【ミャンマー】ビジネスミーティングにも使えるカフェ。ラングーン ティーハウス!

本日はミャンマーのヤンゴンでのビジネスミーティングにも使える、おしゃれなカフェをご紹介します。実際に現地に行ってきたので、店内の写真とともにご紹介しますね!

ヤンゴン – ミャンマーに来たら訪れるべきラングーン ティーハウス(Rangoon Tea House)

DSC00656

イギリス植民地時代の建物で、高い天井とやんわりとした照明が心地よいです。オーセンティックな雰囲気に改装された店内では古いミャンマー映画を放映していました。西欧人のお客さんが多いです。

DSC00665

ティーハウスという名前から分かる通り、ミャンマー式のお茶が人気。濃い目のお茶にコンデンスミルクをいれたラペイェザインという飲み物はミャンマーでは大変ポピュラーで、通常道端にある屋台のお茶屋さんで飲むことが多いです。

露店だと注文するときもコンデンスミルク多めなど細かい注文ができるのですが、旅行者にはちょっとハードルが高め。こちらではお茶の種類も16種類とバラエティー豊かで、お好みの味でオーダーできます。お食事メニューも充実しています。通常ミャンマー料理は脂っこいものが多いですが、こちらは油控えめな印象。

私のおすすめはOhn-No Khao Swèというミャンマー式ココナッツチキンカレーヌードルです。日本でも流行りのタイ北部料理 カオソーイ ガイ(チキンカレースープヌードル)にも少し似ていますが、こちらのほうがよりココナッツの甘さとまろやかさが強い気もしました。

DSC00714

英語メニューもあり、スタッフも気持ち良いサービスをしてくれます。
DSC00655

お店の場所はヤンゴンのダウンタウンの中心、スーレーパゴダ近くのパンソーダン通りになります。

DSC00715

コロニアル建築が広がるパンダーソン通り

いかがでしたでしょうか?歴史ある建築と美味しいお茶が一度に味わえてしまうラングーンティーハウス。ミャンマーのビジネス視察に来た際には、ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがですか?

▼Rangoon Tea House(ラングーンティーハウス)
77-79 Pansodan St ( Lower Middle Block), Kyauktada Township, Yangon, Myanmar
+95 9 979 078681
http://www.facebook.com/RangoonTeaHouse/

アジアマガジンではこれからもアジアビジネスに役立つ情報を発信してまいります。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。