タイ バンコクの世界最大級ナイトスポット散策!老若男女皆で楽しめる魅力を紹介!

私はダラットから直行便で、タイバンコクを訪れ、まず1泊千円の「23ゲストハウス」に宿泊しました。

ここは、バンコクの中心部とも言えるスクンビット駅の近くにあるベストな安宿でコスパが高いです。

連泊したのですが、バンコクの5ツ星ホテルも体験したく、ジャスミンリゾートホテルにも宿泊しました。

さすがに申し分の無いホテルでした。バンコクのナイトスポットを散策するのに最適のホテルを選択できたと思います。

タイバンコクの交通機関

私は2018年2月にタイのバンコクを訪れたのですが、交通機関の発達は著しいものがありました。今やタイは、世界最大の観光スポットを擁する街だと言っても過言ではないと思います。

7万人もの日本人が居住しているというのも首肯できます。電車は、BTS(高架鉄道)、MRT(地下鉄)、エアポートリンクの3種類です。

その他の交通手段として、タクシー、バイクタクシー、トゥクトゥク、市内のバス、ドンムアン空港行きバス(エクスプレスバス)、エクスプレスボート(チャオプラヤー川を走る船)などがあります。

タイバンコクのナイトスポット

タイのバンコクの楽しみ方は、大きく分けて3種類あります。すなわち、寺院巡りとショッピングとナイトスポット探訪です。

今回は、ナイトスポット散策に焦点をあてたいと思います。タイのバンコクには、数多くの有名なナイトスポットがあります。

タイ舞踊やムエタイの視聴、クラブ、ルーフトップバー、ナイトマーケット、ゴーゴーバー散策などが挙げられるかもしれません。

タイバンコクのおすすめ

タイ舞踊やムエタイの視聴、クラブ、ルーフトップバー、ナイトマーケット、ゴーゴーバー散策のうち、特におすすめを紹介します。指先の芸術と言われるタイ舞踊は、必見の価値があります。

サイアム・ニラミットは世界一の巨大なステージで、日本語の解説もあるので、おすすめです。クラブならオニックスが一番人気です。

ナイトマーケットは、ラチャダー鉄道市場がおすすめです。ゴーゴーバーなら、映画の舞台になったソイカウボーイが印象に残ると思います。

最後に

タイのバンコクで、タニヤ通りはマストプレイスだと思います。日本人街なので、両替したり、日本料理を味わったりするのにおすすめです。

タイ初心者は、まずタニヤを訪れると、何らかの得るものがあるかもしれません。近くにパッポンがあるので、ブラブラしたり、ショッピングを楽しむのに最適な場所です。

とにかくタイのバンコクは、老若男女を問わずそれぞれが楽しく過ごせるナイトスポットが数多くあります。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。