ブログ『シンガポール備忘録』のdaikichiさんにシンガポールのことを聞いてみた!

こんにちは、アジアマガジン編集部です。以前から、アジアマガジンでは海外の現地情報を伝えるために、実際に海外に住んでいる方のブログを取り上げてきました。

ブログからシンガポールを知る

個人がやっているブログだからこそ、良いところがありますよね。そこで今回は、シンガポールでブログを書かれている方に、直接連絡を取ってメールインタビューを実施してみました。

シンガポールのブロガーの方へのインタビューを通じて、少しでも、シンガポールの現地の情報をお伝えできたらと思っています。

ブログ『シンガポール備忘録』のdaikichiさんにインタビュー

今回、直接、コンタクトをとらせていただいたブログは、シンガポール備忘録というブログです。駐在員として長期でシンガポール生活をされているブロガーdaikichiさんの、経験に基づいたアドバイスが見どころです!

Q.早速、自己紹介をお願いできますか?

シンガポール備忘録」のdaikichiです。
駐在員としてシンガポールに住むようになってから、気づけば早幾年…。社内では古株の駐在者で、日々会社の期待に応えるべく仕事に勤しんでいるサラリーマンです。ここでの暮らしが長くなるにつれ、これから駐在する同僚や初めて出張する若手から、準備などの相談をされることが多くなってきました。

またお客様からシンガポールについての様々な質問をいただく事もあり、それらに対応するためにせっせとメモを作っていました。そのメモがブログ「シンガポール備忘録」の原形です。
実用本位の記事が多いですが、シンガポール駐在サラリーマンに使い勝手の良いブログを目指しています。

Q.シンガポールへ行く前に、準備していたことを教えていただけませんか?

「健康」と「安全」、これに尽きます。 海外暮らしというと、仕事や外国語等に注意が向きがちですが、この2つに勝るものはありません。

幸いシンガポールは極めて衛生的で安全な国ですが、この国を拠点に各国で仕事をすることもあるかと思います。「海外旅行保険に入る」「外務省の海外安全情報を確認する」「予防接種をする」など当たり前のことをしっかり準備しましょう。

あとは住む国の歴史を簡単にでも勉強しておくことを勧めます。その国の人々の歴史的なバックボーンを理解しないでいると、人間関係で思わぬ地雷を踏むこともあります。
「良き客人」いるために、その国のことを最低限勉強することは必要だと思います。

Q.シンガポール生活はどのような点が大変でしたか?

生活面に限ればシンガポールでは大変だった記憶はありません。
ある意味日本以上に快適かも知れませんね。治安も良く、日系クリニックもあり、日本の物も手には入れ易く、比較的低料金の公共サービスも行き届いていますし。

英語に関して言うと、自分の場合、英語力ゼロで赴任することになってしまったのですが、ほとんどのシンガポーリアンは下手な英語にも一生懸命耳を傾けてくれるので、最初のうちは彼らの親切心に頼りきりでした。「駐在員あるある」かも知れませんが、こちらの事情を理解していない日本の本社からの無茶ぶりへの対応が一番大変かもしれませんw

Q.シンガポールに住んで良かった点は何ですか?

世の中には様々な価値観が存在するということを身を以て知ることができたことですね。そして同時に外から日本という国を見られるようになったことです。海外生活は自分自身の価値観にも大きな影響を与えます。これが良い方向にいくのか、それとも悪い方向に行くのかは人によるかと思いますが。

自分の場合、他人の価値観を日本にいた頃よりも尊重できるようになった気がします。そして尊重しつつも、物事を何とか前に進めるというスキルが身についたことが大きいかなと思います。

Q.これから海外へ行く人へ一言をお願いできますか?

日本は素晴らしい国です。はっきり言えば、普通に生活するのならこれほど良い国はないので、それを望むのであれば海外に出る必要はありません。

ですが、それを置いて海外に出てみるというのも、長い人生の中では良い経験になると思います。海外に行く前に自分が何をしたいのか、何を得たいのかをしっかり煮詰めておくことを勧めます。

サラリーマンの場合は業務命令による駐在でしょうから、あれこれ考えずに粛々と準備を進めましょう。「海外駐在=社内エリート」というのは今は昔のなの話で、「出世コースに乗った!」なんて勘違いしないようにしてくださいw

ブログ『シンガポール備忘録』おすすめの記事

・赴任!転勤!駐在!シンガポール準備マニュアル

最後に|“daikichiさん、ご協力ありがとうございました”

みなさん、いかがでしたでしょうか?今回は、ブログ『シンガポール備忘録』を書かれている、daikichiさんにメールインタビューをさせていただきました。daikichiさんのブログを読んで伝わってくるのは、多様な価値観を感じたからこそ日本の良さを再認識されていること、またシンガポール生活で必要な実用的な情報を率先して発信されている姿が素敵だなと思いました!

引き続き、アジアマガジンでは、海外で生活したい方の役に立つような情報を発信していきます。

海外就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

海外で働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。

アジアマガジン、LINE@

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。