外資系のメリット・デメリット14選!転職理由ごとにまとめてみました

こんにちは、アジアマガジンです!

外資系企業に興味があるけど実際大変なのか?自分にあっているか?不安に思う方もいらっしゃいますよね。

今回は外資系企業で働くメリット・デメリットを転職理由ごとにまとめてみました!

あなたの性格や価値観はメリット、デメリットのどちらにあてはまるでしょうか?

すぐにでも外資系転職を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

日系企業から外資系企業に転職するメリット

日系企業から外資系企業に転職する時に感じるメリットを、転職理由ごとにまとめました!

キャリア志向が強い方へのメリット

1.年功序列がなく、成果を出せば若いうちから管理職を目指せる

2.専門的なスキルを伸ばしていくことができる

とにかくキャリアをつんでステップアップしたい!高い年収をもらいたい!にとってのメリットは

年功序列がなく、成果主義なところです。実力主義なので結果を出し続けることができれば20代でも、転職1年目でも役職につける可能性があります。

また、外資系では専門スキルのある人材をもとめているので、専門的なスキルがあれば更に伸ばしていくことができます!

海外志向が強い方へのメリット

3.様々な国の人と働くことができる

4.出張や転勤で海外で働けるチャンスがある

海外が好き!という方にとってのメリットは、外資系は日本にいながら様々な国の人と一緒に仕事ができることです。

また、外資系なので本社は海外にあります。

チャンスがあれば出張や、本社勤務の可能性もあるのでいつか海外で働きたい人や日本と海外をまたにかけて働きたい人にはとても魅力的に感じるでしょう!

収入を上げたい方へのメリット

5.成果報酬で、成果が出せれば高給に

とにかく仕事をして高い給料をもらいたいという方にとってメリットになるのが、外資系は成果報酬であることです。

日系企業のように月額の固定給与が決まっているのではなく、成果を出した分だけ給料を多くもらうことができます。

女性が外資系企業で働く時のメリット

6.男女関係なく管理職を目指せる

7.ワークライフバランスを重視して働くことができる

外資系は日系企業に比べて女性の管理職が多いのが特徴です。年齢も性別も関係なく同等に評価してくれるので管理職を目指したい女性にはとてもオススメです!

また、外資系の方がプライベートを大切にする文化があるので子育てをしながらでも働きやすいのがメリットといえますね!

外資系で女性が働くことについて、こちらの記事で詳しくご紹介しています!

女性で外資系への転職を考えている方はぜひご参考にしてください!

外資系企業に女性が就職するのはアリ?キャリアアドバイザーが解説!

2017.11.25

日系の人間関係に悩んでいる人へのメリット

8.人間関係がフラットで干渉されない

外資系は日系企業に比べて人間関係がフラットで、付き合いの飲み会もほぼありません。

付き合い残業や飲み会をもうしたくない!という方にとっては、仕事上の人間関係を割り切ることができるので大きなメリットになるでしょう。

自由を求める人へのメリット

9.様々な働き方が選択できる

10.プライベートを大事にできる

外資系は日系企業に比べてリモートワーク等の働き方が進んでいて、中には出社の必要がない企業もあります。

残業は基本的にせず、決められた時間内に仕事を終わらせる文化があるので、プライベートを大切にしたい方にもおすすめです!

転職の目的別にメリットを紹介しましたがいかがでしたか?

外資系で働くことは様々な面でメリットがありそうですね。

反対にデメリットはどんなものがあるでしょうか?

日系企業から外資系企業に転職するデメリット

外資系で働くメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。日系企業から転職する時にデメリットに感じることはどんなことがあるでしょうか?

ご紹介します!

待遇を重視する方へのデメリット

11.福利厚生は充実していない

12.研修という概念がない

外資系は日系企業と比べて福利厚生が充実していません。退職金がなかったりと、日系企業ではよくある福利厚生がないことがほとんどです。

また、研修という概念がないので、入社後は自分から進んで仕事を覚えていくことになります。これまでの日系企業の働き方や待遇になれてしまっている方にとってはデメリットに感じてしまうこともあるでしょう。

デメリットにもなる福利厚生や退職金について、こちらの記事で詳しくご説明しています!

外資系企業には退職金はない!日系と比べて得or損?

2017.12.07

外資系に福利厚生は期待するな。日系企業と比べて損or得?

2017.12.06

安定を会社へ求める人へのデメリット

13.成果が出せないと給料が下がる

14.リストラになる可能性が高い

仕事に安定を求める方にとっては正直外資系はおすすめできません。外資系では毎月安定して給料が入ってくるのではなく、成果によって増減します。

成果を出すことができなければ、その月の給料は下がります。また、最悪の場合リストラされてしまうこともあります。結果を求めず、仕事に安定を求める方には厳しいです。

外資系で起こるリストラについて、こちらの記事で詳しくご紹介しています!

外資系では本当にクビ・リストラがあるのか詳しく解説する

2017.12.06

おわりに|外資系転職のメリットとデメリット、どちらが気になりましたか?

今回は転職理由ごとにメリット・デメリットをご説明してきました。どちらが気になりましたか?

メリットの方が気になるのであれば外資系でもその力が発揮できるかもしれません。反対に、デメリットが気になってしまうのであれば、外資系企業で働くのは厳しいかもしれません。

あなたは仕事にどんな価値観を求めますか?

とことん追求して、その上で外資系で働きたい!と思えるのであれば、挑戦できる魅力的な環境です。まずは求人を見てみることから始めてみてはいかがでしょうか?

外資系企業への転職を考えている方は…

外資系企業への転職を考えている方には『JACリクルートメント』がおすすめ!

スクリーンショット 2017-04-28 15.15.02

JACリクルートメント年収500万〜1,200万円の外資系やエグゼクティブ求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がエグゼクティブ案件が多いため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いです。

ただ、その分、外資系企業やエグゼクティブ案件の転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、キャリアアドバイザーが法人営業も担当しているので、JACのキャリアアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

(ちなみに、大手のリクルートやDODAは、キャリアアドバイザーと法人営業は分業しています)

そのため、外資系企業への転職を希望される人に『JACリクルートメント』はおすすめです。

併用するべきエージェント

『JACリクルートメント』併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系求人を確認できますよ!

  1. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代向け
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/
    =
  2. 『ビズリーチ』
    特徴:登録して待つだけでスカウトがくる
    公式HP:https://www.bizreach.jp/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。