外資系企業は副業できる?実際にされている副業についても解説

こんにちは、アジアマガジン です!続々と副業が解禁となり、いくつかの有名企業でも副業を許可されるようになりました。

日系企業ではこれまでずっと副業は禁止されていましたが、外資系企業の場合はどうなのでしょうか?

結論をお伝えすると、

外資系企業での副業は、業界によって異なります。

今回は外資系企業での副業について解説していきます。

すぐにでも外資系転職を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

外資系企業の副業は業界によっても異なる

外資系企業では、コンサルティングファームや金融業などでは、まだ副業を禁止しいてる企業が多いです。

この2つの業界に関しては激務の場合もあるため、正確には副業をしている余裕もないという方が正しいのかもしれません。

ただ、この業界の中にも一部の企業では副業を解禁している企業も存在するので日本、外資関わらず副業を許可するかどうかは会社次第といえます。

コンサルや金融系の方は年収が高いので、投資用マンションを次々と買っていき、ストック収入を作っていく方が多いです。

これは副業というよりも、投資や資産運用の例ですが、50代・60代になると活躍するのが難しいような激務な会社では不動産投資の相性が良いです。

外資系コンサルや金融の場合は給料がかなり高いので副業の必要もないのかもしれません・・・。
その他の業界であれば、外資系は副業に対して寛容なところが多いですよ!

副業が可能な企業の場合でも事前に申請が必要

そのほかの業界で、特にIT業界などでは外資系企業で副業を可能としている企業も多いです。

ただ、副業を容認しているからといって勝手に何をしてもいいというわけではなく事前に企業に対して副業の申請をしなければいけないです。

申請して却下されることはめったにはないですが、どのような副業をしているかや本業に支障がでないかなどは確認される可能性があります。

外資系企業に入ろうと思っている方でこれから副業をしたいという方は忘れずに申請するようにしましょう!

どんな副業をしている人が多い?経験を活かしている人が多い

実際に外資系企業で働いている方はどのような副業をしてる方が多いのでしょうか?

外資系企業でも最も多い副業は株式投資や不動産投資だといわれています。また、経験を活かして外部コンサルの仕事をしたり、最近では不動産の運用をしている方もいると言われています。

業界での経験を活かした副業をしている方も多いです。

副業も推進されている時代になってきているので、同僚にもどんな副業をしているのか訪ねられる時代がくるかもしれませんね。

あくまで副業。本業に支障をきたさないように仕事を両立させよう

どの企業も同じことを考えるかもしれませんが、あくまで副業なので本業に支障が出ないことが条件となっています。

どこまで副業をしていいかなどは会社の裁量にもよりますが、本業に支障がで始めると副業に規制をかけられてしまう可能性もあるので、あくまで本業がメインと決めなるべく支障がでないようにしましょう。

おわりに|外資系は副業可能な会社も多い。希望があれば相談しよう]

副業禁止は時代遅れという考え方も目立ち始めました。

今は一つの仕事にしがみつくより、複数の仕事を行なって複数の収入源を持つことが推奨される時代なので副業への考え方も寛容になっている企業も多いです。

もし今外資系への転職を考えていて、副業もしていきたいのであれば面接の時にはっきりと伝えてしまった方がよいでしょう。もしくはあらかじめ副業規定を調べられるのであれば調べることをおすすめします。

外資系企業への転職を考えている方は…

外資系企業への転職を考えている方には『JACリクルートメント』がおすすめ!

スクリーンショット 2017-04-28 15.15.02

JACリクルートメント年収600万〜1,200万円の外資系やエグゼクティブ求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がエグゼクティブ案件が多いため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いです。

ただ、その分、外資系企業やエグゼクティブ案件の転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、キャリアアドバイザーが法人営業も担当しているので、JACのキャリアアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

(ちなみに、大手のリクルートやdodaは、キャリアアドバイザーと法人営業は分業しています)

そのため、外資系企業への転職を希望される人に『JACリクルートメント』はおすすめです。

併用するべきエージェント

『JACリクルートメント』併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系求人を確認できますよ!

  1. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代向け
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/
    =
  2. 『ビズリーチ』
    特徴:登録して待つだけでスカウトがくる
    公式HP:https://www.bizreach.jp/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。