【シンガポール転職】求人サイトを最大限活用するための全知識|プロが事前に注意すべき点を解説

シンガポール求人

シンガポールのお仕事を求人サイトでお探しですか?

ここでは求人サイトを使う前に知っておきたい、シンガポール求人の探し方や特長をお伝えします!失敗を防ぐためにもぜひチェックしてみてくださいね!

この記事では下記の点をお伝えしていきます。

シンガポール求人の募集要項で注意するべき点

最初に転職サイトでシンガポール求人を見る際に注意したい点をまとめてみました。

1.S$とSGDの意味と相場を知っておく

シンガポールの求人サイトにも年収や給与が書いてありますが、表記にS$やSGDが使われています。例えば月給でS$3000〜4000など書いてますね。2018年6月現在は1シンガポールドルが81円ほどなので、S$3000〜4000の場合は、日本円で月給243,000〜324,000円ほどになりますね。

これを米ドルと同じような感覚で「大体100円くらいでしょ!」と思っていると、2割ほど低いと感じてしまいます。事前にシンガポールドルの相場を知っておきましょう!

参考サイト:シンガポール・ドルを日本円(JPY)に計算

2.シンガポール市内の主要エリアを知っておく

シンガポール市内の勤務エリアとしては大きく6つに分けられます。シティー、セントラル、ウェスト、イースト、ノース、サウス・ベイです。それでは1つずつ紹介していきますね。

シティー・セントラル

シティホール駅の周辺や、オーチャードなどのあたりで中心地になります。ビジネス街でもあり、日本人にとっても人気ですが、当然家賃は高いです。働くのはここでも良いですが、住む場所は一般的には厳しいです。

ウエスト

日本人の住むエリアとしては一番人気で費用も妥当なレベルです。日本人学校やスーパーなどもあるので、安心ですね。

イースト

シンガポールの空港(チャンギ空港)からアクセスしやすいエリアです。中心地で働いて生活するには、少し外食するための飲食店などは少ない印象です。

ノース

シティ・セントラルから車だと約10〜20分程度とアクセスしやすいです。日本人はあまり多くないのですが、ローカルの方々が多く住んでいるエリアになります。

サウスベイ

新しいマンションが多くできています。公園も計画的につくられているので、お子様のいる家族での生活には良いエリアです。

3.手取りの計算と所得税がどのくらい引かれるかを知っておく

シンガポールの個人向けの税金は所得税のみです。日本のような細かな税金の種類(住民税・地方税・復興税など)はありません。累進課税方式なのは一緒なのですが、シンガポールでは年収に関わる所得税は22%が上限となっています。

日本の所得税では年収1800万円を超えると引かれる税金額は50%ほどになってしまいます。年収2000万円でも手取りでは年間1000万円しか残らないことになります。

シンガポールの場合は最大でも所得税22%なので、年収2000万円だとすると手取りでは年間1560円となります。日本よりも560万円も多く手取りが残ることになります。高所得者ほどメリットは高いです。

最新のシンガポールの所得税率についてはシンガポールの国税庁のサイトにて確認してくださいね。

シンガポール求人についてよくあるQ&A4選

ここではシンガポール求人についてよくある質問に答えてみました!

Q1.ビザサポートのあるシンガポール求人ってあるの?

基本的に9割以上のシンガポール求人にはビザ取得をサポートしてくれる求人です。理由としては、就労ビザは雇用する企業側がシンガポール政府に対して申請するものだからです。

実際に雇用する企業側をターゲットとして就労ビザ申請をサポートする業者があるくらいです。そのため、採用決定=就労ビザ申請のサポートをしてくれるという理解でOKです。

Q2.そもそもシンガポール求人の平均年収や相場は?

日本人の現地採用の場合は3,000~5,500ドル(31〜57万円)が相場です。もちろん経験やスキルに応じて変動します。経済が伸びているので、入社してから実績を出していければ昇給は見込めます。

Q3.未経験や新卒OKのシンガポール求人はある?

未経験や新卒OK!のシンガポール求人は少ないです。全体の傾向として、シンガポールの就労ビザの発行条件で3〜5年ほど職務経歴が求められるからです。

ただ、業種や業界によって就労ビザの要件が緩和されている業界などもあったりするので、まずはその時その時に出ている求人情報を見てみることをおすすめします。

Q4.シンガポールの英語不要や英語力不問の求人はあるの?

シンガポール求人で英語不要や語学量不問の求人はほとんど無いです。シンガポールはアジアの中でも就職の際に高い英語力(もしくは中国語)が求められると理解しておきましょう。例外的に、日本の飲食店やレストランの場合は、高い英語力が求めれない場合が稀にあります。

→関連記事:【シンガポール求人】飲食業界にチャレンジしませんか?学歴・語学力不問でキャリアを積める!

シンガポールで英語力不問の求人があればラッキーというくらいの感覚が良いかもしれません!

そもそもシンガポール転職できる条件は?英語力や海外経験は必要なのか?

シンガポール転職には基本的に4つの条件に一定のレベルが求められます。

重要な4つの条件

  1. 若い方が有利
  2. 一定レベル以上の大学卒
  3. 最低でもTOEIC700点以上
  4. 「何ができるか」も重要

シンガポール就職では経歴がとても重視されます。特に、学歴と年齢は重視され、その次に英語力や職歴に重きが置かれます。それでは一つずつ説明していきますね。

(1)年齢:若い方が有利

若ければ若いほどシンガポール就職では有利です。もちろん、年齢に応じた職務経験も重視されますが、特に年齢は重要になってきます。また、年齢が30代以上では基本的にマネージメント経験の有無が求められることを覚えておきましょう。

(2)学歴:一定レベル以上の大学

アジアでの就職は4年制の大学を卒業していればOKな国が多いですが…シンガポールの場合は、4年制の大学の中でも「どの大学」を出ているかが重要になってきます。特に大学の偏差値の高さや規模の大きさなどが見られる傾向があります。

(3)英語力:最低でもTOEIC700点以上

シンガポール就職は最低でもTOEICが700点以上ないと厳しいです。シンガポールは世界中のグローバル企業が集まっていることもあり、他のアジアの国と比べると求められる英語力が違います。

(4)職歴:「何ができるか」も重要

やはり、英語力だけあっても、高く評価はされません。希望の職種につきたければ、「何ができるか」が重要になってきます。シンガポール就職に限ったことではありませんが、日本人が海外就職する際は「日本の商習慣」を身に着けているかがも重要です。


 

これらの4つの条件がクリアできれば、シンガポール就職ができる可能性が高いです。ただ知っておいて欲しいのは、上記の年齢、学歴、英語力、職歴は絶対的な基準ではなく、あくまでも傾向ということです。

つまり、就労ビザは雇用する側の企業がシンガポール政府に申請するものなので、企業とシンガポール政府の関係性によってビザの取得のしやすさが変わってきます。

そのため、上記の条件に当てはまらない方でも応募する企業によってはシンガポール就職が可能なケースがあります。経歴に自信が無くても、諦める必要はないので、まずは積極的に情報収集をしていくことから始めましょう。

今すぐ『私ってシンガポール就職できる…?』という疑問を解決したい人は…

「すぐ、自分の状況でもシンガポール就職ができるかどうか知りたい!」という人は、シンガポール就職をサポートしている会社(転職エージェント)への相談が効率的です。

少しでもシンガポール就職の可能性を知りたい人は、あなたの状況や希望を聞いたうえでシンガポール就職の可能性を教えてくれるエージェントを利用しましょう。

おすすめ転職エージェント

 

◎全ての人におすすめ!
リクルートエージェント|日本人利用者No.1エージェント

 

◎大卒以上で職歴に自信のある方は
JACリクルートメント|年収600万〜1,200万円の海外求人が豊富

 

ポイントは、すぐにシンガポール現地の転職エージェントではなく、日本拠点があり、海外求人を扱っている大手転職エージェントに登録するという点です。

あえて大手エージェントに登録する理由

1.海外就職全般の傾向や給与の相場感を掴むため

2.選択肢を広げるため(実際に最初の希望とは違う国に就職した人も多いです)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、現地に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、海外就職の成功のカギです。

これらは業界大手ならではの転職ノウハウもあるので、シンガポール転職を考え始めたら絶対に登録しておくべきエージェントです。

シンガポール求人の多い業種職種は?特徴を解説!

ここではシンガポール求人の特徴についてお伝えしてきます。

シンガポールの日本人向け求人は、どんな業種/仕事がある?

求人が多い業界は主に、貿易業・物流業・金融業で、最近は観光・サービス業の求人も増えています。職種としては多岐にわたりますが、営業・事務などが比較的に多いです。

また意外に思われるかもしれませんが、工業国として顔も持ち、エレクトロニクス産業、航空関連、バイオ・医薬品・医療関連などの産業も非常に盛んで輸出産業となっています。

シンガポールで人気の金融求人の給与は?

結論から言うとシンガポールの金融求人の給与は、月給約29万円〜50万円(シンガポールドル3,500〜6,000)が多いです。「あれ、意外に安い?」と思われた方もいるのではないでしょうか?

シンガポールの金融求人は、営業だけでなく、法務コンプライアンス、秘書、窓口対応と様々あります。そのため、メンバークラス(管理職ではない)ポジションはそこまで給与が高くない場合があります。

ただ、もちろんキャリアを積まれていて、マネージャークラスや、エグゼクティブ対応の方だと、年収800〜1000万円の求人もあります。

シンガポールの金融業界と一口に言っても、銀行だけでなく、リース会社、ヘッジファンド、M&Aといったように様々あるので、業種によっても変わってくることが特徴的です。

シンガポールの飲食やホテルの接客求人はある?

シンガポールには飲食やホテルの求人はあります。ホテル求人に関しては、ビジネスレベルの英語力が求められることと、グレードの高いホテル勤務を希望している場合は、ホテルでの実務経験が必須になってきます。

一方で飲食求人は、高い英語力を求めていない求人もあります。ただ、料理人などはその分スキルや経験が求められることも覚えておきましょう。

シンガポールの教育や日本語教師の求人はある?

シンガポールには日本語教師の求人は少ないです。理由としては、日本語を教わる側の需要がそこまで高くないからです。

もっと具体的に言うと…、シンガポールには、日本語を勉強して日本に外国人実習生として行きたい人が少ないからです。もし日本語教師での海外転職を考えられているようでしたら、タイ、ベトナム、カンボジア辺りが多いです。

賢くシンガポール転職を進める方法

ここで実際にシンガポール求人に応募をする前に、シンガポール転職を成功させるコツをお伝えしていきます。

「選択肢を広げる時期」と「応募をする時期」を分ける

シンガポールに限らず、海外求人を探す際に「時期」を分けることは重要です。

まずは「選択肢を広げる」

たくさんの求人情報を見ることが大事です。こんな仕事もあるんだ!という情報をたくさん集めていきましょう。具体的にはシンガポールに特化したサイトだけではなく、日本国内のリクナビNEXTなどの求人サイトも登録しておくのも手です。

次に「応募をする時期」に移ります

ここでは頭を切り替えて頂き、できるだけ絞って応募をしていくことが大事です。たくさん応募をしていくと管理も大変ですし、無駄な時間を過ごすことになります。自分の希望条件を明確にしておくことを心がけましょう。

応募をする時期には、転職の専門家であるエージェントさんを無料で活用し、相談に乗ってもらいましょう。カンボジアであればリクルートエージェントdodaがオススメです。

オファー型の求人サイトにも登録しておく

自分で探せる範囲でシンガポール求人を探すのも良いのですが、ある程度ご経歴がある方であればオファーを待つのも有効な方法です。

ヘッドハンターや企業の経営陣から、非公開求人のスカウトメールが来ることもあります。時間をかけて良い求人を見つけていきたいのであれば、ビズリーチなどのオファー型の求人サイトにも登録をシていきましょう。

もちろんオファーは断ることもできるので、興味ない企業には返信する必要もありません。最初に一度、経歴を登録しておくことは長期的に良いキャリアを作っていく最初のステップになります。

まとめ|求人サイトを最大限活用するための全知識でシンガポール転職を成功させよう

今回はシンガポール求人を探す前に知っておきたい事前知識や、求人情報の探し方についてご紹介しました。

良いシンガポール求人を逃さないためにも、ぜひ日本で大手と言われている求人サイトや転職エージェントには登録をしておくことがオススメです。

アジアマガジンのおすすめ!

【1】キャリアアップ・年収アップしたい人

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    特徴:登録して待つだけでスカウトがくる
    公式HP:https://www.bizreach.jp/

【2】未経験&語学力に自信がない人

  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:日本人利用者No.1エージェント
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代の若手向け
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/
  3. 『doda』
    特徴:転職サポートが手厚い
    公式HP:https://doda.jp/

【番外編】日本国内の外資系企業への転職

  1. 『ロバートウォルターズ』
    特徴:国内の外資系企業に特化
    公式HP:https://www.robertwalters.co.jp/

あなた自身のシンガポール就職の可能性を知るためにも、ぜひ幅広いシンガポール求人を見てみてくださいね。この無料登録すら後回しにすると、シンガポール就職のチャンスを逃してしまいます。

アジアマガジンはあなたのシンガポール就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。