【ミャンマーの駐在情報】現地で生活する日本人が少ないのは本当?

こんにちは、アジアマガジン(@asia_maga)です!

アジア最後のフロンティアといわれ、この数年間で急成長を遂げているミャンマー。

規制が緩和されたことによって企業の進出が一気に進み、国内のインフラが追いついていないという状況が続いています。

企業の進出が加速していく中で必要不可欠な存在が駐在員。ミャンマーの駐在員の需要は高まっています。

この記事をご覧の方の中にはミャンマーの駐在が決まった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただまだまだ在住日本人の少ないミャンマー。

駐在すると、生活はどのように変化するでしょうか?

今回はミャンマーの駐在事情についてご紹介します!

ヤンゴンを中心に企業の進出が続くミャンマーはどんな国?

経済都市ヤンゴンを中心に企業の進出が続いているミャンマー。

どのような国なのでしょうか?

ミャンマーの基本情報

  • 正式名称:ミャンマー連邦共和国(旧ビルマ連邦)
  • 首都:ヤンゴン→2006年10月10日に正式に行政首都ネーピードーへ移転(ピンマナ県)
  • 人口:約5,141万人
  • 言語:ミャンマー語
  • 通貨:チャット
  • 時差:-2時間30分

ミャンマーは2002年から2015年まで経済制裁として外資規制がされていました。その結果外資系企業の参入もできず、貧困が広がっていました。

2015年11月に規制が緩和されたことによって多くの外資系企業が参入し、経済は急成長。

その勢いが衰えることなく今日までいたっています。

ミャンマーは人が魅力的

ミャンマーは親日の中でもさらに親日と言われています。

実際に親日的な人が多く、在住している方の中からはとても親切だという声が上がっています。

地図を広げると目的地まで案内してくれる人やスーパーで食材を探していると一緒になって探してくれる…といったエピソードもあります。

もちろん全ての人が親日で親切なわけではないですし窃盗などの事件もあるので注意はしなければいけませんが人が魅力的であるのは確かです。

ミャンマーは規制緩和により急成長を遂げているアジアの中でも大注目の国!

さらに親日的。日本人にとって住みやすい環境なのでしょうか?

ミャンマー駐在員の生活は日本に比べてどう変わる?

実際にミャンマーに駐在が決まると、生活は日本に比べてどう変わるでしょうか?

物価は安いとはいえない

実はミャンマーの物価はあまり安くありません。

他のアジア諸国では住居費はかなり安く、日本では考えられない値段で3LDK以上の高級住宅に住むことができますがミャンマーの住居費は日本と同等、もしくはそれ以上です。

この理由としては企業が大都市ヤンゴンに密集していることや、急速に発展したことで住環境のインフラ整備が追いついていないことから住居費が急騰したことがあげられます。

ミャンマーは日本だけでなく、タイやシンガポールを含む世界各国から進出企業がいるため駐在員の住む住宅が不足しているのが現状です。

また、現地の食事はかなり安いですが日本食レストランなどはまだまだ数が少ないので他国よりも高額なことが多いです。

娯楽が少ない

ミャンマーに駐在している人からはミャンマーは娯楽施設が少ないという声があがっているようです。

実際まだまだ娯楽施設は少ないです。大都市ヤンゴンには遊園地や動物園がありますが頻繁に通う人は少ないです。

ミャンマーに駐在してからゴルフやダーツを始める人もいれば、隣国のタイまで遊びに行く人もいます。

ミャンマー語は勉強するべき

オフィスワーカーの方であればミャンマー人は英語で会話はできるのですが、製造業の従業員や生産管理の工員は英語が話せない方も多いです。

そういった方達に指導する立場になるのであればミャンマー語は勉強した方がいいです。

全てが伝わらなくてもミャンマー語でお礼が言えたり挨拶ができたりするだけで従業員の印象もモチベーションも変わってきます。

実際に移住した日本人のリアルな声を聞いてみよう

ミャンマーの特徴や現地の生活事情についてご紹介してきました。

ただ、一番知りたいのは現地で生活する人の生の声ではないでしょうか?

ミャンマーで生活する日本人のおすすめブログ5選

ミャンマーに駐在されている方の中には駐在についてのブログを書いている方もたくさんいます!

ミャンマーは日本とはかなり違う環境となるので先人の意見はぜひ参考にしたいところ。

こちらの方々のブログを読んでぜひミャンマー駐在の参考にしてみてください!

【ミャンマー在住の日本人ブログ5選】ミャンマーの暮らしを知る!

2017.02.16

ミャンマーはまだまだ発展途上。柔軟性が必要な分日本ではできない経験ができる

ミャンマーはタイやマレーシアなどのアジア諸国に比べるとまだまだ発展途上です。インフラが不十分であったり娯楽が少なかったりと日本に比べて不便に感じることもあるかもしれません。

ただ、この数年の間で最も急成長している国ともいわれていて、今後もさらなる発展が見込まれています。

経済が衰退していると言われている日本ではできない経験を積むことができるので、ぜひ今後の成長を肌で体感してみてください!

ミャンマー就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

ミャンマーで働くための相談に無料でのっています。

実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。

SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。

アジアマガジン、LINE@

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。