【インドネシアの駐在情報】日本に比べて現地の生活はどう違う?

こんにちは、アジアマガジン(@asia_maga)です!

かつてはインドネシアといえば観光地のバリ島!というイメージでしたが近年首都ジャカルタを中心に経済が発展し続けています。

今後も発展が見込まれていて日系企業も積極的に進出しています。

日系企業が進出するに当たって重要な存在となるのがその地でのビジネス展開を担う駐在員。

その需要は増え続けています。

この記事をご覧の方の中にはインドネシアへの駐在が決まっている方もいるかもしれません。

実際にインドネシアに駐在することになったら、生活はどのように変化するでしょうか?

今回はインドネシアの駐在事情についてご紹介します!

ジャカルタを中心に発展を続けるインドネシアはどんな国?

経済が右肩上がりを続けるインドネシア。もう観光地のバリ島が有名な国というだけではなくなってきています。

そんなインドネシアはどんな国なのでしょうか?

インドネシアの特徴

  • 正式名称:インドネシア共和国 Republic of Indonesia
  • 首都:ジャカルタ
  • 人口:約2億4990万人
  • 言語:インドネシア語、バリ語
  • 通貨:インドネシアルピア
  • 時差:西部(ジャカルタ等)・・・日本より2時間遅れ
    中央部(バリ島等)・・・日本より1時間遅れ
    東部(パプア)・・・日本と同じ。

インドネシアは人口が世界第4位という活気のある国です。

熱帯性気候に属すので1年を通して暑く、平均気温は26℃以上です。

日本からジャカルタまでの距離は約8時間ほど。インドネシアの特徴として数多くの島から成り立つ国なので場所によって日本と時差が異なります。

進出企業は増え続けている

インドネシアは経済成長率が平均6%の状態をキープしていて今後も発展が見込まれています。

日系企業の進出も増え、約1500社以上が進出しています。

現在も視察に訪れる企業が多く進出企業は増えていくと言われています。

インフラがまだまだ整っていない

経済発展を続けるインドネシアですが、その成長にインフラが追いついていないという問題があります。

特に首都のジャカルタの交通渋滞はかなり問題となっていて、渋滞は世界一といわれています。

その上、バイクではなく車が主流となっているので2~3時間の渋滞は日常的です。

現在地下鉄の整備が行われていますがまだまだ時間がかかるでしょう。

インドネシアは現在徐々に人気を集めている国!

インフラが整えば更に発展するでしょう。

インドネシアに駐在したら日本に比べて生活はどう変わるのか?

まだまだ成長が見込まれるインドネシア。

実際に駐在をしたら生活はどのように変化するでしょうか?

物価が安い分贅沢な生活ができる

インドネシアは日本に比べまだまだ物価が安いです。

日本水準の給料だとかなり贅沢な生活ができます。

特に住環境はかなり安く、月収20万の給料でもインドネシアだと4LDK以上の高級マンションに住める上に専用のメイドや運転手を雇えるほどです。

もちろん会社にもよりますが、インドネシア在住の駐在員はほとんどがこのような住環境で暮らしているそうです。

日本の商品を求めると生活費は跳ね上がる

とはいっても、日本の商品しか使わなかったり、日本食を毎日食べたりといった生活を求めると生活費は跳ね上がります

インドネシアでは日本の物は全て輸入品、日本食は高級食となるのでどうしても料金は高額になってしまいます。

駐在員でもある程度現地の生活に合わせる柔軟性は必要です。

他の国に比べて娯楽が少ない

インドネシアの駐在員は物価が安く、場合によっては日本にいるよりも豪華な暮らしができると言われています。

ただ、娯楽がまだまだ少ないという問題があります。インドネシア駐在で特に趣味のない人は大半の方がゴルフをしているそうです。

日本でゴルフの経験がない方も人付き合いで始めることも多いそう。

日本のように観光地も多いわけではないので、ダイビングなどの現地ならではのスポーツなど、新しい趣味を探すべきかもしれませんね。

インドネシアの生活は想像以上に快適かもしれません!

日本レベルの生活水準を求めなければかなりの金額を貯金できますよ。

実際に移住した日本人のリアルな声を聞いてみよう

インドネシアの特徴や現地での生活についてご紹介してきました。

ただ、一番聞きたいのは実際に生活している人の生の声ではないでしょうか?

インドネシアで生活する日本人のおすすめブログ5選

インドネシアに駐在されている方の中には駐在についてのブログを書いている方もたくさんいます!

こちらの方々のブログをよんでぜひインドネシア駐在の参考にしてみてください!

【インドネシア在住の日本人ブログ5選】インドネシアの暮らしを知る!

2017.02.27

インドネシアでの生活は日本では味わえない面白さがある

まだまだ経済発展が続くインドネシア。

ビルが増え続けたり街が発展していく様子を住みながら体感するのは貴重な経験となるでしょう。

せっかくの駐在員生活なので日本ではできない経験をたくさん積んでいきましょう!

インドネシア就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

インドネシアで働くための相談に無料でのっています。

実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。

SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。

アジアマガジン、LINE@

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。