学生起業から一気に事業展開!現在はカンボジアで人材育成をする近藤さんに突撃取材!

プロフィール

プロキャストアジア株式会社 代表取締役 近藤芳央

1963年生まれ。1990年、人材派遣・紹介事業などを展開する株式会社プロキャストを設立。1997年よりカンボジアでの支援に取り組み、2007年、外国人送り出し機関としてのプロキャストカンボジアを設立、2014年、プロキャストアジアを設立。同年には「クメール金勲章」を叙勲。一ヶ月に1度は、同地に赴く。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-14-46-32

会社概要

2014年7月設立。カンボジア・ブノンペンに本拠を置き、大学と契約しての専門家による日本語教育、技術教育、人材紹介事業、コンサルティング事業などを展開。2015年3月の開所式には、カンボジアの労働大臣、在カンボジア日本大使館一等書記官、メガバンクや日系企業の代表などを列席。

ホームページ:プロキャストアジア http://procast-kh.com

―事業内容について教えてください。

Procast Asiaはいわゆる人材総合商社です。主幹事業以外にも教育、人材派遣、人材紹介、建築系を中心とした高度人材の輩出などをしています。今は特にカンボジア人の教育に力を入れています。

―なぜカンボジアで事業を始めようと思ったのですか?

17年前にカンボジアにボランティアをしに来る機会がありました。その時は現地の小学校に行き寄付をして、障碍者への支援などをしました。その時に出会ったカンボジア人に非常に魅力を感じてここで起業したいと考えました。カンボジア人に日本の基準を満たしているような教育や、ビジネスマナーを教え、日本で働き、帰国してからカンボジアを引っ張っていくような、カンボジアの未来を創る次世代リーダーとなる人材の育成に取り組んでいます。

―そのカンボジア人を教育するのはどのようにしているのですか?

日本の教育基準をもとに学校を創りました。朝の7時45分に朝礼があり、17時まで授業があります。生徒は18歳から33歳の人がいて、将来は日本で働くことが決まっています。まずは基本的なことから教えています。さらに日本でしっかりと働けるようにメンタル面を鍛える独自の特別研修も行なっています。また、とても重要な日本語教育は、プロの日本語教師資格を持った日本人講師がしっかりと日本語指導をしています。日本人の先生は色んな人がいまして、以前警察官や、メーカーで働いていた人もいます。

―近藤さんが感じるカンボジアの魅力は何ですか?

なんといってもこれからがどのように発展するかが楽しみなところですかね。ポルポト政権のもと知識人が虐殺されてしまった過去があるが、それから立ち直るところを見て、サポートしたいんです。そこで私はカンボジア人だけでなく、ビジネスにおいても外資系の企業をサポートし、カンボジアの未来をともに歩んでいきたいです。カンボジアに初めて来たときは正直地雷のイメージぐらいしかなかったですが、実際は想像と全然違う場所でした。そこで日本のボランティアの活動で学校を創るところがありましたが、ハードを整えてもソフトが全くないため機能していない現状を見て、人材育成、派遣を事業としてやることに決めました。

―近藤さんの20代について教えてください。

私は昔から起業をしたいと考えていました。それは単純な理由からで、お金が欲しかったんです。18歳の時に個人事業で起業しました。工業品を扱っていた会社でしたが、在学中に1〜2億円ほど儲かりました。25歳の時に正式に会社として立ち上げました。25歳の社長には日本の人はまともに相手してくれませんでした。ですが、アメリカの会社からの話に乗り、高級ブランド品の鞄を通販で販売し始めました。その後は通販会社から、新しく立上げた人材派遣に集中し始めました。そして日本だけを市場として考えてはいけないと感じASEAN をメインにグローバルな会社にしようと考えました。その流れも一つのきっかけでカンボジアに来ました。

―今後の展望を教えてください

今後はASEAN諸国(ベトナムやミャンマー、ラオス)、さらにネパール、スリランカなどにも人材育成を広げていきたいです。ミャンマーも政治がもう少し安定すれば有力候補ですね。私のこの事業をする目的というのはお金を儲けるためではないです。私はただただカンボジアの人たちを育て、社会で活躍できるようになってもらい、カンボジアの人を幸せにしたいんです。この事業は儲かりなんてしません。しかしリーダーを輩出していきたいんです。カンボジアがアジアのリーダー国になればすばらしいですね。また、私のこの意思に共感している人を増やして、本当の意味で次の世代へ会社を存続したいです。

―今の20代の人へのメッセ―ジはありますか?

人の話を聞くことは非常に重要ですね。特に経営者などの別の視点から物事を見ている人です。それと前を向いて常に進み続けなくてはいけません。なぜなら倒れるにしても後ろにではなく前向きに倒れられますから。そして、日本だけを見るような人にはならないでください。例えば、中国は一人っ子政策の反動で急速に少子高齢化が進むことが予測されるため、日本の介護業界の技術が必要とされている。このような発想を若者に持ってほしいです。

また、幸せをつかみ取ってほしいです。幸せになる機会はみんなに平等に与えられると思っています。しかし、動かなくては何も始まりません。宝くじも買わなくては当たらないのと同じですね。

―大学生活がつまらなく今何やっていいかがわからない人へのアドバイスはありますか?

やはり動かなくては何も生まれません。SNS上のやり取りでは何も起きませんよ。趣味を貫くことが大事だと思います。また、インターンシップ、短期系バイトをしてみて会社で働くことも有意義だと思います。いろんな経験をし、いろんなことについて考えてください。痛みがわからなくてはいけません。それと出会いを大事にしてください。

取材担当者コメント

近藤さんはお忙しい中、私たちの取材に応じてくださいました。近藤さんの熱い語り方、周りのスタッフの熱意から、本当にカンボジアのためになることだけを思っていて感動しました。会社の利益以外のことを優先せず、カンボジアの未来のために必要なことをするという経営の姿勢が非常に素敵だなと感じました。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。