マレーシアの食生活は?|毎日の朝食「フルーツ」はナイトマーケットで調達!!

▼よく読まれている関連記事
>>【マレーシア編】“海外就職の国選びに役に立つ”基礎情報まとめ!

マレーシアでの朝食は「フルーツ」

マレーシア、海外転職、海外就職、食生活、朝食、フルーツ、4

こんにちは!ライターのアイユです。東南アジアと聞くと、南国で、フルーツが美味しいイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。実際、マレーシアはじめ多くの東南アジア諸国では、フルーツがとっても充実しています!

毎朝、必ず私はフルーツを食べています。というのも、外食文化のマレーシアでは意識的に野菜やフルーツを摂らないと、栄養が偏ってしまうからです。

フルーツは何より、お肌にも効果絶大なので、朝ご飯が美肌の秘訣といえるかもしれません。ということで今回は、わたしが普段フルーツを買いに行くナイトマーケットについてご紹介していきますね。

 マレーシアのナイトマーケットでは何が売っているの?

マレーシア、海外転職、海外就職、食生活、朝食、フルーツ、1

なんといっても、安くて美味しいフルーツを買うことが、ナイトマーケットに行く1番の目的です。私が必ず買うフルーツは、マンゴー、そしてマンゴスティーンです。デパートやスーパーでも手に入る果物ですが、甘さと安さは格別!相場としては大体、1キロ8リンギット(200円くらい)となっています。

ちなみにショッピングモール内にある果物屋さんで買うと価格は2倍、お店によっては3倍も違うことがあります。上の写真では半分に切れた果物がとこどろに置いてあります。これはテキトーに置いてあるのではなく、ディスプレイとしての役割があるんです!写真ではあまり伝わりませんが、実物はかなり美味しそうに見えますよ。

マレーシアのナイトマーケットの様子

マレーシア、海外転職、海外就職、食生活、朝食、フルーツ、2

ナイトマーケットは屋台や果物屋さんが、ずらーっと並んでいます。売られているものには、「どうやって食べるんだろう?」「美味しいの?」と思ってしまうようなものも…..。一見すると、ただの葉っぱにしかみえない野菜ばかりを売っているお店もあったりするのが見どころです。

ほかにも、ドリアンの専門店やたまごの専門店などがあります。また、美容ドリンクのお店もあるので、マーケッットを歩くだけでも非常に楽しめる空間だと思います。

マレーシアのナイトマーケットの情報

マレーシア、海外転職、海外就職、食生活、朝食、フルーツ、3

今回ご紹介した、私がよく行くナイトマーケットは、Chow Kit Night Marketと呼ばれるところです。立地としては、有名観光地ツインタワーから車で10分程度、私の自宅からも車で5分程度の場所にあります。

ナイトマーケットはマレーシアに住んでいる方だけでなく、旅行で来られる方にとっても、魅力的なスポットのはずです。きっと、マレーシアの人たちの生活感に触れることが出来ると思います。ということで、観光スポットとしてもオススメな超ローカルナイトマーケットでした!

▼関連記事を見たい方はこちら
>>マレーシアの暮らし・食べ物・観光など:記事一覧

まずはマレーシア就職の話を聞いてみたい方はこちら

マレーシアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

マレーシアについての記事を見たとご連絡ください!
丁寧にご説明させていただきますね。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。