外資系製薬メーカーってどうなの?気になるギモンを解消します!

こんにちは、アジアマガジン(@asia_maga)です!

転職市場において人気の高い業界の製薬メーカー。

現在日系製薬メーカーで働いている方も他業種で働いている方の中にも

外資系製薬メーカーってどうなんだろう?

と考えている人はいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は外資系製薬メーカーが気になる方に向けて書きます!

外資系製薬メーカーって?

そもそも、外資系製薬メーカーにはどのような企業があるのでしょうか?

世界的に有名な企業の一部をご紹介します!

  • ファイザー
  • ノバルティス
  • ロシュ
  • グラクソ・スミスクライン
  • イーライ・リリー

さまざまな外資系製薬メーカーが日本に進出していますね!

そんな外資系製薬メーカーにはどのような特徴があるのでしょうか?

外資系製薬メーカーの特徴

外資系製薬メーカーは日系製薬メーカーとは大きく違った特徴があります。

どのような特徴があるのかご紹介していきます!

実力主義

日系製薬メーカーは長く働けば働くほど役職につきやすく、年功序列で給料も上がっていきます。

反対に外資系製薬メーカーは実力や成果を高く評価します。

年齢や性別に関係なく、高い成果を出せば出すほど給料は上がります。また、マネージャーなどの重要なポジションも若いうちから任せてもらうことができます。

雇用が安定しない

外資系製薬メーカーは実力主義な分、雇用が安定しないのが特徴です。

成果を出すことができなければ減給されることもあります。最悪の場合、リストラになってしまうことも外資系製薬メーカーでは少なくありません。

日系製薬メーカーは正社員として雇用されれば一定の給料と雇用が保証されます。

反対に外資系製薬メーカーは正社員であっても、成果を出せないとクビの可能性があることを覚悟しなければいけません。

新薬の開発が早い

外資系製薬メーカーは日系製薬メーカーに比べ新薬の開発が早いです。

外資系ならではのスピード感で新薬が開発されるので他社に比べ、差別化された商品を扱うことができます。

ワークライフバランスに積極的

外資系製薬メーカーは日系製薬メーカーに比べワークライフバランスを重視しています。

日系製薬メーカーは付き合い残業があることも多いですが、外資系製薬メーカーでは基本的に残業はしないという文化があります。

外資系製薬メーカーは英語は必要?

外資系製薬メーカーには日系製薬メーカーにはない特徴がありましたね!

ところで外資系となると気になるのは英語…。

外資系製薬メーカーは英語ができないと就職できないのでしょうか?

結論からお伝えすると、外資系製薬メーカーは英語は必須ではありません。

会社や職種によっても変わってきますが、クライアントが日本人の場合もあるので英語をあまり使わないこともあります。

ただ、外資系なので社内システムや文書などは英語で書かれていることがほとんどなので、一定の英語力がなければ苦労します。

また、キャリアアップや昇給を望むのであればビジネスレベルの英語力が必要です。

本社とのコミュニケーションや外国人の上司とのやり取りは英語ができた方がスムーズに意思疎通ができるので評価もされやすいです。

現時点で英語に自信がなくても、入社後に必ず伸ばすという気持ちで勉強し続けることが大切です。

外資系で働く以上英語はできるにこしたことはありません!

自分に合った勉強法を見つけて、繰り返し勉強していきましょう!

外資系製薬メーカーに向いている人

外資系の特徴や必要な英語力についてご紹介してきました。

外資系製薬メーカーにはどんな人が向いているでしょうか?

若いうちから挑戦していきたい人

お伝えしたように外資系製薬メーカーは実力主義です。

成果を出すことができれば若いうちから重要なポジションを任せてもらえます。

日系企業では満足できない、もっと成長したいと感じている方は向いています。

新しい技術を学んでいきたい人

外資系製薬メーカーは新薬の開発が早いので、常に最先端の技術を学んでいくことができます。

短いスパンで多くのことを学んでいきたい人は外資系製薬メーカーに向いています。

自分に自信がある人

外資系製薬メーカーでは、日系のように謙虚な姿勢は求めておらず、自発的に行動し自分の意見もはっきり伝えられる人材を求めています。

自分に自信がなく消極的な方は、仕事ができないとみなされ埋もれてしまいます。

自分に自信を持って何事も前向きに行動できる方は外資系製薬メーカーに向いています。

あなたは外資系製薬メーカーは自分に向いていると感じましたか?

挑戦心のあるかたにはとてもおすすめの環境です!

外資系製薬メーカーの今後

外資系問わず転職業界で人気のある外資系製薬メーカー、実際に今後の将来性はあるのでしょうか?

製薬業界は今後も安定している

製薬業界で扱う薬は私たちが生きていくうえで必要不可欠な物です。どれだけ不況になっても需要がなくなることはありません。

なので製薬業界は今後も安定しているでしょう。ただし、製薬業界は合併が激しい業界です。

つぶれるということはなくても合併によりポジションを失ったりすることもあります。以前のように一つの会社で定年まで働くといったことは難しいでしょう。

外資系製薬メーカーの将来性は?

それでは外資系製薬メーカーに絞って考えるといかがでしょうか?

製薬メーカーでは効果の高い新薬を開発することが一番の利益になると言われています。

ですから、日系製薬メーカーに比べて新薬の開発スピードの早い外資系製薬メーカーは将来性のある業界だといえます。

しかし、外資系製薬メーカーは吸収合併も頻繁にあり、日本から撤退するという可能性もあります。今後も雇用は安定することはないでしょう。

外資系製薬メーカーで挑戦してみませんか?

みなさん、いかがでしたか?

外資系製薬メーカーは人気の製薬業界の中でも新しい技術に触れることもでき、自分の実力を試すことができる環境です。

雇用が安定しないなどのリスクもありますが、それ以上に得られるものも大きいです。

まずは求人を見てみることから始めてみてはいかがでしょうか?

少しでも外資系企業への転職に興味のある方は

外資系の求人はご自分で探そうとしても情報量が少なく、いい企業に出会いにくいです。

なので外資系への転職はエージェントを通して行っていくのがおすすめです!

転職エージェントも数多くありますが、一番のオススメは外資系企業の転職に最も強いJACリクルートメントさんです!

ご興味のある方は、まずは求人を見ていくことから始めてみてはいかがでしょうか?

JACリクルートメントに無料キャリア相談をしてみる


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。