現地レポート『JAPAN CAMBODIA KIZUNA FESTIVAL2018』 に行ってきました!

こんにちは!カンボジア在住管理栄養士のアヤです!今回は、先日開催されたJAPAN CAMBODIA KIZUNA FESTIVAL 2018 (日本・カンボジア 絆フェスティバル2018)に遊びに行ってきたので、その様子をご紹介したいと思います。

 JAPAN CAMBODIA KIZUNA FESTIVAL2018とは?

Cambodia-Japan Cooperation Center(通称:CJCC)というカンボジア日本人材開発センターで行われたイベントになります。場所の位置はボンケンコン地域からプノンペン空港へ向かう途中のRussian Federation Blvdst.110という道路に面しています。このイベントは毎年開催されていて、今年の開催日時は2月22日~25日の4日間でした。

開催目的は日本とカンボジアの交流の場を設け、関係を深めるために開かれました。そして、入り口を入ってすぐのところに今までの活動内容が展示されていました。私の知らないところで、カンボジアと日本の学生さん達が交流を深め、様々なチャレンジをしている事を知りました。そして、カンボジア人にとって日本は親日国だということで、日本人にとって住みやすい国だなと改めて感じることが出来ました!

可愛らしい浴衣を着た学生さん達が沢山いたので写真を1枚撮らせてもらいました!

さぁ!イベントの様子をご紹介します

この4日間、毎日各ステージごとにスケジュールが組まれパフォーマンスが披露されました。例えば、日本とカンボジアに関するクイズゲーム、ファッションショー、浴衣コンテスト、うどんの作り方や太巻きの作り方を指導する内容などがありました。

また、出店ブースも様々で日本の食べ物やおかしが売っていたり、カンボジアは自動車免許の取得率が低いので、免許の斡旋をする日本企業などもありました。

そして各スポンサーの宣伝広告などもありました。スポンサーとなる日本企業はSUZUKI、AEON、ANA、ASIA centerなどでした。

私はというと・・

ぶらぶら歩きながら、各ブースの出店を見てカンボジアの手作り手芸品、工芸品を見て回りました。お馴染みのカンボジア雑貨から目新しい物までありましたよ。

どうですか?可愛らしい雑貨がたくさんありますよね。スカーフのような商品はクロマーと呼ばれるモノでカンボジア人は日よけのために首に巻いたり、頭に巻いたりして使っていますね。私は、テーブルクロスにしたり、ソファーカバーなどにして使っていますよ!マーケットには必ず売っています。また、会場入口には雛人形が飾ってありました。この時期、日本は雛祭りで一色になると思うので、少しでも日本らしい雰囲気を感じられ嬉しかったです。

美味しい食べ物ありますよ!

入り口を入ってすぐお祭りのように屋台が立ち並んでいました。お餅を焼いていたり、お米からおせんべいを作っていたりと、日本らしいお菓子を作っていました。また、カンボジアらしい肉焼きや、カラフルな肉まんも売っていました。私はというと・・プノンペンの記念塔を型どったクッキーが定価の半額で売っていたのでそちらを買いました。ちなみにこの商品はおみやげ店にも売っているので、日本へのお土産にするにもオススメですよ!

おわりに

<JAPAN CAMBODIA KIZUNA FESTIVAL2018>
最後にこのイベントの内容はフェイスブックでも案内が出ていたので添付しておきます。
こちらからも開催中の雰囲気が分かると思いますのでぜひ御覧ください。
https://www.facebook.com/events/2013851272201140/

以上、JAPAN CAMBODIA KIZUNA FESTIVAL2018のご紹介でした。在住日本人ならほとんどの方に認知されているこのイベント!ぜひ、来年はお越しください。また、今後もプノンペンやその近郊で開催されるイベントや企画がありましたら、ご紹介したいと思いますのよろしくお願いします!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。