外資系マネージャーは厳しい。日系企業の違いを業界の観点から解説!

こんにちは、アジアマガジン です!

現在日系企業で働いている人も、外資系企業のマネージャー職に転職したいという方も多いのではないでしょうか?

もし、外資系企業への転職を目指すのであれば、先に注意していただきたいことがあります。

外資系のマネージャーは日系企業のマネージャーとは求められるものが違います。

そこで、今回は外資系マネージャーや求人の特徴についてご紹介します!

すぐにでも、外資系転職を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

外資系マネージャーの求人情報。いきなりマネージャーとして採用されるのか

外資系企業のマネージャー職は頻繁に募集されています。

外資系企業のマネージャー職の募集が多い理由には、入れ替わりが激しいことがあげられます。

外資系企業は日系企業に比べ転職も多く、リストラなども頻繁にしていて、流動性が高いという特色があるためマネージャーの求人も多いのです。

特に外資系企業では即戦力を求めている傾向が強いので、実力があると認められれば最初からマネージャーとして勤務できる可能性も十分あります。

求人はメーカーから飲食店、IT企業、コンサルティングなどさまざまな業界で募集されています。

外資系企業でマネージャーになるチャンスは大いにあります!

ただ、外資系企業ならではの特徴があり、向き不向きは大きく分かれるのでその点は注意しましょう。

外資系マネージャーの仕事。することは部下の管理だけではない

先にお伝えすると、外資系企業のマネージャーと日系企業のマネージャーでは求められるものが違います。

日系大手企業のマネージャーは部下の管理をする人ととらえられるのが大半で、部下管理の幅が広がることがキャリアアップにつながると考えられていることが多いです。

しかし外資系企業では部下の管理をするだけのマネージャーは求められていません。外資系企業の日本法人の多くは日本の大企業のように数千名ではなく、数百名などの規模の企業がほとんどです。

そのため、プロジェクトに関わる部下の人数も限られているので部下に任せるだけではプロジェクトが回りません。

人、物、金などのリソース管理をしながらマネージャー自らも率先し業務を行なっていく必要があります。

外資系企業のマネージャーは自分を中心にリーダーとしてメンバーを引っ張っていく必要があります。

外資系マネージャーの年収情報。日系企業に比べかなり高い

外資系企業のマネージャーになると、日系企業に比べてかなり高い給料を得ることができます。

外資系企業は役職手当も高い上に、成果主義な部分が大きいので、プロジェクトで成功したりといった成果を出すことができるとそれだけ高い報酬を得ることができます。

反対に、成果主義な分プロジェクトで成果がでなかったりすると給料はかなり下がってしまいます。

日系企業に比べ高い報酬が得られる分、給料の安定性はあまり高くないので、結果を常に出し続けるという気持ちが必要です。

外資系マネージャーとして転職するなら気をつけるべきこと

外資系企業のマネージャーには日系企業のマネージャーにはない特徴がありました。

成果次第では高い報酬も見込めます。ただ、外資系企業に転職する場合気をつけなければいけないことがあります。

それはリストラのリスクです。外資系企業は日系企業に比べリストラをすることに抵抗がありません。

仕事の成果が出せず想像していた人材とは違ったと判断された場合、マネージャー職であっても問答無用でリストラされてしまうことも珍しくありません。

常にリストラのリスクとは向き合うことになるので、プレッシャーに弱い方などは外資系企業には向いていないかもしれません。

マネージャーは報酬が高い分、求められる成果も大きいです。

また、給料を高めに支払う分結果が出せないとリストラされやすいです。

そういった環境が本当に自分に向いているか?よく考えた上で転職することが大切です。

まずは外資系企業の求人を見てみることから始めませんか?

ぜひ、外資系企業への転職したいのですが、何から始めたらいいか…

まずは具体的な求人を見ていくことから始めるべきです!

最後にアジアマガジンが…

外資系企業への就職におすすめの転職エージェントをご紹介しますね!

転職エージェントおすすめ3選

1位:JACリクルートメント
2位:ロバート・ウォルターズ
3位:ビズリーチ

1位:JACリクルートメント

スクリーンショット 2017-04-28 15.15.02

JACリクルートメントはアジア8カ国に展開していて、国内のリクルートやマイナビと並ぶような大手転職エージェントです。

とてもオススメの転職エージェントですが、外資系の風土が強く、ドライに求職者を評価するため、市場価値が無いと判断されるとお仕事をあまり紹介してもらえません。

具体的には現職の年収が500万円以下の場合、求人案件を紹介してもらえない傾向が強いです。

しかし、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルなので、キャリアに自信のある人は絶対に登録するべきです。

2位:ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは外資系に特化したイギリスに本社がある転職エージェントです。

特に英語力の高い方は、ここに相談することで年収の高い求人を探すことが可能です。日本国内にある外資系の転職エージェントの中では、日本進出の最も早かった企業です。また満足度93%の質の高いコンサルタントがチーム体制でサポートしており国内外問わず数々の賞を受賞しています。

3位:ビズリーチ

ビズリーはシンプルな転職サービスで、『登録をしてヘッドハンターから連絡を待つ』だけです。そのため、面倒なパソコン操作なども必要ありません。

若年層にはあまりおすすめできない転職サービスですが、キャリアを積んでいる方にはピッタリな転職サービスです。理由としては、豊富なご経歴がとても評価されるからです。

『ビズリーチに登録する=日本中の優秀なヘッドハンターに「あなた」のご経歴を知らせることができる』ので、キャリアに自信のある方は登録するべきです。


いかがでしたでしょうか?

最後にもう一度、外資系企業への就職におすすめの転職エージェントをおさらいしましょう!

転職エージェントおすすめ3選

1位:JACリクルートメント
2位:ロバート・ウォルターズ
3位:ビズリーチ

どれも良さそうですね…

本来でしたら3つとも登録をして、多くの求人を見ることをオススメしますが…

JACとビズリーチはハイクラス向けで限られた人にしかオススメできないので、外資系を考える全員にオススメできるのが、ロバート・ウォルターズです!

『ロバート・ウォルターズ』は、満足度93%で、サポート体制に定評があるので一度相談してみましょう!しかも無料です!

また、年収500万円以上で30代以上の方は、ハイクラス海外求人が多いJACリクルートメントがオススメです。JACは、外資系の風土が強く、ドライに求職者を評価するため、市場価値が無いと判断されるとお仕事をあまり紹介してもらえませんが、キャリアに自信がある人はぜひ相談してみてください!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。