パクチー抜き!タイ在住者がすすめる絶対に食べたいタイ料理!

サワディカァ。バンコク在住8年のayaです!

甘い、辛い、酸っぱい、塩辛いと4つの味がはっきりしていないと美味しくないと言われるタイ料理。

8年もタイに住んでいながら、パクチーが食べられない私。

かけらでもパクチーが入っていると…全部取り除いてしまいます。

しかし、パクチーが入っていないタイ料理もたくさんあるんです。

 

今回は、初めてタイに来る人でも抵抗なく食べられる、パクチーも入っていないタイ料理をおすすめします!

 

ソムタム (ส้มตำ)

タイ料理の代表格の1つであるส้มตำ(ソムタム )は、青パパイヤを使ったスパイシーサラダです。

千切りにされた青パパイヤと、インゲン豆、干し海老、トマトなどが入っています。

味付けは、マナオ(タイのライム)、唐辛子、ナンプラーなので暑い時期にもさっぱり食べられるタイ料理の1つ。

見た目よりも辛いので、激辛好きにはおすすめ!

辛いものが苦手は方は、注文時に「辛くしないでください。」と伝えましょう。

辛くしないで=ไม่เผ็ดหน่อย(マイペットノーイ)

「ノースパイシー」でも伝わります!

 

プーパッポンカレー(ปูผัดผงกะหรี่)

蟹のカレー風味卵炒めです。

カレーですが、全く辛さのないカレーでふわふわの卵と蟹身の味わいが美味しい料理。

もちろんパクチーも全く入っていません!

日本人に合う味付けなので、日本から知り合いや友達が来たら必ず食べに行く定番タイ料理です。

 

オースワン(ออส่วน)

牡蠣、タピオカ、卵が入ったタイ風お好み焼き。

日本の大ぶりな牡蠣とは違い、小ぶりで味が濃縮されたタイの牡蠣やモヤシなどの具材をタピオカ粉と卵でとじられたお好み焼きのような料理。

タピオカ粉を使用することで独特のモチモチ感が美味しい!

オレンジ色のチリソースにつけて食べますが、辛さはほとんどありません。

タピオカ粉のモチモチ食感のおかげで、見た目よりもかなりお腹にたまる料理です。

 

カオマンガイ(ข้าวมันไก่)

鳥を茹でた旨味スープで炊いたお米の上に、茹で鳥がのせられたタイ料理です。

※揚げ鳥のバージョンもあり

 

鶏肉の旨味がたっぷりなので非常にカロリーは高いですが、とにかく美味しい!

タイに来たら必ず食べてほしい料理の1つです。

そのままでも美味しいですが、生姜が効いたタレをかけて食べるとさらに美味しさ倍増です。

 

パッタイ (ผัดไทย)

タイ風やきそばと呼ばれる麺料理です。

具材は色々と変わりますが、エビ、鳥、シーフードミックスと、ニラ、もやしなど。

もちろん、パクチーは入っていません。

ピーナッツや干し海老が良いアクセントになりり、こちらも日本人の口に合うタイ料理です。

こちらも辛さはほとんどなく、甘辛い味付けです。

食堂、レストラン、屋台など幅広いお店で提供されている人気料理の1つです!

 

いかがだったでしょうか?
タイに来た際は是非ご賞味ください!

それではまた。チューガンマイ!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。