台湾のおすすめ定番グルメ!地元住民が愛するローカルフード3選

リーホー。台湾南部在住のフミです。
実は、台湾にはキッチンがないアパートが多いんです。

何故かというと三食外食で済ませてしまう人が多い、外食文化だからです。皆さんも台湾のご飯や安いと聞いたことがあると思います。

私も台湾に初めて来た時はとっても驚いたのですが、屋台などではすごい安い価格でご飯が販売されています。また、こだわりの台湾グルメも数多く存在します。

その中から、台湾に来たらぜひ食べて欲しい地元住民が愛する定番グルメ3つをご紹介します。

大腸麺線(ダーチャンミェンセン)


カツオダシが効いているトロミがついたスープに、そうめんのような麺とホルモンが入ってます。トッピングには、パクチーとニンニクが入ることが一般的です。

嫌いな人は抜いてもらえるので、安心してください。1度食べたらやみつきになる味です。台北の有名な士林夜市でも大腸麺線を売ってる屋台を見つられます。

魯肉飯(ルーロウファン)


いたるところで見かける台湾のローカルフードです。お値段がお手頃なので、気軽に食べに行けます。白いご飯の上に、煮込まれて味がたっぷりとしみた豚肉がのっかります。

お店によって、味やトッピングが違うので色々試して、自分の好きな魯肉飯を発見してみて下さい。

鍋焼意麺(グゥォサォイミェン)


台湾北部ではあまり鍋焼意麺を売っているお店は見かけませんが、南部に来るとすぐ見つけられます。台湾南部のローカルフードと言えるでしょう。

海鮮をふんだんに使ったスープの中に揚げた麺が入っています。揚げた麺を使うことで、スープが麺に染み込み味に深みが出て美味しいです。南部に来たらぜひ食べてみて欲しい一品です。

これらの画像からも推測できる通り(大腸麺線と魯肉飯はお持ち帰り用の容器に入れてもらってます)、台湾ではお持ち帰りができるお店が多いです。

ご飯の時間になると、店内で食べるお客さんとお持ち帰りを待つお客さんとですごく混み合います。

台湾ではサラリーマンとして日々コツコツ働くよりも自分でお店を出して、そのお店の人気が出たほうが稼げると言われるくらいなんです。そんな夢が溢れる外食業界の台湾グルメをご紹介しました。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。