カンボジアで子育て中!素敵なベビーシッターさんがやってきました!

スォスダイ!(こんにちは!)カンボジア在住管理栄養士のアヤです!今回は最近の生活状況について書きたいと思います。

前回も載せましたが2019.12月よりJapan Heartという国際医療ボランティア団体で活動をさせてもらえる事になり、小児がん患者を中心に治療、支援を行っています。

私は管理栄養士として何が出来るか考えていますが、そんなカッコイイことは何も出来ておらず・・・日々自分の力不足を本当に感じています。ですが、やるしかない!!とそう思っています。

ということで・・・自分が頑張るために、最近ナニーさんという職種の方に自分の生活面をサポートして貰うことを始めました!!

ナニーさんが家にやってきた!

カンボジアではナニーさん(家政婦&子守)をしてくれる人がいます。大体1時間2〜5$以内で働いてくれます。私は友達の紹介でとても良い方に巡り合うことが出来ました!!そして私の生活が劇的に改善させ、もう毎日がハッピーと思っています。

部屋の片付けレベルは高く、適当にクローゼットに押し込んでいた衣類もきれいに並べ直してくれたり、家事で一番嫌いな茶碗洗もササッとしてくれます。(学生の頃、調理実習で毎回茶碗洗だけは逃げてやっていませんでした。笑)

私の夫は、多忙な人なので家事全般をなかな手伝えないのが申し訳ないと言っていました。ですが、私はそれを悪いこととは思っていません。

何事にも向き不向きがあるので、家事ではなく子供と遊んだり外で稼いできてくれること、健康でいてくれることそれだけで十分と思っています。

だからこそ、ナニーさんという(私の)スーパーマンが必要で助かっています。また、娘もすぐに慣れキャッキャっとハシャイで遊ぶし喜んでいます。普段からよく笑う娘ですが、ティダさんが来ると本当に喜びます。

ティダさん(ナニー)を雇うとき「1年働いたらボーナスをくださいね」と言われ規約条件に入りました。その時私は「図々しいな」と思っていましたが、今では考え方が180度変わりました。例え半年しか働かなかったとしてもボーナスを支給したいなと思っています。

ディダさんにお手伝いをして貰えるようになってからは、ほんの少し自分の時間がつくれ、デスクワークが出来るようになりました。それが本当に嬉しくて、嬉しくて有り難いです。

「自分の時間と子供との時間」を大事に作りたいと思うと、家事って本当に時間の取られる作業です・・・。それを少しででも削るためには片付けをしながら生活をすれば良いのですが、それには限界があります。だからこそ、ナニーさんがいてくれて本当に助かります。

因みに、週に二回ほどアパートメントのお掃除が入ります。主に床掃除、トイレ、お風呂掃除、べットメイキングなどです。ですがそれでは賄いきれないのが現状です、その他をナニーさんがカバーしてくれます。だから、家は汚くなっても凄くひどい状態になることがなくなりましたね。

そして、カンボジア生活だと仕方のないことですが、食べかす、食べ残しを放置しておくとアリが沢山集まります。その光景を見るとゾッとするぐらいです。だから、娘の食後の後はテーブルと床掃除が欠かせません。

育児を完璧にやらなくても良いと思っていても、食べ物の始末だけは最後までやらないといけないのでそれが苦痛です。でも、ティダさんは食事の進め方も上手で食べこぼしを最小限にして食べさせてくれます。

ティダさんの半日の流れはこんな感じです!

普段の流れとしては、朝8時にティダさんが来て、まず娘の食事介助をしてくれます。それが終わったら、散乱しているおもちゃをおもちゃ箱に入れて、床の掃き掃除をしてくれます。

次に乾いている洗濯物をたたみ、洗いたての洗濯物を干してくれます。その後も休むことなく茶碗洗、クローゼットの整理、おもちゃをきれいに拭き、お風呂掃除、娘とも時より遊んでくれます。

今日もこうしてプール遊びをしてくれるので有り難いですね!!という感じで、4時間ほど働いてもらっています。
以上、ナニーさんがうちに来てからの変化をお伝えしました^^

 では〜☆


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。