仕事は3分で終わる。海外の外資系企業で学んだ『仕事圧縮術』とは?

外資系企業で活躍する人って、
どんな「仕事の仕方」をしてるのか、
知りたくないですか?

その秘訣は、「仕事を小さくすること」なんです。

こんにちは、アジアマガジンの今です。この度、アクセンチュア→デロイトコンサルティング→マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間働いてきた方が、その仕事術を公開した本を出版されました。

実は以前アジアマガジンでも講演の取材をさせて頂いたことのある方(講演記事はこちら)です。今回はその書籍『すべての仕事を3分で終わらせる――外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』から学べることをご紹介しますね!

著者:岡田兵吾氏プロフィール

マイクロソフトシンガポール シニアマネジャー

大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本、アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間、シンガポール・日本・アメリカをベースに活躍。これまで、アジア全域の新事業開発、業務改善および組織改革に従事。現在マイクロソフトではシニアマネジャーとして、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4ヵ国のライセンス監査業務の責任者を務める。

また「アジア組織・改革リード」、「CSR(社会貢献活動)委員」等を兼任し、マイクロソフトでの働き方改革を評価されて数々受賞。世界トップレベルのIEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得、同校のアルムナイ・シンガポール支部初代会長。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。

ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD!リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」

仕事を小さくする=仕事圧縮術とは?

サービス残業なんて存在しない、かつ結果を出さなければいけないシビアな環境。その中で生産性を上げていくには、仕事を圧縮していくしかなかった、というところから「仕事圧縮術」がスタートしたそうです。

早くこなすとかスキマ時間を活用する、という話ではありません。仕事そのものを小さくしていくことで、「スピード」と「質」を最大化するという仕事術です。

現在の日本企業でも求められている「労働時間の長さ」「生産性の低さ」の課題。これを海外の外資系企業で、どのように乗り越えてきたのかという問題解決に役立つノウハウです。

仕事の9割は3分で終わります。終わらない1割も3分で判断します。3分で終わらない仕事も、いったん3分で終わらせるのです。これこそが、仕事を最もすばやくまわす仕事術なのです。〜著書より〜

「仕事圧縮術」のステップ

シンプルですが、上記が仕事圧縮術のステップです。これをどう実施してきたのか、どう自分の仕事に役立てられるのかはぜひ、本を片手に考えてみてもらえれば嬉しいです。

最後に伝えたいこと

ここまで書いていると効率的な方に見えますが、圧倒的に熱い方です。日本人よ、もっと世界で輝こう!というメッセージが込められています。

(写真左:岡田兵吾氏 ・ 写真右:アジアマガジン今)

効率的に仕事をこなしたい方、外資系で試行錯誤している方だけではなく、海外で活躍したい、自分らしく輝いて生きていきたいという方にとっても「胸がアツくなれる本」だと思いました。

Kindleでも読めますので、海外在住の方もポチって読んでみてもらえればと思います!『すべての仕事を3分で終わらせる――外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術

では、最後に僕からも一言!

STAY GOLD!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。