外資系への転職で失敗する5つのパターンと失敗しないための対策

こんにちは、アジアマガジン です!

グローバルに活躍できる人を目指して、高収入を目指して憧れの外資系企業への転職に成功!

・・・しかしその後失敗してしまった。

こういった例も実は少なくはないのです。

企業に合う合わないは入社してみないとわからないのでなんとも言えないですが、実際に入社して失敗してしまった人もいます。

こういったことにならないために必要なことは

事前に企業情報をしっかり調べ、自分自身をしっかり掘り下げることです。

今回は外資系企業への転職で失敗してしまう5つのパターンとその対策をご紹介します!

すぐにでも、外資系転職を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

外資系の転職に失敗してしまう5つのパターン

外資系企業の転職に失敗してしまうパターンは大きく5つあります。

順にご紹介していきますね。

完全成果主義が合わなかった

1つ目は外資系企業の特徴である成果主義、その中でも生命保険会社などに多い完全成果主義が合わなかったパターン。

完全成果主義とは成果が出なければ給料はゼロという意味なので、実際かなり厳しいのです。

成果を出すことができれば年収1,000万円を目指すことも可能ですが、日本では営業職であってもほとんどが最低額が保証された月給制なので実際に給料が低かった時に驚く方も多いそう。

そこから成果を出して這い上がれる方もいますが中には挫折し再度転職してしまった方もいます。

英語力が不十分だった

2つ目は英語力が不十分だったこと。実際にTOEICの点数が高くても実用的な英会話などができない人もいます。

そういった方は商談の英語が聞き取れなかったり話せなかったりと苦労することも多く、想像していたよりも英語ができないと痛感する方もいます。

そのため普段の業務もできず挫折してしまうケースがあります。

本国の影響が大きく自由度が意外と低かった

3つ目は思ったよりも自由度が高くなかったこと。外資系企業には残業もなくワークバランスがしっかりして自由度が高い印象がありますが、企業によっては本国と密にやりとりをすることがあります。

日本では成功しなさそうな方法でも、本国からの指示であれば絶対従うといったこともありますし、ミーティングなども本国の時差に合わせて深夜に行うといったこともあるので想像以上に自由度がないとギャップを感じてしまう方も少なくはないようです。

外資系企業の雰囲気に合わなかった

4つ目は外資系企業の雰囲気に合わなかったこと。外資系企業は日系企業のように仕事に頻繁に飲み会があるといったこともなくほとんどが仕事上の付き合いのみです。

よくも悪くもドライな風土なのでそれに合わないと冷たく感じてしまったり、面白くないと感じてしまうこともあるようです。

また、外資系ではフランクではあるのですが企業によっては上司の命令は絶対ということもあるので、上司と仕事上合わなければかなり厳しくなる可能性もあります。

撤退・合併により職を失った

最後は外資系ならではなのですが、撤退や合併により職を失う可能性があることです。

外資系企業は日本に進出している海外企業なのでもちろん突然撤退となる恐れもあります。

撤退が決まるとすぐに職を失うことになってしまします。また、外資系では日系企業以上に企業同士合併がおこるので合併し同じポジションの人間が2人になったので1人をリストラするといったケースもあります。

リアル溢れる失敗パターンでしたね・・・。
せっかく転職するのであればこのような自体は避けたいもの。
そんな方にはたった1つの対策をご紹介します!

失敗しないためにできるたった1つのこと

外資系企業に限らずですが、転職には失敗のリスクがどうしてもついてきます。

失敗しない確率を0にすることは絶対にできませんが1つだけ回避する為の対策があります。

それは、企業を徹底的に調べ自分と合うか掘り下げて考えることです。

企業の風土や条件など、調べられるものは徹底的に調べ上げ、ギモンに思うことは面接の時に必ず聞くことです。

入社したいという焦りから面接で聞きたいことを聞かずにいってしまう方もいますが、それで入社後に失敗してしまったら本末点灯です。

インターネットからも直接でも、企業の情報を徹底的に調べ、本当に自分に合いそうかを掘り下げるようにしましょう。

企業だけでなく自分自身を掘り下げることも大事!
自分は本当にプレッシャーに耐えられる性格かなど、自分のこともしっかり見つめ直すようにしましょう!

最終的には入社してみないとわからない

対策もお伝えしましたが、最終的にはやはり入社してみないとわかりません。

そこに当たっては失敗する可能性もあるけど自分なら大丈夫という覚悟が必要です。

失敗とならないよう努力をすることも大切ですが、一番大切なのは失敗してもやり直すことができると自分を励ますことです。

どんな形であれ人はまたやり直すことができるので、それでも大丈夫と覚悟をして転職を決めることをおすすめします。

最終的には自分次第!
転職するならとことん自分と向き合って決断しましょう!

まずは外資系企業の求人を見てみることから始めませんか?

ぜひ、外資系企業への転職したいのですが、何から始めたらいいか…

まずは具体的な求人を見ていくことから始めるべきです!

最後にアジアマガジンが…

外資系企業への就職におすすめの転職エージェントをご紹介しますね!

転職エージェントおすすめ3選

1位:JACリクルートメント
2位:ロバート・ウォルターズ
3位:ビズリーチ

1位:JACリクルートメント

スクリーンショット 2017-04-28 15.15.02

JACリクルートメントはアジア8カ国に展開していて、国内のリクルートやマイナビと並ぶような大手転職エージェントです。

とてもオススメの転職エージェントですが、外資系の風土が強く、ドライに求職者を評価するため、市場価値が無いと判断されるとお仕事をあまり紹介してもらえません。

具体的には現職の年収が500万円以下の場合、求人案件を紹介してもらえない傾向が強いです。

しかし、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルなので、キャリアに自信のある人は絶対に登録するべきです。

2位:ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは外資系に特化したイギリスに本社がある転職エージェントです。

特に英語力の高い方は、ここに相談することで年収の高い求人を探すことが可能です。日本国内にある外資系の転職エージェントの中では、日本進出の最も早かった企業です。また満足度93%の質の高いコンサルタントがチーム体制でサポートしており国内外問わず数々の賞を受賞しています。

3位:ビズリーチ

ビズリーはシンプルな転職サービスで、『登録をしてヘッドハンターから連絡を待つ』だけです。そのため、面倒なパソコン操作なども必要ありません。

若年層にはあまりおすすめできない転職サービスですが、キャリアを積んでいる方にはピッタリな転職サービスです。理由としては、豊富なご経歴がとても評価されるからです。

『ビズリーチに登録する=日本中の優秀なヘッドハンターに「あなた」のご経歴を知らせることができる』ので、キャリアに自信のある方は登録するべきです。


いかがでしたでしょうか?

最後にもう一度、外資系企業への就職におすすめの転職エージェントをおさらいしましょう!

転職エージェントおすすめ3選

1位:JACリクルートメント
2位:ロバート・ウォルターズ
3位:ビズリーチ

どれも良さそうですね…

本来でしたら3つとも登録をして、多くの求人を見ることをオススメしますが…

JACとビズリーチはハイクラス向けで限られた人にしかオススメできないので、外資系を考える全員にオススメできるのが、ロバート・ウォルターズです!

『ロバート・ウォルターズ』は、満足度93%で、サポート体制に定評があるので一度相談してみましょう!しかも無料です!

また、年収600万円以上で30代以上の方は、ハイクラス海外求人が多いJACリクルートメントがオススメです。JACは、外資系の風土が強く、ドライに求職者を評価するため、市場価値が無いと判断されるとお仕事をあまり紹介してもらえませんが、キャリアに自信がある人はぜひ相談してみてください!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。