台湾でバスを利用する方法!私がバスを利用するときに戸惑ったことを元に解説!

みなさん、リーホー。台湾南部在住のフミです。

台湾で近距離を移動するときですが、台北や高雄では地下鉄がわかりやすく本数も多いのでおすすめです。

しかし、台南には地下鉄がないためバスかタクシーの移動のみとなります。

台湾のバスですが、日本とは違う点が多く戸惑うことも多々あります。

私がバスを利用する上で戸惑った日本との違いをご紹介します!

 

バス停でバスを待っていても停まらない

日本では、バス停で待っている人がいるとバスは停まってくれますよね。

台湾では違うんです。

バス停で手を上げてバスを止めなければなりません。

そのため、自分が乗りたいバスを把握していないとどのバスを停めればいいかわからなくて困ります。

また、複数台のバスが同時にバス停に接近してくる状況もありますよね。そのときは、他のバスが停まることも気にせず手を上げます。

そして、他のバスが停まっても気にせず自分が乗りたいバスに乗り込めば大丈夫です。

 

バスの乗車方法と運賃の支払い方

日本のバスと同じようにドアは前後2か所あります。

どちらのドアから乗ってもいいのですが、後ろのドアは座席に近いため降りる人がいる可能性が高いです。

そのため、前から乗って後ろから降りる人が多いです。交通系ICカード(EasyCardやiPASSなど)を利用してバスに乗れます。

その際は、乗車時にセンサーにカードをかざし、降車時に再度カードをかざしてから降ります。

現金でも支払えるらしいですが、私は今まで現金支払いをしている人を見たことがありません。

乗車後、バスの運転手の多くは乗客の着席を待たず「急」発進します(笑)。気をつけてください!

 

バス停に表示されるバスの到着時間

バスの到着時間が表示されるバス停があります。

この表示時間ですが、あまり信用できません。

通勤ラッシュの時間帯は道路が混みあい、バスも大幅に遅れます。

私はバス停にあと5分と表示されていたのに、バスが来るまで30分待ったことがあります。

私はこの表示時間を信じていたので、30分がすごく長く感じました。表示時間は、参考にするくらいがおススメです。

台南のバスターミナルに関して

台南のバスターミナルは、台南駅の前にあります。

2階建て台南観光バスもあるので、台南観光をするときはおすすめです。

台南観光バスのホームページは、日本語もあります。

観光の際には、バス利用もおススメです!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。