次世代の世界の工場アジアの5カ国。考えたい3つのテーマまとめ。

『世界の工場』と言われていた国はどこか、みなんさんご存知でしょうか?そうです、中国です。ただ、今、その世界の工場の役割は、中国ではない国々に移ろうとしています。これは世界最大の会計事務所のデロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)が発表した研究結果から見えてきたことです。

その研究結果は、今後の5年間でインド、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナムの5カ国が、『世界の工場』の役割を担うのではないかというものです。このことは、2月22日香港紙「経済日報」で報じられました。今回は、このニュースから“考えたい3つのこと”をお伝えしていきます。

次世代の『世界の工場』アジアの5カ国 考えたい3つのこと

1)低コスト製造産業のメリット

『世界の工場』は言い換えると、低コスト製造産業ということになります。このような表現をすると、先進国が利益を搾取しているようなイメージがあると思います。正直なところ、そういった面も一理あることは事実です。ただ、その工場を受け入れる国にもメリットがあります。具体的には、工場を受け入れた国の税収が増える/国民の雇用を創出できる/その産業のノウハウを国内に蓄積することができることなどです。つまり、工場を受け入れる国は、経済的基盤を強固にすることができます。

2)中国の失速

『世界の工場』が中国でなくなる一番の要因は、外資の中国離れが加速していることです。昨年だけでも、フィンランドのノキア、オランダのフィリップスを筆頭に中国の外資離れが進んでいます。根本的な理由としては、賃金の上昇がもちろんありますが、それ以外にも、法整備の面で、過去よりも、外資への優遇がなくなってきていることが挙げられます。

3)今後、ASEANが最重要地域になる

今回のアジアの5カ国で考えると、インド以外はすべてASEANに所属する国になります。都市名で考えると、クアラルンプール・バンコク・ジャカルタ・ホーチミンと、既に日本に馴染みのある都市であることがわかります。最近は、様々なニュースでASEANが取り上げられることが多いですが、今回のニュースから、今後よりASEANの経済的発展が加速していくことがわかるのではないでしょうか。

(参照)http://www.epochtimes.jp/2017/02/26866.html

まとめ

次世代の『世界の工場』アジアの5カ国から、考えたい3つのことは下記のとおりです。

1)低コスト製造産業のメリット
2)中国の失速
3)今後、ASEANが最重要地域になる

今回は次世代の『世界の工場』になるアジアの5カ国についてお伝えさせていただきました。今回、注目したASEANは2017年の今年で50年目を迎え、新たに東ティモールも加入することで話題になっています。そのような点からも、引き続きASEANの動向を読者のみなさんにお伝えしていきます。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。