転職回数が与える外資系企業に転職への影響と対応策!転職回数は何回までOK?

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. 転職回数が多くても転職はできるのか
  2. 外資系の面接に効果的な方法

外資系企業といえば、ワークライフバランスを保つことができ高収入のイメージですが、

「外資系に転職する時に転職回数って採用に響くのかな…」

と疑問を感じてしまいますよね。

実際に就職相談にのっていても、外資系を考える人が増えてきています!

そこで、今回は外資系に転職した際の年収情報ついて解説していきますね!

この記事を読めば、外資系企業に転職した際に転職回数が関係してしまうのか理解できますよ!

すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

外資系に転職するのに転職回数が多いと悪い印象を与えてしまうの?

外資系に転職するのに転職回数は何回までOKなのか不安ですよね?

外資系企業は成果主義であ理、即戦力のもつ人材を採用する傾向があるため、中途採用で入社する社員が多いです。

このようなことを聞くと、

「外資系って転職が当たり前なら転職回数とか気にしてなさそう…」

と思われる方が多くいます。

それは正解でもあり不正解でもあります。

転職の際に重要なのは、たくさん転職回数を繰り返して専門的なスキルや人間関係やコミュニケーションはどうなのかという点です。

大体の応募者が言ってしまうことが、周りの環境や人のせいにして自分は悪くないというスタンスのことを言ってしまいます。

企業側は「本当にそうなの?」と思ってしまいますよ!

自分は何も悪くなく、周りのせいで辞めたようなことを言ってしまうと、

「少しでも気にならないことがまたあったときに、また辞めてしまうのではないか」

と思われてしまうのです。

しかし、しっかりとした実績の証明になるデータなどを目に見せれるもので用意できれば面接官を納得させることができます。

もし、成果を証明できるものがあれば積極的に見せていきましょう!

転職回数が多いのもスキルとしてみられる

転職回数が適度にある方は転職してから即戦力として活躍できると予測されます。

転職をすると全く新しい環境に行くことになります。

転職回数が多い方は、どんな環境でも柔軟に対応できる方であると認識されるのです。

先ほど記述した通り、嫌なことがあったらすぐに逃げ出してしまうかもしれないというリスクもあります。

しかし、若い人は変化への対応力を身につけるためにも違う環境に身を置くこともいい経験になるのです。

転職回数が多すぎると思う方は、他のところでカバーしていきましょう!

外資系の面接のポイントも一緒に紹介しておきますね!

元人事が語る!外資系企業の面接の真実!

外資系企業でも日系企業でも面接の際に自分を理解してもらえるように自分のアピールだけをしていませんか?

自分を売り込むことも確かに大切ですが、そういう方には面接官は興味を持たない傾向があります。

営業と同じで「語らないで売る」これを外資系の面接でも目指しましょう!

すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

「語らないで売る」の意味とは?

結論から言うと、相手のニーズに応えることができれば面接は上手くいきます。

面接では自分を企業側に合わせる必要がないのです。

そうすることで、この企業は自分と合わなかったんだなと気づくことが出来ます。

自分の企業分析が甘かったなと思えばいいのです。

入社してすぐに辞めてしまうことも外資系では多いので、しっかりと企業を見極めることも大切になります!

どんな質問をすれば好印象を与えられるのでしょうか?

今からとっておきの方法を教えますね。

それは企業の課題を一緒に考えることです。

そうすると、面接官も仲間意識を持ってくれるのです!

面接官にとって言われて嬉しいこと、嬉しい言われ方という2点を意識して取り組むと良い印象を与えることができるのです!

また、自分の実績や成果から

「御社で〜な仕事ができます!」

と言いがちじゃないですか?

プラスアルファであなたがやりたい仕事があることを伝えるとより良いイメージを与えられます!

やりたいことがあれば仕事の意識も高まりますし、企業側も採用したく思います。

あなたの過去の経験と照らし合わせて、やりたいことを伝える

外資系に中途入社する場合はこれを心がけましょう!

しかし、やりたいことを伝えるだけですと不十分なこともあります。

やりたいことができるように、何かしら努力をしていることを伝える

あなたの頑張っていることを伝えるようにしましょう!

転職回数が多くても伝え方でどうにかなります!

入社意欲を出すことはもちろん、企業目線に立って面接を考えてみるといいですね!

おわりに|外資系に転職回数が多くても転職したい方に

転職エージェントには外資系専門のコンサルタント外資系の元人の方がいるので面接のサポートから履歴書の作成までやってくれますよ!

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれる可能性もあります)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。