インドビジネスが注目される大きな3つの理由とは?

みなさん、インドの人口は2022年には、14億人を突破することをご存知でしたか?これは、中国を追い越して、インドが世界で一番人口が多い国となることを意味します。人口がここまで大きくなると、やはり世界に対するインパクトが違ってきます。もちろん、現時点でも人口が12億人いるということですら、想像がつかない数字ですが・・・。そこで、今回はインドが注目される理由を3つに絞ってみました!!

インドが注目される3つの理由

1)政策や税がインドで統一される

「当たり前じゃないか」と思った方々が沢山いると思います。ただ、インドでは今まで、州ごとに税金や政策が違っていました。つまり、インドに進出する外資企業にとっては、州が違うと違う国のように手続きが煩雑でした。そこで、2016年から、モディ首相が統一に向けた憲法改正を行いました。そのため、今後、より一層外資企業のインド進出が加速するのではないでしょうか。

2)高額紙幣の廃止

昨年の11月、突如、インドに出回る紙幣の合計価値86%にあたる、高額紙幣が廃止されました。これは、一定期間、相当な混乱を招きましたが、ブラックマネーがGDPの2割以上を占めるという現状を打破する目的があったため、国民の理解が得られていることが特徴的です。今後、国全体のキャッシュレス化を推進するインドは、経済面から見ても、様々な施策が今後期待されます。

3)iPhoneの生産がインドで

これは巨大市場としてインドが、世界に浸透してきていることを意味するのではないでしょうか?2017年の2月3日に、インド南部のカルナタカ州で、米アップルがiPhoneを生産することが明らかになりました。具体的には、今年の4月末ごろまでには、生産が開始されるそうです。

(参照)
http://www.jiji.com/jc/v4?id=foresight_00199_201701160001
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020301242&g=int

まとめ

インドが注目される3つの理由は下記の通りです。

1)政策や税がインドで統一される
2)高額紙幣の廃止
3)iPhoneの生産がインドで

今回はインドが注目される理由を3つに絞ってみました。やはり人口が14億人になると予想されるインドの情報は見逃せないのではないでしょうか?引き続きアジアマガジンでは、アジアで働きたい人や、アジアで働いている人のお役に立てるような情報を発信していきます。

まずお気軽に無料相談窓口へ!!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!