日本でできない体験ができる!香港ディズニーランドのおすすめ3選

みなさん、こんにちは!

アジアマガジンライターの渡辺健太郎です。完全に調子に乗った状態で失礼します。

突然ですが私、ディズニーが大好きで先日初の海外ディズニーランドに行ってきました!

行き先は、香港ディズニーランド。現在アジア地方には東京、上海、香港の3つのディズニーランドがあるのですが香港ディズニーランドは世界で一番小さいディズニーランドと言われています。

今回器の大きな大きな編集長に許可をいただいたので、この場をお借りしてみなさんに香港ディズニーランドの魅力をご紹介したいと思います!

世界で一番小さいディズニー、香港ディズニーランド

世界で一番小さいディズニーランドは本当に小さかったです(笑)

東京ディズニーランドの3分の2ほどの広さで1日で十分まわりきれます。

混雑度も東京ディズニーランドに比べたらかなり低いです。

僕は土曜日に行ったのですが午前中はアトラクションも平均15分ほどで乗ることができました。午後になるにつれて平均40分ほどの混雑度になってきましたが日本の場合は土曜日のアトラクションの平均待ち時間が70分ほどなのでかなり空いています!

香港ディズニーにしかないトイストーリーランドでおもちゃの世界を体験

香港ディズニーランドに行ったら必ず訪れたいのがトイストーリーランド!

こちらは香港ディズニーにしかないテーマランドでトイストーリー好きにはたまらないエリアです。

入り口には主人公のウッディが!大迫力です!

トイストーリーの世界観を彷彿させる装飾に登場キャラクターをモチーフにしたアトラクションがあり、ファンにはたまりません。

終始興奮していました(笑)

香港ディズニーオリジナルのアトラクションに乗る

ディズニーランドといえばアトラクション!

香港ディズニーランドは、日本にはないアトラクションがたくさんあります!

どれもおすすめなのですが特におすすめの3つのアトラクションをご紹介します!

1.ジャングル・クルーズ

東京ディズニーランドに遊びに行ったことある方は

「いや、1つめのおすすめから日本にあるやん、ふざけるな」って思うかもしれません。

ただ香港ディズニーランドのジャングルクルーズは東京とは一味違います。

香港ディズニーランドでは、言語を中国語、カントン語、英語の3種類から選ぶことができるんです。

「いや、言語選べても同じジャングルクルーズじゃん。ふざけるな」って思うかもしれません。

香港のジャングルクルーズは東京よりもかなり迫力があるのです。よりジャングル感があるだけでなく、ラストには衝撃の展開が待ってます。

ぜひ体感してみてください!

2.ミスティック・マナー

続いてのおすすめがミスティックマナー。こちらは香港ディズニーランドオリジナルのアトラクションです。

ヘンリー・ミスティック卿の邸宅や作品を鑑賞できるツアーです。エレクトリックカーに乗って、ヘンリー卿の素晴らしいコレクションを楽しみましょう。世界最初のミュージアムとも言われているミスティック・マナーは、ヘンリー卿の邸宅として建てられ、絵画など彼の素晴らしい作品が展示されています。新しく発見された遺作の美しい彫刻のバリのミュージックボックスは、骨董品に生命を吹き込む素晴らしい作品と言われています。

こちらのアトラクションは乗り物に乗るのですがそれがどの方向にいくか全然わかりません(笑)

さらに臨場感がすごくさまざまな仕掛けに驚きます!

東京ディズニーランドにはありそうでないタイプのアトラクションでとてもおすすめです!

3.アイアンマン・エクスペリエンス

最後にご紹介するアトラクションがアイアンマン・エクスペリエンス!

こちらは2017年1月にできたばかりのアトラクションで、3Dメガネをかけて乗り物に乗ります。

少しだけ内容をお伝えするとアイアンマンが香港に現れた悪役から街を守るというストーリー。ディズニーランドを飛び出して女人街など、香港の観光地を通りながら敵の元へ向かっていくシーンなどとてもユニークです!

恥ずかしながら私はアイアンマンを見たことがないのですが、映画を見たことのない人でも楽しめる内容となってます!

日本ではありえない!ミッキー&ミニーと一緒に記念写真

香港ディズニーランドに行ったら一番体験して欲しいことがあります。それはキャラクターと写真を撮ること。

香港ディズニーランドではなんと、ミッキー&ミニーと同時に写真を撮ることができるのです!ミッキー&ミニー意外にもドナルド&デイジー、チップ&デールなど基本的に2人と写真を撮れるというまさに夢の展開なんです!

これは絶対に東京ではできません。どれだけ日本が人口減少してると言われても実現することはないでしょう。

もちろん僕も写真を撮ってきました!

満面すぎる笑みですみません。自分でも驚くくらい幸せそうな顔をしています。本当に幸せでした(笑)

写真の枚数も日本では1枚だけなのですが香港は複数枚撮ることができます!最近では人気も出てきて待ち時間も増えてきているので開園直後かパレードの時間を狙って並ぶのがおすすめですよ!

香港ディズニーランドでアジアを感じながら新験しよう!

香港ディズニーランドはつまらない!という口コミもあったのですが全然そんなことはありませんでした。

小さいから回りやすく、食事も中華はもちろん、さまざまな国の料理を楽しむことができます。

香港へは日本からも東南アジアからも行きやすく、LCCもあるので格安で行ける時もありますよ!

年々進化していく香港ディズニーランド。日本とは違った魅力をぜひ体感してみてください!

香港で働いてみたいという方は

こちらの記事を見てみてくださいね。

香港の転職エージェント

香港の転職エージェント7選をオススメ!海外転職エージェント活用5つのポイント解説!

2017年5月28日

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。