カンボジア・プノンペン旅行記〜リゾートホテルの1日〜

スォスダイ!(こんにちは)カンボジア・プノンペン在住管理栄養士のアヤです!

今回はプノンペン市内にあるリゾートホテルで THE BALE(ザ バレ)https://www.thebalephnompenh.com/というホテルに泊まりに行った時の様子をお届けします!!

プノンペンの中心部とは違う雰囲気に癒やされましたよ。

5月の連休はマッタリとしました!

4月、5月のカンボジアは祝日や連休がとても多い月です。

5月だけでも、7日間の祝日があります。祝日の多い国と言われるだけありますよね。

そして、今年の5月の連休はプノンペン市内でまったりしようと考え、THE BALE(ザ バレ)というリゾートホテルに泊まりに行きました。

地図も一緒に載せておきます。

プノンペンの中心部より15Km先の北部にあります。車で行くと30分前後で着きます。


6号線を通りコンポンチャム方面に進んでいくと右側に分かりづらい細道があるので、そちらを抜けると入り口が見えてきます。

入り口には高級車が止まっていたりするのですぐ分かると思います。

そして、こちらの通りは車通りが少ないので騒音がなくとても静かです。

中へ入っていくと、左手に受付があります。

英語でチェックインした後は、こちらの通路を通ると宿泊室やレストラン、プールが見えてきます。

宿泊室の写真も何枚か載せますね。




どうですか?とても綺麗でゆったりした雰囲気ですよね。

プノンペン市内はビジネスマン向きのホテルが多いですが、このようにリラックスできるホテルもあるんですね。

何よりも静かで、車のクラクション、スピーカー音、工事音が無く最高でした!

朝食はお好きな料理を!

朝食はメニューの中から食べたい料理を好きなだけ頼むことが出来ました。

おかげで、豪華な朝食をゆっくりと食べることが出来ました。

果物入りのヨーグルト、オムレツ、スクランブルエッグなどの卵料理、パッションフルーツジュース、そうめんなどを食べました!

我が子はまだ食べれないのでソファーでゴロゴロしてもらっていましたが、広々としたソファーだったので寛いで朝食の時間を過ごせました。

日中はほぼプールでのんびりと~

とくにすることもなかったので、日中はプールでゴロゴロしていました。

設備はプール横にパラソルと椅子があり、バスタオルが置いてありますので、自由に使えるようになっていました。

 

また、プール横にはメコン川が見えるので、とても開放的な空間で直射日光を直に浴びつつ入っていました。(笑)

我が子は初めてのプールでしたが、綺麗なプールだったので安心して入れることが出来ました。

おまけに時間帯によっては貸し切りプールのような状態で好きに動けました!

食事はどうかしら?

食事は、フレンチなのかな?と思ったら、フレンチのようなカンボジアテイストが入った料理が多かったですよ。

豚肉の焼き物を頼んだら、カンボジア人が好きそうな甘めのテリヤキソース系の味でした。

また、八角の匂いもしましたよ。どの料理も味にアクセントがあるため、好き嫌いが分れそうだな~と思いました。

最後にお会計として2泊(昼食と夕食は別料金)で$450でした。

以上、THE BALEでのリラックスタイムでした~!

ホテルから騒音のあるプノンペンの中心部に戻った頃には、いつもの生活にだなぁと感じつつも、少しでも静かな落ち着ける場所があって良かったなと感じました。

因みに、多くの友人は日本へ一時帰国したり、他国へ遊びに行ったりと満喫していましたよ。それではまた~☆


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。