ボンビーガール|マレーシア・ジョホールバルの豪華生活は本当?プロがマレーシア就職や移住を成功させる方法も解説!

ボンビーガール・マレーシア・ジョホールバル編の内容解説

こんにちは!

海外就職ノウハウの発信から実際に海外転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

今回は201887日(火)に日本テレビで放送される『幸せ!ボンビーガール』の内容について書いていきます!

具体的には『ボンビー海外移住特集』で取り上げられるマレーシア(ジョホール・バル)編について徹底検証していきたいと思います。

放送内容をピックアップすると…

放送内容

1人目のボンビーガール
・マレーシアの第二の都市ジョホールバルに移住
・移住資金ゼロ(→移住した時に財布に3万)
・ラーメン屋さんのエリアマネージャーとして勤務
・月収30万円/車支給
・家賃46000円で高級マンション(家具家電付き)
・貯金は月20万円以上できる

2人目のボンビーガール
・鉄板焼き屋のホールでの仕事
・プール月高級マンション
・家賃・光熱費・交通費(タクシー代)は会社負担
・給料:月14万円
・月10万円貯金できる
・週休2日

ボンビーガール・マレーシア編の反響がすごい!Tweetをまとめてみました。

2018.08.08

マレーシア就職ってこんなに魅力的なんですね!!

そうなんです!

ただ、正直なところ「ボンビー海外移住特集」は…

過去の放送分を含めて、マレーシア就職の良い部分だけを放送している側面があります。

えっ!そうなんですか…

放送内容は嘘ではないのですが…、良い部分が誇張されてすぎている点は否めません…

実際にマレーシアのデメリットを少し挙げてみると…

デメリット

  • イスラム教の文化にふれる際に怖いと感じてしまう人もいる
  • 郊外では車がないと生活ができない
  • クアランプール・ジョホールバルでも治安が悪いエリアもある
  • エリアによって物価水準が高い
  • マレーシアは就職は結構ハードルが高い(後ほど解説)
  • 飲食やホテルの求人は長時間労働が多い

やっぱり良いことだらけではないんですね…

そうですね… メリットとデメリットを知ることはとても重要ですね。

そこで普段、海外就職に関わっているアジアマガジンが、ボンビガールの放送内容に沿ってマレーシア就職についてリアルな部分をお伝えしていきます!

もしマレーシアにこだわりがなければ、タイの首都バンコクも日本人に人気です。過去のボンビーガール解説記事も見てみてくださいね。

>>Click:【検証】幸せボンビーガールのタイ編は本当?タイ移住した日本人に聞いてみた!

資格やお金がなくてもマレーシア就職は可能なの?

ジョホールバルの風景

結論から言うと、お金や資格が無くてもマレーシア移住はできます!

ただ、英語力と職歴がないとマレーシア就職は難しいです!

具体的にマレーシア就職できる可能性が高い人の条件を挙げてみると…

就職できる可能性が高い条件

  1. 学歴は大卒以上
  2. 職歴が3〜5年以上
  3. 日常会話レベルの英語力
  4. マレーシアでの長期滞在経験
ワンポイント

海外就職できる条件は基本的に就労ビザの要件で決まってきます。マレーシア政府はマレーシア国民の雇用を守るために、(日本人を含めた)外国人の雇用を就労ビザの条件によって制限しています。

なるほど!マレーシアの就労ビザ取得のために、職歴と英語力が大事なんですね!

そうなんです!お金や資格よりも職歴や英語力が重視されます!

ただ、企業ごとに働ける条件が違うので、先程の条件はあくまでも傾向と考えてください!

就労ビザの取得難易度は、その企業とマレーシア政府の関係によって変わります。

社歴が長く政府から認められている企業ほど、就労ビザを取得するハードルが低いです。そのため英語が初級レベルで、職歴が無くてもマレーシア/ジョホールバル就職ができる場合があります。

つまり英語力が初級レベルでも、マレーシアで働ける可能性はあるんですね!

おっしゃる通りです!就労ビザの要件はあくまでも傾向なので、必須条件ではありません。新卒や未経験でもマレーシア就職ができた方もいます。

そのためマレーシア就職を考えている方は、マレーシア求人・ジョホールバル求人を探してみることが大事です!

今すぐ『私ってマレーシア就職できる…?』という疑問を解決したい人へ..

少しでもマレーシア就職に興味があれば、

マレーシア就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!

(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

もっとマレーシアに特化した転職エージェントを知りたい方は、下記の記事に現地エージェントも含めてまとめています。

>>マレーシア・クアラルンプールの転職エージェント7選をオススメ!海外転職エージェント活用5つのポイント解説!

ここからボンビガールの放送内容に合わせて、マレーシア就職についてご紹介していきますね。

マレーシアの第二の都市ジョホール・バルって?

ジョホールバルの地図

まず地図でジョホールバルの場所を見てみると、首都のクアランプールとは離れていることがわかります。逆に右下のシンガポールと近いですね。

ジョホールバルは不動産を中心に、急激に発展しています。

理由としてはマレーシアの経済発展を目的として、シンガポールと隣接しているジョホールバルへの巨額の投資(イスカンダル計画)が進められているからです。

シンガポール就職が厳しいなら、ジョホールバル就職も良い選択肢!

近くのシンガポールで働くのは、かなりハードルが高いです。ただ、マレーシアのジョホールバルで日本人が働くとすると、以前から進出している日系メーカーや製造業、またサービス業などの仕事があります。

マレーシア移住資金ゼロってほんと?そんなに好条件な求人ってある?

空港

好条件な求人案件があった場合は、その理由や背景を把握することをおすすめします!

というのも、好条件すぎる案件は離職率が高い求人という背景があるケースが多いからです。

スキル・キャリア・英語力があれば、会社が社宅などを負担する事例はあります。

ただ、一般的な求人だと、移住資金をすべて出してくれる企業は少ないです。

最初の渡航費だけ負担してもらえるなど多少の補助が出る会社はあります。また、新規立ち上げの会社や支店で、人数を緊急で集めたいときは例外的に好条件な求人が出ます!

そのため、アジアマガジンでは基本的にマレーシア就職をする際の初期費用(移住資金)は30万円ほど用意することをおすすめしています。

家具家電付き・高級マンション暮らしが46,000円って本当?家賃や物価も解説!

コンドミニアム

はい、マレーシアで家具家電付き・高級マンション暮らしが46,000円は本当です!!

マレーシアに限らずですが、基本的に東南アジアでは…

家具家電付きやプール付きなどのコンドミニアム(日本で言うマンション)が一般的

家賃に関しては、平均すると首都クアラルンプール都心で1500〜3000リンギット(4〜8万円)。クアラルンプール郊外で1000〜2000リンギット(2.5〜5万円)のマンションに住んでいる方が多いです。

もちろん3000リンギット以上のマンションに住んでいる方もおり、1500リンギット以下の格安物件に住んでいる方もいます。

また、日本人が多く住んでいる地域としては、クアラルンプールで言えばKLCCエリアとモントキアラ、あるいは、クアラルンプール郊外のサイバージャヤやプトラジャヤが挙げられます。

正直に言うと住環境や飲食店などを含めて、いまのところ暮らしやすいのはジョホールバルよりも、やはり首都のクアラルンプールが良いです。

マレーシアの物価って?日本と比べると?

基本的にマレーシアの物価は日本の3分の1と考えてもらえるとイメージしやすいかもしれません。

具体的には下記が相場になります。

家賃 RM2,000(5万円)
通常の飲食費 RM1,200(3万円)
交際費 RM1,000(2.5万円)
移動費 RM300(7,500円)
携帯代 RM200(5,000円)
雑費 RM300(7,500円)

ざっくりとですが、家賃+3000リンギット(8万円)くらいです。

例えば家賃が2000リンギット(約5万円)の場合は、月5000リンギットくらい(約13万円)の生活コストになります。

そのため、普通の暮らしをしても、合計して月4000〜7000リンギット(10〜18万円)くらいで生活している方が多いかと思います。

今回のボンビーガールの放送でも…

・ガソリン1
・化粧品2万円
・食費3万円
・週末には旅行
 →23日で2万円
 →シンガポールには90円出いける

とご紹介されていましたね!

マレーシアでは朝昼晩のすべて外食が普通?

マレーシアの食事

マレーシアでは食事=外食が一般的です!むしろ外食をした方が安いこともあります。

ただ、現地に住んでいる日本人の人と話していると、外食だけだと栄養のバランスが良くないので、自炊をしていたり、市場でフルーツを買ったりと工夫をしている人が多いですね。

また、マレーシアは多国籍国家なので、マレーシアのローカルフードとしてアジア各国の料理を食べられるのも魅力的です!長く住むと日本食を食べることが多くなる、という話はよく聞きます!(笑)

そもそもマレーシア就職や転職って現実的?現地採用の月給や給料を解説!

給料

日本人がマレーシアで働く際の平均給料(月収)は、ズバリ…

5,000〜8,000RM(約14万〜22万円)です!

実際に高い英語力が求められないマレーシアのコールセンターの仕事の給与は、5,500RM〜(約15万円〜)ほどです。

そのため、今回テレビで紹介された1人目のボンビーガールの給料30万円は相当高い給料となります!(ポジションもエリアマネージャーの方とのことだったので、納得ですね!)

これからマレーシア就職を考える人は、2人目のボンビガールの月給の『14万円』が相場と考えてくださいね!

職種別の給料もまとめておいたので、気になる方は確認してみてくださいね。

職種別で見る給料

営業(セールス)、コーポレートスタッフ、日本人サポート(カスターサポート)は、5,000〜7,000RM(約14万〜20万円)

エンジニア(技術者)などは、7,000〜9,000RM(約20万〜25万)

また、業種業界問わず、部長クラスやマネジメント経験などが豊富な方は、最初から12,000RM〜(約33万円〜)の求人もあります。

少しまとめると…

基本的に5,000RMあれば、マレーシアの物価から考えると一般的な暮らしができるので…

日本人がマレーシア就職をする際に、金銭的に生活に困るケースはほとんどありません!

おわりに|ボンビーガールで海外移住に興味を持ったら、マレーシア求人を見ることから始めよう!

ジョホール・バルの風景

今回はボンビーガールの放送内容に合わせて、マレーシア就職についてお伝えさせていただきました。

やはりテレビ番組では、マレーシア就職の良い部分しか放送されません…

ただ、それでもマレーシア就職に良い点があるのは事実です!その分、しっかり自分自身で情報収集をしていくことが重要です!

少しでもマレーシア移住に興味があれば…

就職するしないに関わらず、まずは海外就職のプロに相談をして、まずは自分自身のマレーシア就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料でマレーシア就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

マレーシア就職を考え始めたら、すぐにマレーシア現地の就職支援会社ではなく…

日本拠点があり、海外求人を扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

マレーシア就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.海外就職全般の傾向や給与の相場感を掴むため

2.選択肢を広げるため(実際に最初の希望とは違う国に就職した人も多いです)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、現地に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、海外就職の成功のカギです。

マレーシアへの転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェントは国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

マレーシア就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広くマレーシア求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンはマレーシア就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。