【フィリピンコールセンターの求人情報】日本語だけで就職できるのか

こんにちは、アジアマガジン(@asia_maga)です!

現在格安留学で有名なフィリピン。経済発展も著しく多くの日系企業が積極的に進出しています。

フィリピンは英語力の高さと人件費の安さから日本だけでなくアメリカなどの企業も注目していて、特にコールセンターのBPOが盛んです。

これまでコールセンター数が1位だったインドを抜きフィリピンは世界一コールセンターの多い国と言われています。

タイやマレーシアなどではコールセンターは語学不問の求人も多いため英語に自信のない方でも就職できるのですが、

フィリピンのコールセンターの求人に語学不問はあるのでしょうか?

今回はフィリピンのコールセンターの求人についてご紹介します。

フィリピンBPOの代表格のコールセンター。働くには英語は必須?

世界一多いと言われるフィリピンのコールセンター。

もしフィリピンのコールセンターで働きたい場合、英語はどれくらいできなければいけないのか不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際フィリピンのコールセンターでは日本語のみで仕事ができる求人も存在します。

フィリピンのコールセンターの中には日系企業が日本人のみを対象とするコールセンターを設立しているものもあります。

フィリピンへの旅行客を対象としたコールセンターなどは顧客が日本人のみのため日本語のみで仕事ができます。

日本語だけで海外で就職できるなんて夢みたいですよね。

ただ、フィリピンのコールセンターで働くのであればメリット、デメリットも知っておくべきです。

コールセンター勤務のメリット

フィリピンのコールセンターで働くとどのようなメリットがあるでしょうか?

英語力を必要としない職場もある

先ほどもお伝えした通りフィリピンのコールセンターには日本人のみを対象とした企業もあります。

日本語のみで仕事ができるので英語力に自身がないけど海外で働きたいという方にとっては大きなメリットになります。

アジアのコールセンターの中でもキャリアアップを狙いやすい

フィリピンは世界一コールセンターの多い国です。他の国に比べてコールセンターの種類もたくさんあり、外資系企業のコールセンターも多いです。

経験を積めば外資系企業で勤務できる可能性もあるので他の国よりもキャリアアップを狙いやすいというメリットがあります。

コールセンター勤務のデメリット

フィリピンのコールセンターのメリットに対して、デメリットはどのようなことがあげられるでしょうか?

英語ができなくていいからという考えはキャリアにならない

英語ができなくても就職ができるとご説明しましたがそれでいいと思っている方はあまりコールセンター就職をおすすめできません。

あくまで海外就職なので英語ができないと不便な生活になりますし何よりもキャリアに繋がりません。

せっかく海外就職を選ぶのであれば今は英語ができなくても住みながら勉強していくという姿勢が必要です。

外資企業のコールセンターではライバルが多い

フィリピンでコールセンターが普及した要因はフィリピン人の雇用が安いことと高い英語力を備えているからです。

外資系企業のコールセンターを目指すとなるとフィリピンの方々と同じ立場になるのでかなり高い英語力を求められます。

フィリピンではコールセンターの仕事が憧れの職業とされているので、外資系コールセンターで管理職を目指すとなるとかなりハードルが高いです。

フィリピンコールセンターの仕事内容。経験によっては管理職からスタートできる

フィリピンのコールセンターの仕事といっても基本的には日本のコールセンターと変わりません。

BtoCのサービスの旅行業や保険業のコールセンターが多く、顧客からの問い合わせ対応や書類の作成が主な業務です。

コールセンターは経験不問の求人も多いのですが英語力や経験がある場合は現地のフィリピン人を管理するポジションにつくことができます。給料も大きく変わるので、コールセンターの仕事を目指すのであればこのポジションは目指していくべきです。

転職するなら知っておきたい待遇情報。コールセンターの給料はアルバイトと変わらない?

フィリピンのコールセンターに就職するなら知っておきたい給料事情。企業によってさまざまですが全体的にコールセンターの給料相場は低めです。

現地採用の給料の中でも低い場合が多いので生活に工夫が必要です。

日本語だけでも就職はできますがその場合アルバイトと変わらないと言われているくらいなので英語力を身につけ、早めのキャリアアップを狙っていくべきでしょう。

フィリピンのコールセンターへの転職は他職種へのキャリアチェンジも視野に入れて働こう

フィリピンコールセンターは未経験、英語不問の求人もあるくらいなので比較的就職を目指しやすい環境ではありますが、ずっと同じ給料で生活するのはかなり厳しいです。

そういった求人で仕事をするのであれば並行して英語を勉強する努力を怠らず、場合によっては他の職種への転職を視野に入れていくのがおすすめです。

まずはコールセンターの求人で少しでも良い条件をみつけることから始めてみてはいかがでしょうか。

フィリピン就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

フィリピンで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。