カンボジアは正月が3回あります…(笑) 楽しいクメールニューイヤーを現地からレポート!

スォスダイ!(こんにちは!)カンボジア在住管理栄養士のアヤです!今日はクメールニューイヤー・お正月の様子を皆さんにお伝えしたいと思います。

カンボジアにはお正月がなんと年間3回もあります!!1月1日インターナショナルニューイヤー、2月19日~チャイニーズニューイヤー(中国正月)、4月14~16日クメールニューイヤー(カンボジア正月)とあります。お正月が沢山あるなんて、お祝い好きな文化ということが分かりますね。羨ましい!

そして基本は祝日になるので、お仕事をお休みされる方が多いですね!日本人も含め、皆さん有意義に楽しんでいます。日本人は、日本へ帰省する方もいますが日本の祝日とは関係ない日にちなので日本の祝日の混雑と被らなく助かっている人が多いみたいですよ!私も長期休みの時には日本への帰省はもちろん、タイ、ベトナム、マレーシアなどの近郊へも旅行に行きます。

カンボジア正月の過ごし方

クメールニューイヤーではプノンペンに住まれている方の半数以上は地元や旅行に行かれます。車に大所帯の家族連れと荷物を積んで移動します。お正月のお休みは4月14日から16日ですが、多くの方は1週間ほど休暇をしてからプノンペンに帰ってきます。ですので実質翌週の月曜日ぐらいからいつも通りのプノンペンの姿に戻ります。ちなみに、今回私はプノンペンにいましたので道路の写真をパシャリ、撮ってみました。

人混みの少ないプノンペンにいると何か新鮮に感じました!車やバイクがほとんど走っておらず、交通渋滞もなくスイスイでした!クラクションやスピーカー音も少ないので静かな街となり、数日間は静かにゆっくり出来ました!(毎日、静かな落ち着いた街だと嬉しいのにな・・と思いながらいましたよ。)

*次の写真はお祝いの品です。皆さん地元へ帰られる際に買って行きます。いつも以上にお店が混んでいましたよ!

カンボジア正月でもオープンしているお店!

お正月でもオープンしている飲食店を探してみました!そうするとボンケンコン1エリアではチェーン店のケンタッキー・フライド・チキン、コールドストーン(アイスクリーム店)、丸亀製麺などがオープンしていました。食事時にはいつも以上に混んでいましたよ!休みの時ぐらい、のんびりしたかったのでお店がオープンしていて助かりました。

また、イオンは年中オープンしているのでここぞとばかりにイオンに人々が集まっていました!駐車場や近隣道路は大渋滞ですね。

カンボジア料理店はというと・・カンボジア人が営業している場合が多いのでもちろんお休みになります。お正月はお休みしますよね! 日本のように新年早々バーゲンや、セールという習慣はありません。

王宮前のイルミネーション

イベント事があると、王宮ではライトアップがされ綺羅びやかになります。また、夜にはサップ川方面から花火が打ち上げられます。川岸にいる観客は皆さん「綺麗だね~」と言いながら見惚れていました。お祝い気分を満喫していますね!

おわりに|カンボジア正月って実際どう?

プノンペン市住民の皆さんは地元や旅行に行かれ、多くのお店が閉まっていました。しかし、チェーン店の飲食店やイオン、王宮周辺にはいつも以上に住民が集まり大混雑でしたね!ここ最近ではお馴染みの光景ですよ!

カンボジアの祝日は年間28日ほどあり約1ヶ月は祝日ということになります。ですので日本人も含め、カンボジアでの祝日を有意義に活用することが大事だと感じながら生活しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。