外資系=残業ゼロではない。外資系の残業の考え方や仕事事情は?

こんにちは、アジアマガジン です!

日系企業に比べ残業がないというイメージの強い外資系企業。

残業がない会社へ転職したいと考えて外資系を考える方もいるでしょう。

確かに日系企業と外資系企業では残業に対する考え方も違うのですが、

外資系企業が必ず残業がないというわけではありません。

今回は外資系企業の残業事業についてご紹介します!

すぐにでも、外資系転職を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

外資系企業の残業に対する考え方。日系企業とは大きく違う

日系企業では、残業することが当たり前のように捉えられている文化がありますよね。

実際に残業が当たり前で帰りづらい風習がある会社や、残業代のほしさにだらだらと働いている方など、日本企業の残業に対する考え方はあまりいいイメージではありません。

反対に外資系企業ではワークライフバランスを大切にしていて、メリハリをつけて働くことが大切とされています。

ですからいかに就業時間内に仕事を終わらせるかを大切にしていて、残業する人=仕事ができない人ととらえられてしまう傾向があります。

それゆえに外資系企業ではあまり残業をしないよう推奨されているのです。

外資系企業と日系企業の残業に対する考え方は全然違います!
転職したての頃は周りの社員をみて驚くことも多いかもしれませんね。

残業がなくても仕事は常に成果が求められる

外資系企業では残業は推奨されていませんが、常に成果を求められます。

残業しなければ仕事が終わらないという方は仕事ができないとみなされ、リストラの対象となってしまう可能性もあります。

日本企業のように残業する=長く働いているから頑張ってるという甘い評価はされないのです。

どれだけ就業時間内に質の高い仕事ができるかが重要で、給料や雇用にも左右されてくるので仕事に対して常に全力でないと生き残れません。

外資系コンサルの場合は労働時間がかなり長くなる

一方で、外資系企業の中でも、残業が多い業界も存在します。

それが外資系のコンサル業界です。外資系コンサルではプロジェクトを短期で回していくことが多く、どうしても業務多忙になる期間があるので、必然的に労働時間が長くなってしまうのです。

労働時間=報酬ではなく成果=報酬なので残業代という考え方もありません。

厳密にいうと、残業は強制されませんが残業しなければプロジェクトが完遂できないという理由から、長時間働かざるを得ないといった事情があります。

ただこの場合、プロジェクトの合間に2週間以上の休暇などをとれたりするので働く時は徹底的に働き、休む時は海外旅行などを取り入れて休む。そういった働き方ができるところが外資系コンサルです。

外資系コンサルについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてください!

外資系コンサルは高年収だけど超激務!?気になるギモンにお答えします!

2017.12.29

外資系は労働時間より結果が全て。年収も結果次第

外資系企業は、業界ごとにも労働時間が長くなってしまう場合もあるといった特徴はありましたが、正確には結果さえ出せればオッケーという特徴があります。

どの仕事においても結果さえ出ていれば、残業なしで帰れるのはもちろん、出社の必要さえない場合もあります。

年収も結果次第でどんどん上げていくことができ、残業代に頼るのではなく、いかに自分が成果を出せるかが重要となってきます。

いい意味でも悪い意味でも全ては自分が結果を出せるかどうかになるので、実力を発揮してい仕事をしていく必要があります。

結果さえ出すことができれば、残業なしで高収入を得ることができます!
ただし結果が出せなければ減給・リストラも頻繁に起こるのでその面は覚悟しなければいけません。

まずは外資系企業の求人を見てみることから始めませんか?

ぜひ、外資系企業への転職したいのですが、何から始めたらいいか…

まずは具体的な求人を見ていくことから始めるべきです!

最後にアジアマガジンが…

外資系企業への就職におすすめの転職エージェントをご紹介しますね!

転職エージェントおすすめ3選

1位:JACリクルートメント
2位:ロバート・ウォルターズ
3位:ビズリーチ

1位:JACリクルートメント

スクリーンショット 2017-04-28 15.15.02

JACリクルートメント年収500万〜1,200万円の海外や外資系の求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが…

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、JACのキャリアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

(ちなみに、大手のリクルートやDODAは、キャリアアドバイザーと法人営業は分業しています)

そのため、キャリアップを目指したい、年収500万円以上の人は絶対に登録するべきです!

2位:ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは外資系に特化したイギリスに本社がある転職エージェントです。

特に英語力の高い方は、ここに相談することで年収の高い求人を探すことが可能です。日本国内にある外資系の転職エージェントの中では、日本進出の最も早かった企業です。また満足度93%の質の高いコンサルタントがチーム体制でサポートしており国内外問わず数々の賞を受賞しています。

3位:ビズリーチ

ビズリーはシンプルな転職サービスで、『登録をしてヘッドハンターから連絡を待つ』だけです。そのため、面倒なパソコン操作なども必要ありません。

若年層にはあまりおすすめできない転職サービスですが、キャリアを積んでいる方にはピッタリな転職サービスです。理由としては、豊富なご経歴がとても評価されるからです。

『ビズリーチに登録する=日本中の優秀なヘッドハンターに「あなた」のご経歴を知らせることができる』ので、キャリアに自信のある方は登録するべきです。


いかがでしたでしょうか?

最後にもう一度、外資系企業への就職におすすめの転職エージェントをおさらいしましょう!

転職エージェントおすすめ3選

1位:JACリクルートメント
2位:ロバート・ウォルターズ
3位:ビズリーチ

どれも良さそうですね…

本来でしたら3つとも登録をして、多くの求人を見ることをオススメしますが…

JACとビズリーチはハイクラス向けで限られた人にしかオススメできないので、外資系を考える全員にオススメできるのが、ロバート・ウォルターズです!

『ロバート・ウォルターズ』は、満足度93%で、サポート体制に定評があるので一度相談してみましょう!しかも無料です!

また、年収500万円以上で30代以上の方は、ハイクラス海外求人が多いJACリクルートメントがオススメです。JACは、外資系の風土が強く、ドライに求職者を評価するため、市場価値が無いと判断されるとお仕事をあまり紹介してもらえませんが、キャリアに自信がある人はぜひ相談してみてください!

まずは無料で海外求人を

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントは業界No.1のリクルートエージェントです。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円のお仕事なら!
“ハイクラスの海外求人が多い”JACリクルートメントがおすすめ
JACはハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

30〜50代の方にとっては、質の高い転職サポートを受けられるエージェントです!