マレーシアのIT企業の求人のリアルって?現地のIT企業に勤める日本人に聞いてみた!

マレーシアIT企業
海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. マレーシアのIT企業に勤める女性の働き方
  2. マレーシアで就職できる人の条件
  3. マレーシアでIT企業の求人に応募する方法
  4. 海外の転職エージェントの活用法

以前、『幸せ!ボンビーガール』というTV番組でマレーシアが取り上げられ、マレーシア転職に関しての問い合わせをとても多く頂きました。

そこで今回は、皆さんから多くご質問を頂いた中にこんなリクエストがありました…

「マレーシアのIT企業に就職したいんだけど、リアルな情報を知りたい!」

マレーシアに海外就職するにあたり、国も離れているためリアルな情報を知りたくても知る手段が少ないと思います。

そこで、今回マレーシアに勤めている『20代女性のIT企業での働き方』を紹介しますね!

実際に就職相談にのっていても、マレーシアで就職を考える人が増えてきています!

そこで、今回はマレーシアのIT企業の実態についてインタビューしてきました!

この記事を読めば、海外で働くのが不安方が少しでもマレーシアで働くことをイメージできて、海外就職の一歩を踏み出せるキッカケになればと思い、リアルな情報を詳しくお伝えしていきます!

すぐにでも、マレーシア就職を検討したい方は、この記事の後半部分でマレーシア就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

マレーシアのIT企業で働く1日の基本的な仕事スケジュールを紹介!

マレーシアIT企業

マレーシアにはIT企業の求人が日本人向けにもあります。

そこで、マレーシアのIT企業に勤めている方に働き方を教えていただきました。

IT企業の求人を見て応募する前に、どんな1日を過ごしているのかを把握した上で、あなたがマレーシアで働くことができるのかを考えていきましょう!

早速ですが、基本的な仕事観をイメージしてもらうと分かりやすと思うので、1日のスケジュールを紹介しますね!

時間軸 スケジュール
8:30 朝礼会議
9:00-12:00 アポ取り(電話営業やメール)
12:00-13:00 ランチ
13:00-17:30 営業活動(アポがあれば外出)
17:30-18:00 1日の振り返りや明日の準備

 

 

上記の表が1日の基本的なスケジュールです。

仕事の後って飲み会とかもあるのかな?

日系企業と同じで、あるところはありますが強制ではないですね。

マレーシアでは交通渋滞が酷いので、残業もせずせっせと帰られる方がほとんどです!

いつもタクシーで10分の距離でも渋滞の多い時間帯だと1時間もかかってしまうこともあります…

定時の18時に仕事が終わると真っ直ぐ帰宅される方がほとんどです。

しかし、仕事に繋がる飲み会などには参加していることが多いです。

マレーシアでも英語は使うの?

英語も使います。特に英語に自信のない方で英語力をつけたい方に向いてる環境かもしれません!

自然と英語に触れているだけで、徐々にスピーキングも上達していきますよ!

マレーシアのIT企業で勤めている方の働き方が分かりましたでしょうか?

働き方が分かっても「私ってマレーシアで就職できるのかな…」と不安に感じる方もいると思います。

そこで、マレーシアであなたが就職できるのかを続いてお伝えしていきますね!

そもそもマレーシア転職できる人の条件は?

まず、転職できる可能性が高い条件としては、下の4つになります。

就職できる可能性が高い条件
  1. 学歴は大卒以上
  2. 職歴が3〜5年以上
  3. 日常会話レベルの英語力
  4. マレーシアでの長期滞在経験

これはマレーシア政府が規定している就労ビザの発行条件が関わってくるため、学歴や職歴が重視される傾向が強いです。

それでは、高卒や専門卒、未経験では、マレーシア転職は無理ということですよね…

いえ、実はそんなこともないんですよ。

高卒や未経験では選択肢が狭くなってしまうことは事実ですが、マレーシア転職が不可能ではないです!

理由としては、日本人を募集している企業によって、就労ビザの発行のしやすさが変わってくるからです。

よく就労ビザの要件の問題上で、学歴や職歴はある程度チェックされる傾向が強いですが….

学歴や職歴の条件は、あくまでも傾向なので絶対ではありません。

高卒や未経験でも転職しやすい業界や仕事は?

高卒や未経験でも転職しやすい業界や仕事としては…

日本人の留学サポート、コールセンター(BPO)、レストランや居酒屋などの飲食店、日本人向けクリニックなどです。

これらの仕事は日本人を相手にする業界のため、比較的にビザの条件が緩い傾向にあるため、高卒や未経験でもチャレンジができる仕事になっています。

実際に下のようなお仕事があったります。

高卒や未経験でもまずは諦めずにマレーシア転職の情報収集をしていきましょう!

少しでもマレーシアのIT企業に勤めたいと思っている方へ

手っ取り早く、「私の状況でもマレーシア転職ができるのか」を知りたいんですよね…

なるほど…

それでしたら、無料で相談に乗ってくれる転職エージェントに問い合わせてみるの効率的ですよ!

「すぐ、自分の状況でもマレーシア転職ができるかどうか知りたい!」という方は…

マレーシア転職をサポートしている会社(転職エージェント)への相談が効率的です。

転職エージェントが良いんですね!

でも無料とはいえ…登録するのが少しめんどくさくて…

無理にはお勧めしないですが、少しでもマレーシア転職の可能性を知りたい人は…

あなたの状況や希望を聞いたうえでマレーシア転職の可能性を教えてくれるエージェントは使うべきです!

日系企業に勤めていた方が初めての海外転職に使っているエージェント「リクルートエージェント」です!マレーシアへの転職にリクルートエージェントを活用した方が年々増しているそうです!

海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

他にも、海外向けの転職エージェントだけでもたくさんありますので、あなたに合った転職エージェントに登録することをオススメします!

また、転職エージェントごとに「非公開求人」「その転職サイトが独占している案件」があるため、1つに限らず、複数の転職エージェントに登録した方が、よりあなたにマッチングした企業を見つけることができますよ!

たった3分で登録も終わり、入社までのトータルサポートに一切費用かからないので、まず登録からアクションを起こしてみましょう!

結局はどの転職エージェントを利用しようが、「企業とのマッチング」こそが転職の成功へと繋がります。

ですから、複数の転職エージェントに登録する方が選択肢も増え、転職の成功に近づくわけです!

エージェントのまとめ

【1】キャリアアップ・年収アップしたい人

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/

  2. 『ビズリーチ』
    特徴:登録して待つだけでスカウトがくる
    公式HP:https://www.bizreach.jp/

【2】未経験&語学力に自信がない人

  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:日本人利用者No.1エージェント
    公式HP:https://www.r-agent.com/

  2. 『doda』
    特徴:転職サポートが手厚い
    公式HP:https://doda.jp/

さいごに海外就職を実現するため、利用したい転職エージェントや活用法についてご紹介しました。

あなたにピッタリな海外求人を逃さないためにも、最低2つのエージェントにぜひ相談してみましょう!

迷ったら、業界大手の『リクルートエージェント』と『JACリクルートメント』に登録しておけば、幅広く海外求人を確認できますよ!

アジアマガジンはあなたの海外就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。