海外で働きたい20代に最初に考えてほしいこと

こんにちは、アジアマガジン編集部です。今回は次の条件に当てはまる方に対して、少し書いていきますね。

・特に20代の方
・いつかは海外で働いてみたいと思っている方
・今は日本で働いている方
・「英語も少しならできる・・・」と思っている方
・就活の時に“海外で働ける会社”という軸を置いていた方

 

そんな方々には、是非、海外でチャレンジすることも、今後のキャリアの選択肢の1つとして考えていただきたいです。

というのも20代で海外に行くメリットはたくさんあるからです。特に経済成長が著しいアジアのエネルギーを肌で感じるか、感じないかは全然違うと考えております。海外で働くメリットを挙げると、とても時間がかかってしまうので、ここでは割愛させていただきますね。

ただ、最初に考えて欲しいことが1つだけあります。

スクリーンショット 2017-04-10 22.07.56

シンプルなことですがこれが一番重要で、なぜ海外で働きたいかを、脳に汗をかくほど考えていただきたいです。20代では特に大事になってきます。

なぜ、脳に汗をかくほど考えなければいけないか?

pexels-photo-60849

30代からは、ある程度の社会人経験もあり、海外で活躍できるスキルやマネジメント経験を持たれているケースが多いです。その一方で、20代の方はそれほどスキルや経験を持たれていないケースがほとんどです。少し厳しい表現になっていますが、考えてみると当たり前のことですよね。

また、本当に海外で活躍したい方は、学生時代から積極的に海外で活動したり、人脈を作ったりしています。

そのような方と比べて、日本で働きながら海外で働きたいと考えていて、この記事を読んでいるあなたの強みを考えていただきたいです。

20代のあなたは何が武器なのか?ということになりますよね。もちろん、スキル・経験・語学力も重要ですが、それと併せて、マインドが非常に重要になってきます。

20代は特にマインド面が重要

pexels-photo-325521

一般的な国内転職でしたら、仕事が変わるだけですが、海外転職は、住む国と仕事の両方が変わります。

当たり前ですが、海外は日本と違います。
つまり、海外は日本より『言い訳ができる環境』が揃っています。

文化が違う・・
言葉通じない・・・
渋滞が多い・・・
通信環境が悪い・・・
日本と比べて・・・

 

などなど、言い訳がたくさんあります。

採用担当者は、そんな言い訳が多くできる環境で、長期的に働いて活躍できる人を求めています。だからこそ、マインドが重要になってきます。

「私って、本当に海外で働きたいんだっけ?」という質問を、もう少し具体的な質問に落とし込んでみましょう。

「日本でもいいことじゃないのか?」
「日本で会社を変えるだけで、達成できることではないか?」
「あえて海外で活躍したい理由は何なのか?」
「なぜ現職のまま働き続けることでは駄目なのか?」

20代で海外転職を成功させている人は、これらのことが非常に明確です。

もう一度言いますね。「本当に海外で働きたいのか?」という点は面接で間違いなく深掘りされます。それが明確でなければ、まず海外転職は成功しません。

もう一度、自分を整理してみましょう。

pexels-photo-394545

というのも、今まで深く考えていなかっただけで、自分の過去を振り返ってみると、意外と海外で働きたい理由を持たれていた方がほとんどです。実際、アジアマガジンに相談をしてくださった方で、面談を進める過程で、海外で働きたい理由が明確になっていく方も多くいらっしゃいました。

そもそも、今、この記事を読んでいるという点で、海外で働くことに興味があり、行動に移していることにもなりますよね。今、この記事を読んでいることには、間違いなく理由があります。これを機会に、その自分自身の気持ちを、もう一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。

本当に海外で働きたいなら、もっと次に行動するべきことも明確になってくるはずです。

アジア就職/アジア転職のキャリア相談を受付中!(無料)

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

アジア就職の無料相談はこちらから

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22