【シンガポール就職の就労ビザ申請】確認したい入手条件や提出書類

東南アジアの中でも経済成長が著しく進み、世界で一番物価が高い国と言われているシンガポール。

旅行をきっかけにシンガポールに興味を持ち、働いてみたいと感じている方もいるのではないでしょうか?

ただ、海外で働く以上気になるのは就労ビザの問題ですよね。

そして、

シンガポールの就労ビザは年々取得が難しくなっています。

今回はシンガポールの就労ビザの現状と取得に必要な手続きについてご紹介します!

就労ビザの種類を解説!シンガポールで働くために取得するべきパスは?

シンガポールで働くには就労ビザの取得が必要です。

シンガポールの就労ビザは2種類ありそれぞれ取得条件が違います。

ではその2種類について解説していきます!

エンプロイメントパス(EP)

就労ビザのうち、マネジメントレベルの方や高いポジションにつく方が取得するのがエンプロイメントパス(EP)です。

こちらは条件がかなり厳しく

・月額固定給与が$3,600以上

・大卒以上の学歴

・マネジメントまたは専門性の高いポジションでの内定が出ていること

の3つ全てに該当する人でないと取得できません。

シンガポール現地で起業を目指している方もこちらの就労ビザを取得する必要があります。

Sパス

取得条件の難易度が高いEPに比べて取得しやすいよう設定されているのがSパスです。

こちらのビザは

・月額固定給与が$2,200以上

・大学もしくは短大、専門学校卒業

の両方に該当する方が対象です。

ビザ取得のためには何が必要?大使館での申請方法や許可される条件について解説

就労ビザには種類があることがわかりました。

ではビザ取得するにはどのような手続きが必要になるでしょうか?

必ず必要な物

シンガポールの就労ビザを取得するには当たり前ですがパスポートが必要です。

Sパスの場合は有効期限が最低7ヶ月必要なのでパスポートの期限は把握しておくべきです。

できればあったほうがいいもの

近年、シンガポールの就労ビザの審査が厳しくなっています。

本来必要なものはパスポートだけですがスムーズに審査に通るために英文の卒業証明書があった方がいいです。

また、就労ビザはオンラインでも申請ができますがその場合は卒業証明書は必須です。

シンガポールの就労ビザは取得が厳しい傾向に | 現地日系企業も就労許可を得るのに苦戦している

シンガポールでは年々就労ビザの取得が厳しくなってきていると言われています。

実際、EP取得の条件も2017年から厳しくなりました。

なぜ厳しくなっているのでしょうか?

2013年から自国の雇用を優先するように

シンガポールは2013年まで特に規制もなく、外国人労働者を受け入れ続けていました。

しかし、2013年以降自国の労働者の雇用を守るために就労ビザの条件を厳しくするようになりました。

シンガポールは国の面積のわりに多くの人々が住むようになったため自国の雇用を守るようになったと言われています。

就労ビザが許可されやすい基準は?

EPには許可されやすい基準があると言われています。

大卒の中でも、偏差値の高い大学出身の人の方が許可されやすく年齢が若いほど最低給料の3,600ドルでも許可が降りやすい傾向があるようです。

反対に、年齢があまり若くない人は4,000ドルほどの給料でないと許可されないこともあると言われています。

なお、自分の経歴でEPが降りるかどうかはMOMが所轄する以下のサイトにて、確認することが可能です。

http://sat.mom.gov.sg/satservlet

間違ってもビザ取得前に勤務しないように!

シンガポールの就労ビザは取得が厳しい上に審査に時間がかかります。

ただ、就労ビザを取得前に働くのは絶対にNGです。

就労ビザを取得前に働いていることがばれてしまうと、就労違反となり日本へ強制送還されてしまいます。

就職先の企業と相談し就労ビザの取得・更新は必ず行うようにしましょう。

シンガポールに就職するならビザの情報や申請条件をあらかじめ調べることが大切

シンガポール就職を目指すのであれば避けることはできないビザの申請。

申請内容や方法も難しいので企業側に頼ってしまいがちですが自分でも就労ビザの情報は調べていくことが大切です。

また、就労ビザの条件も頻繁に更新されるので常に最新の条件を確認するようにしましょう!

シンガポール就職についてさらに興味がわいた方はこちらの記事を参考にしてみてください!

シンガポール就職/生活は難しい?求人情報や学歴/ビザ条件を海外転職のプロが解説

2017.10.29

シンガポール就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

シンガポールで働くための相談に無料でのっています。

実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。

SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。

アジアマガジン、LINE@

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。