《マレーシアの休日の過ごし方》コンドミニアムでホームパーティ!

マレーシアの休日@コンドミニアム、4

▼よく読まれている関連記事
>>【マレーシア編】“海外就職の国選びに役に立つ”基礎情報まとめ!

マレーシアの休日はホームパーティー!

こんにちは!ライターのアイユです。マレーシアに来て2ヶ月が経ち、つい先日、こちらで24歳のお誕生日を迎えました。誕生日には友人や職場のスタッフ、インターンシップ生なども呼び、自宅でホームパーティを開催したので、その様子についてお伝えしていきます。

日本料理はマレーシアでも人気!

ホームパーティで大切なのは、まずお料理!今回は、手まり風寿司をメインメニューに、少し家庭的な食事を準備しました。チキン南蛮やポテトサラダ、桜えびの冷や奴、トマトと柚子胡椒マリネ、などなど…日本からのインターンシップ生が野菜不足に困ってるのでは・・・という、アネゴ的配慮も含めたメニューです。

マレーシアの休日@コンドミニアム、2

ちなみに手まり風寿司は、来てもらったみんなに作ってもらいました!というのも、日本文化の体験にもなるからです。すだれでのり巻きを作る、お刺身を切る、綺麗に盛りつける、など、少し繊細な作業に苦戦していましたが、その分とっても楽しんでもらえたように感じています。

コンドミニアムのオープンデッキからはツインタワーが

マレーシアの休日@コンドミニアム、4

ホームパーティの会場は、自宅のコンドミニアムにあるパーティールームを使いました。というのも、総勢30名と、予想以上に多くの方に来ていただいたからです。29階にあるこのお部屋は、空調完備、ソファーやテーブル、冷蔵庫、レンジ、オーブン、キッチンなどなど、設備もバッチリ!

しかも、ツインタワーとKLタワー、そしてKLが一望出来る、最高の場所です。ここに住んでいてよかったと、パーティ中何度も心から思いました。笑

インターナショナルな空間、それがマレーシアの魅力!

マレーシアの休日@コンドミニアム、1

こちらはパーティ半ば、友人の何人かと撮影した1枚です。記事を書いていて気がついたのですが、話や食事に夢中になり過ぎて、全員での写真撮影を忘れていました…苦笑

この1枚では、マレーシア人、中国人、そして日本人がいっしょにいます。普段、どんなに共存していると言われていても、やはり中国人は中国人同士、マレー人はマレーシア人同士で行動を共にする傾向があります。

しかし私たち日本人がいることで、その壁がだいぶ薄くなったように感じました。いろんなバックグラウンドを持った人たちと、同じ空間を共にすることの貴重さを、このパーティを通じて感じることが出来ましたし、これがマレーシアの大きな魅力のひとつといえます。

マレーシアで素敵な誕生日を経験

マレーシアの休日@コンドミニアム、3

マレーシア留学中もホームパーティはたまに開催していましたが、ここまで大規模かつ大盛況だったのは正直、はじめてでした。こんなふうにお友達を呼んで、たのしいひとときを過ごせたのも、マレーシアでこの素敵なお家を見つけることが出来たから。

本当に、ほんとうに楽しかった今回のホームパーティ!みんなが集まる「目的」さえあれば、毎回とっても充実した時間になりそうです。ということで次回はお好み焼きパーティか、インターナショナルに各国持ち寄りパーティ、どちらにしようか検討中。次回もおたのしみに! Ayu

▼関連記事を見たい方はこちら
>>マレーシアの暮らし・食べ物・観光など:記事一覧


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。