外資系に飲み会はない?飲み会が嫌いなら外資系がオススメ!

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. 外資系企業の飲み会について
  2. 日本の企業と外資系企業の飲み会の場の違い

「外資系でも飲み会ってあるの?」

「外資系の飲み会は日系企業とマナーとか違うのかな…」

外資系企業に就職/転職を考えていている方にとって飲み会が多いのか、強制参加のかということが気になりますよね。

結論から言いますと、外資系の飲み会は企業によって多い少ないは様々ですが、基本的に強制参加ではないです。

実際に就職相談にのっていても、外資系を考える人が増えてきています!

そこで、今回は外資系企業に関連する飲み会について解説していきますね!

この記事を読めば、外資系企業と日本の企業との飲み会の違いがわかりますので、飲み会が少ないほうが良いという方にとっては外資系に転職したくなりますよ!

すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

外資系の飲み会は少ない!ではなんで飲み会が少ないの?

お酒を飲めない方でも、日系企業の飲み会は参加している方が多くいます。

その理由は、「出世するため」「人間関係を築くため」など様々意見があります。

お酒を飲むことが好きな人、そういう場が好きな人は良いと思いますが、苦手な方も多いのが現状です。

そこで、外資系の飲み会の実態についてここではお伝えしていきますね。

結論を先に言ってしまうと、外資系企業の飲み会は少ないのです。

なんで飲み会が少ないの?

飲み会が少ない代わりに、お昼休みのランチタイムの時間に歓迎会などを行うことがあるんです!

外資系の飲み会は少ないのですが、強制参加でもなく、ランチタイムの時間に歓迎会を行うことが一般的なのです。

日系企業では業務時間は業務時間で確保されて、仕事が終わった後に歓迎会を行うことが当たり前でした。

しかし、外資系企業では業務時間を削って、通常のランチタイムよりも延長して歓迎会が開かれます。

しかも、その時間にお酒を飲むこともOKなこともあるみたいですよ!

ランチタイムに歓迎会やミーティングが開かれるのはとても効率的な考えで、日系企業とギャップを感じると思います。

ランチタイムでこのような行事が行われるのでしょうか?

ランチタイムに歓迎会やミーティングを行うことで、プライベートを両立できます。

さらに、夜に参加ができない人、飲み会が嫌いな人も参加しやすくなるメリットもあるんですよ!

外資系企業で飲み会が少ない理由は、仕事とプライベートのオンとオフの切り替えがハッキリしている企業文化にあったのですね。

また、歓迎会に本当は参加したいけれども子育てがある方や夜に用事が入りやすい方、お酒が嫌いな方でも気軽に参加することができますよね。

しかも、ランチであれば安上がりじゃないですか?

日系企業もランチタイムに時間を有効的に取り組めばいいのにと思いますよね!

また、クリスマスやチームなどの行事には飲み会があることもありますが、全く強制参加ではなく、自由参加です。

外資系の仕事は仕事、プライベートはプライベートという考え方に魅かれる方は、外資系企業を転職/就職の企業先の選択肢に入れてみてもいいかもしれません!

この記事でお伝えしたこと
  • 外資系企業では飲み会が少ない
    →ランチタイムに歓迎会やミーティングを行う

外資系では仕事とプライベートのオンとオフがハッキリしているため、プライベートを削るより、業務時間を削って行うことがある。

この記事では、外資系の飲み会事情をお伝えしてきました。

外資系企業の企業文化に魅かれる方は…

外資系企業への転職する手段は知人の誘いを除くと、「転職エージェント」を利用することです。

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

無料な代わりに、求人企業が求職者の想定年収の3割から4割の料金を転職エージェントに支払われる仕組みです。

想定年収によって報酬が変わるため、エージェントも親身になって具体的な求人案件の紹介をしてくれますよ!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

またエージェントがサポートしてくれるのでリスクがないんです!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれます)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!

おわりに|日系企業と外資系の飲み会マナーの違いについて解説!

外資系の飲み会は日系企業と違いマナーの面で緩いです。

一次会に参加したら二次会に参加することも少なく、カラオケに行ったり、オールすることもあまりないです。

一人ひとりに仕事があるため、途中で帰ることも全然大丈夫です!会社全体に理解があります!

外資系企業に興味をお持ちになられた方は、以下の記事も参考にしてください!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。