【70万円使ってわかった】100個のハワイ旅行テク!初めてのハワイ旅行前に知っておくべきことまとめ!

こんにちは!70万円かけて2週間、ハワイに行って来たペンギン(@asia_maga)です!

ハワイに行ってきて色々と気づいたことがあり、すべてメモってきました。これは初めてハワイに行くなら、知っておきたかったなと思うことを80個まとめてお伝えします。ちなみに夫婦+2歳児でのハワイでの滞在の体験がベースになっています。

それぞれは箇条書きなので、これを見て準備して、これを見ながらハワイ滞在中を過ごすのも良いと思います。「あ、これはこのことか!気をつけよう!」と気付きのある記事になれば嬉しいです。

ハワイ滞在が無駄なミスがなく、充実した良い旅行になりますように!では行きます!

▼ハワイ旅行前

  • まず旅行前にESTAの取得は必須です。3日前までに取れ、というビザで3日前に気づきました!(汗)
  • ESTAは自力でも取れます。14ドル。代行依頼すると+5000円はかかる。支払いにクレジットカードは必須
  • 米ドルはある程度は必要。空港内で替えるより、大黒屋や金券ショップで両替したほうがコスト安い。

▼事前に用意した方が良いもの

  • タクシーアプリのUBERは必ずダウンロードしとけ!僕のクーポンコード「rhvxqsseue」を入れれば1500円分のクーポンが貰えます!
  • 海外旅行保険はOFFが安い。5日間で2000円ほど
  • 海外で使える携帯電話も借りたが1回も使わなかった
  • Wi-Fiはアロハデータが良い。22時間のを借りて繋ぎっぱなしがラク。奥さんと自分と2台かりて、LINEで通話できる体制を取っていました。
  • 時差をパッと把握するには世界時差時計という無料アプリが便利

▼出発日:東京からハワイへ出発の空港について

  • ハワイアン航空は成田空港の「第2ビル」。2018年に変更があったので要注意!
  • 成田空港はゲート内にも飲食店あり。無理にゲートに入る前に食べる必要なし。
  • ゲート入ってからも結構遠いケースあり。僕は徒歩10分ほどでした。
  • 搭乗口では出発時間の20分前には閉まる。遅くとも空港自体に1時間前には着いていたい。
  • 混んでいる場合があるので、子連れか60代以上がいる場合は2時間前に到着でちょうど良い
  • 早めに行っても空港のゲート内に子供が遊べるキッズスペースもあり

▼ハワイアン航空の飛行機内

  • 税関の用紙は乗ってすぐ配られる、日本語で項目が書いてる。ローマ字で記載。
  • ボールペンは持参が必要。無いと借りなければいけない。
  • 機内食の味は期待できないので、出発前に食べるのが吉
  • 映画は見れるが放送時に毎回止まるので結構ストレス
  • kindle Fireは映画を事前にダウンロードでき、オフラインでも見れる。
  • パソコンは大きさによって開けず、CAさんから止められるケースがあり。やはりkindle Fireがベスト
  • 簡単な枕、ブランケット、耳栓、アイマスクは全員に配られる(枕もブランケットも耳栓もアイマスクも事前に買って持ち込んだが全く意味がなかった。。)
  • USBの差込口があるので、スマホとかタブレットは充電できる
  • 歯磨きセットを持っていくと、深夜便だと気持ちよく寝れる
  • 飲み物は4回ほど来るので多すぎるくらい。飲み物も持参しなくても良いレベル
  • 機内は寒い。ナイロンジャンバーやパーカーはあると正解。前の人はTシャツで寒そうだった。
  • 飛行機内には日本語が話せるCAさんが1人はいるので、何かあっても安心
  • ちなみにJALの便で行くと、wifiが使える便もあるそう

▼ハワイの空港に到着してすぐの動き方

  • 深夜以外は、タクシーもバスも空港前にあるので、それに乗ればOK。事前予約不要。
  • 空港からの移動は、3名以上ならタクシーの方がラクで安い
  • 意外と空港の人も日本語が通じない
  • 空港に写真撮影スポットはないので、さっさと市内に移動したほうが良い
  • ホテルのチェックインまでの時間があれば、楽天ラウンジで休むのも良い。荷物も預けれられる。

▼ハワイ現地での食事

  • やはり量は多い。イメージは日本の1.7倍くらいの量。ちょっと少なそうだな、くらいの注文で十分多い。
  • 疲れたときのためにUberEatsアプリは入れておく。+3ドルほどでホテルまで持ってきてくれるので便利すぎる。時間も体力も節約できる。
  • ABCストアのスパムおにぎりは衝撃のまずさ。絶対に買わないでください。
  • KCCファーマーズマーケットは土曜の朝と火曜の夜にやっている。30分あれば見終わる。14時に閉まるけど、急がなくてもOK。ジンジャーエールとホットドッグがおすすめ
  • ワイキキビーチ横のチーズバーガーインパラダイスなど、海の見えるレストランはハワイっぽくて良い
  • 日本食ならショクドーが安定の美味しさ。高いけどクオリティ高い
  • 丸亀製麺ホノルル店はいつも行列。混みすぎて少なくともランチと夜は無理。
  • レストランはチップで普通に1520%かかる(ショックを受けますw)
  • ステーキ屋さんはどこも事前予約必須。当日に予約できる店が少なく、なんとか20:45からで予約できた。

▼ハワイのアクティビティ

  • 大きなプールのウェットアンドワイルドのクーポンは日本語のフリーペーパーについている。
  • ウェットアンドワイルドのロッカーは13ドルかかる。シャワーは水のみ、雨でも大丈夫。
  • ウェットアンドワイルドは15時まで。温水プールじゃないので少し寒い!
  • ハレイワのエリアは個性があり面白いお店も多い。全長1キロくらいに少しずつお店が並んでいる程度(23時間あれば見終わる)
  • アウラニのミッキーの朝食は2名の食事で、チップなどで100ドルかかる。
  • ミッキーとの写真撮影できます!その後、CDで3〜5枚の写真データを35ドルで買うか聞かれます(まんまとデータ買いました…)
  • アウラニの周辺はまだお店も多くない。のんびりするなら良い。ただ観光するなら、ワイキキがオススメ。
  • オアフ島を一周するバスツアー「ぐるっとツアー」は、半周・半日くらいで良い。一周する場合は、移動時間が長かった。
  • バスのぐるっとツアーは圧倒的に右側の席が良い。海がずっと見える。左はずっと山。
  • デイブアンドバスターズというゲームセンターは夜も遊べて良い。子連れでもいける。3000円くらいで色んなゲームできる
  • 海に入るなら海からすぐ近くのホテルが良い。海まで徒歩5分くらいのところに泊まったが、濡れた状態ではタクシーに乗れず、海からの帰りが大変だった

▼ハワイの子連れテクニック

  • 子供が食べれるものはあまり多くない。日本からふりかけを持っていくと、ご飯を食べられる。
  • Uberタクシーは8歳以下がいる場合は断られることがある(チャイルドシートが必須なため)
  • おもちゃ屋さんで遊ぶのが好きな子は、ウォルマートにもおもちゃコーナーあり
  • 小学生以下はチルドレンディスカバリーセンターが良い。キッザニアと科学館が混ざった感じで、写真スポットたくさん
  • ホノルル水族館は子供にちょうどよい。1時間あれば見終わらる
  • ホノルル動物園は暑いから要注意。朝早い時間が良い
  • モノはけっこう無くします。無くしても良いものを持ってくこと。うちは帽子、おもちゃ、スプーン、水筒、靴、を無くしました(ほとんどの物を無くしてる…笑)

▼ハワイでの写真撮影

  • ビーチで写真取るならスマホの防水ケースがあると便利
  • 防水ケースがないと海の写真は撮れない
  • 自撮り棒はあるとかなり便利だった
  • プロに撮ってもらう写真も記念になる。ファミリーフォトハワイが一番安く2.5万円ほど。

▼ハワイでの買い物

  • ハワイのコストコにも、日本のコストコカードがあれば入れる
  • 古着とかアメリカの小物とかを安く探すならセイバーズが最強(ワイキキからタクシーで20ドルかかるけど安いしデカイ)
  • アロハスタジアムでやっているフリーマーケットはでかい。1周して見るなら2~3時間はかかる。暑いので覚悟が必要。
  • フリーマーケットは毎週水曜・土曜・日曜の15時までやっている。
  • フリーマーケットは定番なお土産品が多いが、現地向けの格安商品もある。

▼ハワイの宿泊先・ホテル

  • 格安で滞在するならAirbnbで一泊5000円レベルもある。ここから登録しておけばAirbnbのクーポンコードで3700円割引になります。
  • 19000円のところで、市内中心部に泊まったがかなり便利は良かった
  • 大きなホテルはチップあり。荷物を持ってきてもらったりしたら23ドルは渡した方が良い
  • ホテルは良い景色のところが良い、ここはケチらない方が良い
  • ヒルトンホテルは15時前でもプレチェックインがある。入室はできないが、できればこのタワーが良いな−とか海が見えたら嬉しいなーとか、部屋の希望だけは言える。15時前に入れる場合もあり。
  • ヒルトンホテルは良いが食事は高い。
  • アラモアナショッピングセンターのフードコートは大きくて良い。色々なものがある。
  • アラモアナショッピングセンターは見るのに半日くらいかかる。2時間いたけど見切れない感じがすごい

▼ハワイでの生活

  • ワイキキの中心部での普通の買い物はフードパントリーのみ。そこから近いと生活が楽。
  • コインランドリーは結構あるので、徒歩でなんとかできる。カードは使えないので現金必須。
  • Tシャツはコンビニで5ドルくらいで買えるので、現地調達でも良い
  • マカデミアナッツなどのお土産は、ウォルマートなどのスーパーで買うのが安い。ネットで買うのと比べて、だいたい半額で買える。
  • ロングスドラッグストアは、ナッツ類のおみやげはかなり安い

▼ハワイから東京への帰りの空港・飛行機

  • ワイキキ空港の自動チェックインをすると列に並ばなくても良い。かなり時短になる。
  • ゲートに入るセキュリティは日本より厳しい。ベルト外して、靴を脱いだ方が良い。
  • ゲート内に飲食店あるので、先にゲートに入ったほうが良い
  • ゲート内には子供が遊べそうな中庭もあり
  • 楽天などのゴールドカードがあればラウンジも使える(店員の態度は悪いが、wifiと電源あり)
  • ハワイアン航空なら預け荷物は12つまでOK
  • 荷物が増えたらハワイから郵送するよりも、なんとか預けたほうが良い。日本の空港についてから空港内の郵便局から送った方が圧倒的に安い。例えば成田空港都内で、スーツケースを送ったら11500円以下。

初めてのハワイ旅行で知っておきたい100のこと:まとめ

初めてのハワイはなかなかたいへん!ただ楽しいことももちろんたくさん!無駄なことを省いて、充実したハワイ旅行にしてくださいね!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。