外資系に強い転職エージェントと転職サイト3選!ポイントは次の転職を考えて選ぶこと!

外資系の転職を成功へと導く
海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. 外資系への転職に強い転職サイト・転職エージェント3選
  2. 外資系への転職前に知っておくべきこと
  3. あなたにマッチングした企業を見つけるならまず行動

外資系への転職を考えてるけど、何かいい転職サイト・転職エージェントが知りたい!

また転職する前に知っておいた方がいいことも教えて欲しい…

外資系企業に転職を考えていている方にとって、外資系と聞くだけで大変そうなイメージがありますよね。

そこで、この記事では外資系への転職で登録した方がいい転職サイト・転職エージェントをお伝えしていきます!

外資系に転職するのに、転職サイト・転職エージェントを活用した方がいいの?

外資系への転職は転職サイト・転職エージェントを利用することがほとんどなんですよ!

その理由からまずお伝えしていきますね!

この記事を読めば、外資系への転職を考えている方にとって、数ある転職サイト・転職エージェントからどれを選べばいいのかを知ることができます!

外資系に強い転職サイト・転職エージェント3選

外資系に強いサイトとエージェント

結論を先に言ってしまうと、どのサイトもそこまで強い弱いがないのです。

大手企業の転職サイト・転職エージェントに登録しておくといいのは間違い無いです。

また、アジアマガジンが転職サイト・転職エージェントを厳選した判断基準を知りたい方は下から見ることができます!

エージェントの選定条件

◎登録料、転職サポートが無料
◎外資系出身のコンサルタントのいる会社
◎外資系転職専門のコンサルタントのいる会社
◎登録が約3分ほどと簡単
◎外資系の高年収・ハイキャリアが期待できる

✕登録料、転職サポートにお金がかかってしまう
✕外資系に転職の実績のない人材紹介会社
✕登録するのに非常に手間がかかる
✕エージェントがドライな対応をしてくる

この厳正なる審査を通過した転職エージェント・サイトを目的にあわせて紹介しています

外資系に強い転職サイト・転職エージェント
  1. 「リクルートエージェント」
    公式HP:https://www.r-agent.com/
    →業界最大級の転職サイトであり、外資系の求人数がNo.1なので、まずはここに登録しよう!

     

  2. 「JACリクルートメント」
    公式HP:http://corp.jac-recruitment.jp/
    →高年収・ハイキャリアを狙いたい方向け。大手・優良企業の求人が多数。

     

  3. 「ランスタッド」
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/
    →外資系企業・グローバル企業などを中心に、エグゼクティブの方向け。第二新卒や20代、30代にも特化。

正直なお話をすると、企業とのマッチングが肝になります。

「どの転職サイトがオススメなんだろう…」

「どの転職エージェントに登録すればいいんだろう…」

と転職の際に選択肢が多すぎて困ってしまいますよね?

実際のところ、どの転職サイトに登録しようが、どの転職エージェントを利用しようが、転職先の企業とあなたがマッチングしなければ意味がないのです。

例えばですが、仮に全く人気のないAというエージェントに登録して、あなたが転職をしたとします。

ですが、あなたにピッタリの企業を見つけられた場合、転職は成功したと言えます。

逆に、人気もあり名の知れているBというエージェントに登録して、あなたが転職したとします。

しかし、転職先の企業があなたの思っていたイメージとは違かったとなれば、転職は失敗となるわけです。

要するに、あなたがどの転職サイト/転職エージェントに登録したとしても、最終的には転職先の企業とあなたがマッチングしていなければ意味がないのです。

よりマッチングに繋げるために、複数の転職サイト/転職エージェントを活用することをオススメします!

あなたと企業のマッチングをより近づけるためには、複数のサイトに登録してみて、エージェントから話を聞いて、実際に面接で企業の話を聞いて、さらに聞きにくい部分はエージェントを利用して企業に聞いてもらって、最後にあなたが判断することがマッチングへの近道です。

このプロセスを毎回繰り返していくことで、転職の成功へと導くことができます!

外資系への転職は転職サイト・転職エージェントを利用することが当たり前だからこそ、転職を成功させるためのポイントをお伝えしていきますね!

ポイント1:働かせてもらうのではなく、働いてあげる

こう言葉で書いてみると上から目線のように感じますが、外資系企業は成果主義な分、働いてあげる精神でいいのです。

企業から選ばれるのではなく、あなたが企業を選ぶようにしましょう!

外資系企業は転職を複数経験している方が多くいますので、そういった方はすでにこの考え方を持っているかもしれません。

ここで伝えたいのは、あなたにも企業を選ぶ権利があることです。

今の会社が入社前とのギャップと違うから辞めたいという考えで、転職を考えている方であれば分かると思います。

面接の際に、自分をよく見せようと面接官に媚び売って、多少の嘘をついて入社できた!という方が中にはいますが、それは入社後に苦労することになってしまいますよね。

例えばですが、外資系企業に転職する際に英語がネイティブレベルまで話せないのに、話せます!と堂々と嘘をついて入社してしまうと痛い目に合ってしまいます。

面接時に、自分をよく見せることは大切ではありますが、自分がどういう考えの持ち主なのか、自分が何をできるのかをしっかりと主張するべきです。

自分をはっきりと表現し、内定を頂いた企業であれば、それこそが本当に企業とマッチングに成功したことになります。

外資系と聞くと、大変そうなイメージがあり未経験でも入社できるの?と疑問に持つ方が多くいらっしゃいますので、答えていきますね!

外資系企業への転職は未経験でもできるの?

未経験でも働ける?

日系企業にしか勤めたことないけど、外資系って未経験でも働けるの?

結論から言いますと、未経験でも働くことができます。

応募する企業が求めるスキル、技術、経歴に合っている方であれば全く問題ありません!

でも、自信がないから未経験でも働きやすいところがいいんだけど…

外資系でも未経験の方が入社しやすいところがありますよ!

そういった業界であれば、未経験で入社した方も多いので入社後も活躍できる環境があります。

未経験でも入社しやすい業界

未経験から新しい業界への転職、日系企業から外資系企業への転職は、比較的難易度が高い事もあります。

しかし、実は外資系企業の未経験の方でも転職しやすい業界もあるので安心してくだい!

未経験でも入社しやすい3つの業界
  1. 製薬業界・MR
  2. 生命保険業界・営業
  3. コンサル業界・コンサル、アナリスト・リサーチャー

以上の3つの業界が外資系企業で未経験でも比較的入社しやすい業界です。

また、未経験といえど外資系で働くにあたって英語は必要になってきます。

ですが、企業の中には英語を全く必要としない企業もあるので、英語ができない人で外資系に転職をお考えの方は下の記事も参考にしてください!

プラスして、どうして働きやすい業界なのかをお伝えしていきますね。

1:製薬業界・MR

MRは他の業種と比べると、未経験者が採用されやすい職種です。

製薬業界は市場規模が年々拡大しており、業界の中で競争がとても激しいです。

常に優秀な人材を即戦力として探している業界でもあるので、1年を通して求人も多い傾向があります。

そのため、未経験でも入社しやすい業界として有名です。

アジアマガジンでもMRの記事がありますので、ご参考にしてください!

2:生命保険業界・営業

実は、保険の知識を多く持っている方や生命保険業界での職務経験が長い方が活躍しやすい業界ではないのです。

どちらかというと、人とコミュニケーションを取るのが好きという方や人から相談されることがあったり、人に好かれやすい方がノビノビ活躍できる環境なのです。

また、平均年齢が30代以降と高くなっているため、生命保険業界は外資系企業で珍しい業界です。

平均年齢が高い傾向により、30代以降であっても中途入社で会社に馴染みやすい環境になります。

しかし、生命保険業界の営業に転職するのに注意しなきゃいけないこともあります。

下の記事を見ていただき、入社後のギャップ生まれないように気をつけておきましょう!

3:コンサル業界・コンサル、アナリスト・リサーチャー

コンサル業界は、対人のコミュニケーション能力や業界の深い知識、プレッシャーに負けない忍耐力、スピーディーで効率的な作業を行うことが求められます。

そのため、新卒採用よりも社会経験のある方で即戦力になれる人材が欲しいという業界です。

ただ外資系のコンサルは、とても競争がある業界です。完全成果主義の外資系企業では結果が出なければ期間関係なくクビにされてしまうケースもある非常にシビアな業界でもあります。

また、外資系のコンサルは激務として有名です。その実態について詳しくお伝えした記事もありますので、参考にしてください!

未経験でも入社ができる業界はこの3つ以外にも多く存在しますが、どの企業も即戦力の人材を欲しがります。

多くの部署での経験がある方や幅広い仕事をこなしている方より、一つの職種を全うしてきた専門性の知識のある人であれば、外資系企業に向いてる上に、働きやすい環境でもあります。

ギモン:女性で未経験でも転職はできるの?

女性が外資系企業に就職するのは可能です。

ご存知かと思いますが、日系企業では全く女性の社会進出ができておらず、管理職のクラスも男性の方が多いという問題があります。

一方、外資系企業には男女平等に機会が与えられ、どの企業でも女性で管理職クラスを務めている方も多くいます。

女性の方で管理職を目指したい目標のある方は日系企業よりもオススメです!

外資系企業で女性が働けるのか?のギモンを詳しくお伝えしている記事がありますので、参考にしてください!

ここでは、外資系企業への転職で未経験でも入社がしやすい業界をお伝えしました。

続いて、外資系企業への転職をする前に知っておくべきことをお伝えしていきますね!

外資系への転職の前に知っておくべきこと

外資系への転職の前に知っておくべきこと

外資系への転職前に知らなきゃいけないことってなんだろう…

給料のことかな?休みのことかな…?

外資系への転職前に考えるべきことは1つだけです。

それは、「次の転職のことを考える」ことなのです!

え、もう次の会社を辞めることを考えちゃうんですか?

次の新しいキャリアのためにも、これからのことを考えることが必要です。

ギモン:「なぜ次の会社を辞めた後のことを考えるの?」

それは簡単です。

外資系はあなたをクビやリストラにする可能性があるからです。

外資系は日系企業のように生涯をサポートしてくれる環境はありません。

完全成果主義な分、あなたが成果を残さなければ「ポイ」と捨てられてしまってもおかしくないのです。

日系企業のような価値観を持ったまま転職してしまうと、日々のプレッシャーに耐えられなくなってしまうかもしません。

日系企業と外資系企業は文化が違うため、「日系企業はあんな風だったのになぁ〜」など思ってしまっては外資系で働くことは難しいでしょう。

外資系は世界が違うものと考えた方が、気が楽で割り切れて働けるかもしれませんね!

考えているだけでは何も起きない!あなたに合う企業を見つけるなら登録だけしてみる!

まずは行動してみる!

外資系への転職は考えているだけでは何も起きません。

まず、転職エージェントに登録するだけでも一歩踏み出してみましょう!

「ボーナスが出たら転職しようかな」「周りが転職の時期になったら自分も行動しよう」「今は忙しいからあとで登録しよう」正直言うとこの考え方は、甘いです。

外資系で勤めている時も迷っていてはいけません。常に前進するしかないのです。

外資系に強い転職サイトや転職エージェントを紹介しましたが、「いま」登録するアクションを起こしてみてください!

日系企業の転職と比べて、外資系企業の転職は企業とのマッチングが重要です。

「自分がその企業で働いてあげるよ」

と言えるような、企業を見つけられたら真のマッチングです。

こう思えたら、あなたもその企業で活躍できますし、役職も付き、年収も上がっていきます。それにクビやリストラもされないでしょう!

仕事をしながら、転職活動をすることは大変だと思いますが、あなたが働きたいと思える企業を探すのであれば多少の苦労もつきものと考えましょう。

すぐに行動していけば、より早くあなたの理想とする企業が見つけられると思います。

転職エージェントの登録はたった3分ほどで終わる作業です。

そのあとにメールを確認し、興味のある求人に応募するだけです。

この機会に「転職エージェントに登録」という行動を起こすだけでもあなたは一歩踏み出せたことになります。

外資系に強い転職サイト・転職エージェント
  1. 「リクルートエージェント」
    公式HP:https://www.r-agent.com/
    →業界最大級の転職サイトであり、外資系の求人数がNo.1なので、まずはここに登録しよう!

     

  2. 「JACリクルートメント」
    公式HP:http://corp.jac-recruitment.jp/
    →高年収・ハイキャリアを狙いたい方向け。大手・優良企業の求人が多数。

     

  3. 「ランスタッド」
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/
    →外資系企業・グローバル企業などを中心に、エグゼクティブの方向け。第二新卒や20代、30代にも特化。

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!

まずは行動を起こすことから、あなたの次のキャリアは始まります!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。