビザの要件の問題上で、学歴や職歴はある程度チェックされる傾向が強いですが、あくまでも傾向なので、絶対ではありません。

そのため、学歴、職歴、英語力などに自信が無い人も、まずは多くの求人情報を集めるべきです。実例として、職歴がない新卒の人や、英語が全く話せない人も、ミャンマーに就職している人がいます。

なるほど!学歴、職歴、英語力が無くても、ミャンマー就職ができる可能性があるということですね!

はい!企業によって募集内容が全く違うので、まずは転職エージェントを上手く利用して、求人情報を多く見ていくことが重要です!

ミャンマーの転職エージェント7選をオススメ!海外転職エージェント活用5つのポイント解説!

2017.05.28

ミャンマーの日本人向け求人は、どんな仕事がある?

まずミャンマーの経済全体を見てみましょう!ミャンマーは2011年に軍事政権から脱却し、民主化された背景があり、今、急速に経済が成長しています。とはいえ、またインフラの整備などの段階であるこは変わりはありませんが、今後とても成長が期待されています。実際に、ここ最近でも中国などからの大型投資が話題になりました。

日系企業のミャンマー進出も多くなってきています。実際の業界としては、金融・貿易・工業建設・通信・流通など多岐にわたり、職種としては営業や工場管理などが挙げられると思います。

日本人が働くための就労ビザの取得要件などは??

ミャンマーで働くためにはビジネス査証と労働雇用許可が必要になります。
基本的には、入国管理局で在留許可を取得した上で、労働雇用許可を取得する流れになっています。事前に労働雇用許可を取っていなくてもビジネス査証を取得していれば、ミャンマーで手続きが可能です。その際、働く会社側と相談してビザのスケジュール感を共有しておく方がベターです。

※詳細と最新情報に関しては大使館などの専門機関にご確認ください。

日本の転職活動との違いは?

特筆するべき点としては、1回のSkype面接で内定が出る場合があること。さらに早ければ応募してから2〜3週間で内定が出るということがあります。この点は日本の転職活動と大きく違うと、理解していただけるのではないでしょうか。

もちろん、Skype面接などで、日本にいながら転職活動を進めることが可能ですが、本気でミャンマー就職を考えている方は、ミャンマー現地に行って、肌で雰囲気を感じてみることをお勧めします。

また、現地で直接面接を受けた方が、先方にも本気度が伝わり、より選考が通りやすくなる傾向もあります。

現地採用でミャンマーに海外就職することになったら

ここまで長く書いてきましたが、ミャンマー就職が決まれば、あとは渡航前の手続きをするだけですね。

ミャンマーへの渡航準備として気を付けることは、ビザ発行の書類を準備することです。卒業証明証などを発行する場合は、渡航直前では間に合わないこともあります。しっかり確認しましょう。基本的には就職が決まった企業の採用担当者と密に連絡を取っておけば安心です。

よくある質問としては「日本の住民票などをどうしておくか?」です。その点に関しては、役所で海外への転出届を出される方が多いです。

まとめ|まずはミャンマー就職/移住のために現地情報や求人情報を収集しよう

この記事ではミャンマーに就職する方法をメインテーマに、「ミャンマーで働ける人の条件」「実際にミャンマーに就職した人はどうしていたのか」「ミャンマー就職・求人の動向」の観点でお伝えさせていただきました。

少しでも、皆さんにとって「どんな情報を今後収集していくべきなのか」「次はどんな行動をするべきなのか」といった点が明確になっていると幸いです。そのような点が明確になれば、あとは行動するだけで、行動したからこそ、わかってくることもあるかと思います。アジアマガジンでは本気で海外就職を考えている方を応援しています。

ミャンマーの転職エージェント7選をオススメ!海外転職エージェント活用5つのポイント解説!

2017.05.28

ミャンマー就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

ミャンマーで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ミャンマーの現地採用についての記事を見たとご連絡ください!
丁寧にご説明させていただきますね。

ご年齢 (必須)

アジアマガジン、LINE@

おもしろいと思ったら、SNSでもシェア!

まずは無料で海外求人を

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントは業界No.1のリクルートエージェントです。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円のお仕事なら!
“ハイクラスの海外求人が多い”JACリクルートメントがおすすめ
JACはハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

30〜50代の方にとっては、質の高い転職サポートを受けられるエージェントです!